映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
ハロー!?ゴースト  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ハロー!?ゴースト」

監督/キム・ヨンタク
出演/チャ・テヒョン、コ・チャンソク、チャン・ヨンナム、他。

●あらすじ/
生きる希望を失ったサンマン(チャ・テヒョン)は何度も自殺を図るが、なぜかいつもうまくいかない。ある日、川への投身自殺が失敗に終わり、病院のベッドで目覚めたサンマンはゴーストが見えるようになっていた。目の前に現れたのは、ヘビースモーカーの太ったおじさん(コ・チャンソク)、泣き続ける女(チャン・ヨンナム)、看護婦のお尻をみてニヤニヤ顔のエロじじぃ(イ・ムンス)、ベッドで飛び跳ねるうるさい子供(チョン・ボグン)、といった一風変わった4人のゴーストたち。無事に退院できたもののゴーストたちにとり憑かれ、死ぬに死ねないサンマンは霊媒師のところに行く。すると、彼らを成仏させるためには、それぞれがこの世でやり残した願い事を叶えてあげなくてはいけないという。最初は信じなかったサンマンだったが、仕方なくゴーストたちの望みを聞いていくことに.....

●解説/
『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンが生きる望みもないのになかなか死ねない男を演じたハートウォーミングなコメディ作品。9年間脚本家として活動してきたキム・ヨンタクの監督デビュー作だ。その脚本の出来のよさに、出演者と出資者を1週間で集め、韓国での公開2か月後に、ハリウッドでのリメイクが決定したという。チャ・テヒョンが一人五役を演じ、他の人には見えないゴーストが見えている男を表現している。CGなどの特殊効果などを使わずに、役者の演技で高い効果を上げているのだ。こなれていない部分もあるが、これが監督デビュー作であるキム・ヨンタクの手腕には感嘆させられる。平凡なコメディかと思って見ていると、ラストの思いがけない展開に驚かされるのでご注意を。(以上、goo映画より抜粋)


レンタルDVDで本編が始まる前の予告編でよく見かけていた「ハロー!?ゴースト」というこの映画。

コメディなのかなぁ、なかなか面白そうだなぁ、とは思っていましてね。
しかしわたしは普段コメディなどは殆ど見ないし、韓国映画では「悪魔を見た」とか、「ビー・デビル」とか「哀しき獣」といった超絶バイオレンス系のものが好みでしたし、それに聞く所によると韓国のコメディとか泣かせる感じの映画って思いっきり「ベタ」な感じらしいしあんまり自分には合わないかも.....と思っていたんですが、ここ最近めっきり歳をとってきた、というせいもあってか、人が死にまくる残酷な映画を観ると超疲れちゃうんですよね。なので、たまにはゆる〜い感じでこういうベタな映画もいいんぢゃないか、とあんまり期待もせずに観てみたんですよ。

ところがですよ。

これ今年観た韓国映画で一番良かった!

まさにこれぞ「拾い物」。なんすかこれ。なんなんすかこれ。
韓国映画のレベルの高さはバイオレンス系だけではなくこういうものまで高かったんですねぇ。完全にナメてかかっていたせいもあって、その驚きっぷりは尋常ではなく、そしてこのあまりの出来の良さに観賞後何度も「あるシーン」ばかり見返してしまいました。

その「あるシーン」は書いてしまうとネタバレになってしまうので内容は書きません。敢て書くとするなら、孤独な青年サンマンに取り憑いた四人の幽霊が何者であるのかが明かされるシーンなのですが、これはもうね.....驚くと同時に物凄い感動が押し寄せてきてね、わたし、鼻水が出るまで泣いてしまいましたよ。

それまでの四人の幽霊の言動がこの「あるシーン」の為の伏線でして、最初のうちはなんなんだろうコレは?と不思議に感じていたのですけど、そのシーンで点と点が一気に繋がっていくやり方もとても納得できるものでしたし、物語の着地点もこれ以上ないぐらいに素晴らしいものでした。

これはもう脚本が抜群に良いのは言うまでもない事なんですが、役者たちの演技も物凄く良いんですよねー。
主役の自殺願望のある孤独な青年サンマンを演じたチャ・テヒョンは乗り移られる度にその役になりきらなければいけないので、なんと一人五役です。多少オーバーアクションですけどもむちゃくちゃ上手い役者さんですね。
そしてちょっと迷惑な幽霊たちも個性豊かで大変に良い顔をしております。

●ヘビースモーカーゴースト(超メタボ。煙草大好き。願い事/愛車でドライブ)
●エロじじいゴースト(とにかくエロい。尻フェチ。願い事/カメラを持ち主に返す)
●食いしん坊ゴースト(食い意地の張った子供幽霊。願い事/アニメ映画を観る(韓国で人気のあるテコンV))
●泣き女ゴースト(なんだかいつも泣いているおばさん。願い事/好きな人に食事を作る)

こんなめんどくさい幽霊たちに取り憑かれて、サンマンはめんどくさがりながらも彼らの願い事を叶えていくわけですが、叶えたのに幽霊たちはなかなか離れてくれません。なぜ.......?
それは先程書いた「あるシーン」で明らかになります。さぁ、もうこれ以上は書きませんよ。気になる方はこれからツタヤに走って韓国映画のコーナーで速攻借りてきてくださいね!
(と、書きながらその「あるシーン」を思い出していたら涙目に......w)



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと。




0




AutoPage最新お知らせ