映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
悪魔が来りて笛を吹く  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「悪魔が来りて笛を吹く」

監督/斉藤光正
出演/西田敏行、鰐淵晴子、夏木勲、仲谷昇、梅宮辰夫、中村玉緒、他。

あらすじ/
昭和22年、銀座の宝石店で店員数名を毒殺し、宝石を盗みとる凶悪な殺人事件が起きた。椿英輔子爵は、この犯人と酷似していたため容疑者の一人として取り調べを受けたが関西に旅行中だったというアリバイが立証され、釈放となった。だが、英輔は娘の美禰子に遺書を残して失踪し、2カ月後、死体となって発見された。ところが、英輔の妻や周囲の人人が自殺したはずの英輔らしき人物を目撃するのだった。脅えた妻は彼の生存を占う「砂占い」の儀式を行なった。金田一耕助も美禰子や等々力警部の依頼で立会った....(goo映画より抜粋)


ここ最近、昭和の懐かしい邦画が立て続けにリリースされてますね。
「震える舌」「この子の七つのお祝いに」とか、今観てもとんでもなく面白い映画ですし、これからもっともっと色んな映画を発掘してってもらいたいです。
で、今回のこの「悪魔が来りてピ〜ヒョロロ」.....じゃなくて「悪魔が来りて笛を吹く」も、金田一耕助シリーズでこれまでDVD化されてなかった作品で、これもようやっと出てきたんですよね。わたし、この映画は未見でしたので、観るのが非常に楽しみでございました。

これまで金田一耕助は色んな人が演じていまして、やはり代表は石坂浩二さんです。金田一=石坂浩二、というイメージがわたしの頭の中では定着しているんですけども、この「悪魔が来りてどっこいしょ」.....じゃなくて「悪魔が来りて笛を吹く」での金田一耕助は西田敏行さんが演じています。

太めでワイルドでコミカルな金田一。
これはこれでとてもナイスな金田一耕助だなぁ、とわたしは思いました。
石坂浩二さんはどっちかというと神経質そうな感じですけども、こっちの西田敏行さんは人懐っこいというか、人情派な感じがして。

映画的にいうと、「推理もの」というわけではなく(実際には密室殺人のトリックなど、あるにはありますが)、どっちかというとドロドロとした人間ドラマの方に重きを置いている、という感じでしょうか。
なので、「獄門島」みたいな超絶トリックを期待していると肩すかしを食らいますが、まーこのえげつない人間ドラマはね、かなり見応えありますよ。

あと鰐淵晴子さんちょーキレイでした。
それからチョイ役の梅宮辰夫さんや中村玉緒さんもいい味だしてましたし、中村雅俊さんも出ていて美声を披露されてましたよ。

この映画を観ていて思ったのは、映画ってやっぱり監督のものなんだなぁ、という事です。
市川昆さんの撮る金田一耕助の映画って、温度が低いというか、絵がパリーンと張りつめているというか、凄い緊張感があるんです。でもこの映画は会社も違うし(東映)、監督も違います。
これはこれで東映テイストが全面に押し出されている感じだし、なんか生暖かいというか、ジトっと、ヌルッと、ヌメッとしているんですよね。これはこれでドロドロした家族のドラマにはピッタリの雰囲気ですし、いいんじゃないかなぁと思うわけですよ。
撮る人によって色んな金田一耕助が楽しめるっていうのも実にいいですし、また演じる人によっても色んな金田一耕助が見れるわけですから、「映画」っていいなぁ、ええもんやなぁ、としみじみ思った次第なんですよ、はい。

というわけでこの「悪魔が来りてぺろりんちょ」......ではなくて「悪魔が来りて笛を吹く」、大変面白く観させて頂きました。ありがとうございました。


↑曲もめちゃくちゃいい。

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪

1

最近お気に入りの曲、とか。  音楽

さて、今夜は特にネタもないのでようつべさんで拾った最近お気に入りの曲とか貼付けてみたり。



「The Reign of Kindo/Breath Again」

The Reign of Kindo、このバンドはずーっと好きですね。シブくてね。
この曲もすごーくシブくてキレイな曲なんですが、
実は「人殺し」の歌です。
この動画をようつべさんで観ると、歌詞も見る事ができるんで、気になる方は是非チェックしてみてください。
こんなヘヴィーな内容の歌詞をこんな美しい曲にのせる、という感覚は洋楽ならではなのかなぁ、とか思ったりして。



「Tommy Emmanuel/Classical Gas」

アコギがめちゃくちゃ上手いおっさんです。
この人の動画を初めてみたのは確か、「ギター・ブギー」という曲だったのですけど
弾いてる本人がテンション上がりまくって、演奏中に
「ヒャッハー!!」
って叫んでます。リアルに「ヒャッハー!!」って叫ぶ人初めて見ました。
こういう人好きだなぁ。どうやったらこんなおっさんになれるんだろう。
高田純次やリリー・フランキー、そして中島らもが「わたしの憧れるおっさん」なんですけども、
このトミー・エマニュエルさんもわたしの理想とするおっさんなのでございます。



「SlipKnot/Psychosocial」

さて今度はガラッと変わってスリップノットでございます。
わたし、ここ最近、デス寄りのメタルが妙にしっくりくるようになってましてね。
それにみなさんおっかない仮面被って見た目がホラーというのもいいですし
パンチの効いたデス声だけでなく、メロディアスな部分の声とか意外とキレイだし上手いところも良いですよねー。
こういうのバンドでやったらめっちゃ気持ちいいんだろうなー、とか思ったりして。



「PINK/CLIMB,BABY CLIMB」

わたしの青春時代は「PINK」なんですけども
この「CLIMB,BABY CLIMB」はアルバム「CYBER」の2曲目で、最初聴いたときなんだこれは!?と思いましたね。
岡野ハジメさんのバッキバキのベースはもちろんカッコいいんですけども、曲は全然PINKらしくない、ストレートなロックなのが超意外でね。
まさかこの曲の動画があるなんて予想もしてなかったもんですから、見つけたときはめちゃくちゃ嬉しかったですねー。しかも岡野さん、他の人にベース弾かせて自分はギター弾いて唄ってますからね。
なんかすっごいロックスターみたいで超かっこいいです。


......と、こんな感じで最近のお気に入りを貼ってみましたが、一貫性のなさに自分でも呆れます。
どこへ行こうとしてるんだ、おれは........

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
2

Perfume 3rd Tour/JPN  音楽

クリックすると元のサイズで表示します

「Perfume 3rd Tour/JPN」

内容紹介
2012年1月から全国13箇所22公演を駆け抜けた、Perfume史上最大規模で初のアリーナツアー“Perfume 3rd Tour 「JPN」"!!

夢の出発点である地元・広島で開催した念願の広島グリーンアリーナ公演2日目の模様を完全収録!!


曲目リスト

The Opening
レーザービーム (Album-mix)
VOICE
エレクトロ・ワールド
ワンルーム・ディスコ
Have a Stroll
時の針
微かなカオリ
スパイス
JPNスペシャル
GLITTER (Album-mix)
JPNメドレー
ポリリズム
「P.T.A.」のコーナー
FAKE IT
ねぇ
ジェニーはご機嫌ななめ
チョコレイト・ディスコ
MY COLOR
Dream Fighter -ENCORE-
心のスポーツ -ENCORE-

(以上、Amazonより抜粋)



さて、Perfumeです。
ライブDVDです。てゆうか

何故ブルーレイを出さないっっ!!??

おかしいわー。絶対何かおかしいわー。Perfumeほどのグループになったら出して当然だと思うんですけどねぇ。
Amazonでのレビューでもなんでブルーレイ出さないのかというコメントも多く見かけました。

あと、「画質悪い」だの「音悪い」というコメントが結構ありましたね。
でも見てみたら全然そんな事ないと思いました。さすがにDVDですから限界はありますけど、映像はこれまで出してきたライブDVDと全然変わらないですし、音だって良かったと思いますよ。まぁでもわたしはオーディオマニアではないし、違いとか分んないんですけどね......低音も割れることなくどすんどすんと腹に響く感じだし、「ハコ」の広さを感じさせるような音響だった、と。

ただ、個人的には今回のライブは「あまりノレなかった」というのが正直な感想です。

さすがにもう「音」に飽きてきてる。新鮮味がない。
特に前半部分は全然のれなかった。
あんなに好きだったPerfumeなのに、なんだろうこれは?としばらく考えてわたしなりに出した答えは、
「アイドルっぽいコンサート」
だったからなんじゃないかなぁ、と。

いやもちろんPerfumeはアイドルですけども、これまで観てきたものはアイドルなのにめちゃくちゃ尖ってる感じがしていて、極端な事を言わせてもらうとテクノポップではなくて「ロック」だった、と。長い下積み時代を経て、凄い勢いでのしあがっていく彼女らを眺めているだけで力が漲ってくるような感覚すら覚えたんですけども、なんとなく、上り詰めちゃった感もあるというか、少し「停滞気味」な印象を受けたんです。
これから「世界進出」してくPerfumeですからまだまだ昇っていくはずなんですが、わたしは「大丈夫なのかなぁ....」と少しだけ不安だったりします。できればその不安は杞憂であってほしい、というのが願いですけども。

あと曲目も、どちらかというと生声寄りになってた「JPN」からの曲が多いために、全体的な印象がマイルドになってるのも「アイドルっぽい」ライブになってる原因かと。
ですが、「P.T.A.」のコーナーの次の「FAKE IT」から俄然盛り上がります。半分眠りかけていたところでいきなりビンタされるぐらい、急激にテンションが上がってきて、そこから最後までは上がりっ放しの素晴らしいライブになってたと思います。声こそ出さなかったけど「キタキタキタキターーーーー!!」みたいなね。やっぱりPerfumeはこうでなくちゃ。ね!

アンコールに入ってからのMCもね、良かったです。もらい泣きしそうになりましたよ。あ〜ちゃんはほんとにいい子なんだね〜〜とか思っちゃって。へへ。
そして「JPN」の中で一番お気に入りだった「心のスポーツ」を一番最後にもってくるのも実に嬉しかった。

「ほっぺたにキス キミがスキ ドキドキドキがとまらないの♡」
もうこれ聴いているだけでたまんないっすね。
「恋はきっと心のスポーツなんだよね」でも運動不足なの。
ああそうさ運動不足さ!!


最後に、あまり関係ないですが、
「気になる子ちゃん」で特に面白かった場面を貼ってみたり。



こういう親しみやすさも失ってほしくないなー。またバラエティに出てほしいな、うん。

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
1




AutoPage最新お知らせ