映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
モンスター上司  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「モンスター上司」

原題/HORRIBLE BOSSES
監督/セス・ゴードン
出演/ケヴィン・スペイシー、ジェニファー・アニストン、コリン・ファレル、ジェイソン・ベイトマン、チャーリー・デイ、ジェイソン・サダイキス、ジェイミー・フォックス、ドナルド・サザーランド、他。

あらすじ/
仕事帰りにバーでグチをこぼす、独身三人組。出世を目指し、上司ハーケンのどんな理不尽な要求にも耐えてきたニックだが、ある日、出世が永久に実現しない事を知る。結婚を控えた歯科助手のデールは、女医のセクハラに耐えているが、我慢も限界に…。経理を担当するカートは、新しい経営者のボビーがとんでもない男で、会社を潰そうとしている事に気づく。ある夜、酒の勢いも借りて、3人は上司たちを“排除”する計画を立てるが…。(goo映画より抜粋)

モンスター上司。
なんだこのモンスター上司ってタイトルは。面白そうじゃん。
......と、ツタヤの新作コーナーを物色している時に気になったのがキッカケで借りて鑑賞してみましたよ。いやー、とっても面白かったです。

「ハングオーバー」とか「デュー・デート」みたいな最近のコメディ映画の流れなんですかね、こういうの。内容的にはかなりヤバいんですけども、割とカラッとしていて笑えるし、観賞後も実にスッキリとした後味で。わたしはあまりあちらのコメディを観ないもんですから、ちょっとビックリしてしまいました。こんなに面白いんだったらハングオーバーとかデュー・デートも観てみようかなぁ、と思いましたよ。

で、こちらの映画に登場するモンスター上司。これがもうあまりにも強烈。

パワハラ上司にジョン・ドーやカイザー・ソゼでお馴染みのケヴィン・スペイシー、セクハラ上司にバウンティ・ハンターでの爽やかな色気が印象的だったジェニファー・アニストン、バカハラ(バカハラって初めて聞いたw 馬鹿すぎてハラスメントなのね)上司にマイアミ・バイスやヒットマンズ・レクイエムのコリン・ファレル。

これだけでもうかなりの豪華キャストなんですけども、さりげなく出演して序盤で退場しちゃうドナルド・サザーランドや、一見コワモテなのに実は物凄い小物なジェイミー・フォックスなど、楽しいメンツが勢揃い。
このあまりにも豪華すぎる脇役のせいで本来主人公であるはずのズッコケ三人組がイマイチ印象に残らないのが残念っちゃあ残念ですけども、まー仕方がないですよね。なにせこの「モンスター上司」を演じている方々がほんっとにもう楽しそうにやってらっしゃるから。

ケヴィン・スペイシーの圧倒的な存在感は言わずもがな、という所ですが、何気に凄いのがセクハラ上司役のジェニファー・アニストン。「いやらしい事を言わない台詞が一つもない」ぐらい、口を開けばいやらしー事ばっかり言います。エロい女上司とか居たら羨ましいとか思うけど、さすがにこれはドン引きします。「MANEATER」とはよく言ったもので、ほんとセックスの事しか頭にない。早い話ど変態です。
あとコリン・ファレルもねぇ、もう見た目がビックリしちゃいます。バーコードハゲですから。
ふつー、それなりに地位のある役者さんてこういう役嫌がるんじゃないのかなぁと思うんですけどね。変態とかハゲとか。それでもね、みなさん嬉々として演じているんですよ。

そんなこんなでやりたい放題のモンスター上司の部下たちは、怒りのあまりその上司たちの殺害計画を企てます。殺害計画とは言っても所詮ど素人で、上手くいくはずもなく、逆に窮地に立たされてしまう。いやー、おもろいですね。たまりませんね。

しかしよくよく考えてみたら「部下が上司を殺そうとする」ゾッとするような話なんですがね。

でもこれはコメディですから、クスクスにやにや、そして大爆笑してスカッと爽やか!いやーな上司で悩んでいる人が観るとすっきりする事と思います。
逆にこれ、邦画でやったらものすごーく陰湿な感じになりそうなんですけども、そういうのも観てみたいなぁ。誰か作らないかなぁ、いやマジで。



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0




AutoPage最新お知らせ