映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
ULTIMATE ECO DRIVE的2012年映画ベストテン!  映画

はい、今年もやってまいりました恒例行事、年間ベストテンの発表でございます。
んがしかし、一応「映画ブログ」をやっているのに今年劇場に行った回数はおそらく5〜6回ぐらいで、あとは全部レンタルで観ているという体たらく。しかも観ている映画が著しく偏っているため、まったく参考にはなりませんのであしからず!
と、前置きはこのぐらいにしてサクサクっとベストテン発表していきます!

クリックすると元のサイズで表示します

●第1位「DRIVE」
寡黙なライアン・ゴズリングがかっこよすぎるわキャリー・マリガンは可憐だわ、超暴力的かと思ったらめちゃめちゃロマンチックだったりとか、説明を極端に省いて行間を読ませるようなシブい演出とか、この映画の中にはわたしの「好きなもの」しか詰まっておりません。昔のヤクザ映画を観ているようでした。文句無しの大傑作。

クリックすると元のサイズで表示します
●第2位「ハロー!?ゴースト」
ゆるいコメディかと高をくくっていたらラストの思わぬ展開に大号泣させられてしまった。騙されたと思ってみなさん是非観ていただきたいなぁ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
●第3位「サニー/永遠の仲間たち」
わたしを含める40代の人間にはまさに直球でグッとくる映画。たまらないです、この感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
●第4位「のぼうの城」
ぐっさん無双状態が痛快な時代劇。合戦のシーンでの人の死に様の描き方は容赦なかったのが素晴らしい。見終わったあとの爽快感もまた格別のものがありました。

クリックすると元のサイズで表示します
●第5位「ももへの手紙」
話としてはありがちなものなれど、「絵」のもつ力がそれを凌駕する、まさに絵ヂカラがものを言った映画でした。

クリックすると元のサイズで表示します
●第6位「哀しき獣」
救いのなさでは今年ダントツ。ミョン社長とその手下どもが食っていた肉が謎すぎてこわい。何の肉なんですか!?知りたいような知りたくないような!

クリックすると元のサイズで表示します
●第7位「青い塩」
韓国のこの手の映画って結局は哀しい結末になるのに、これに限ってはビックリするぐらいのハッピーエンドです。甘いあっま〜いスイーツのような味わいです。ソン・ガンホに胸キュンです。

クリックすると元のサイズで表示します
●第8位「ゴッド・ブレス・アメリカ」
やさぐれたおっさんとやさぐれたJKのナチュラルボーンキラーズ的な珍道中ですが、二人の関係はプラトニックっつーところが胸キュンでした。散り際も潔いもので良かった。

クリックすると元のサイズで表示します
●第9位「ダークナイト ライジング」
キャットウーマン萌え。ラストがすっげぇ良かった。しびれた。

クリックすると元のサイズで表示します
●第10位「新少林寺」
ジャッキーは特別出演ながらジャッキーらしいコミカルなアクションを披露するかと思えばウー・ジンの死に様に男泣き。男はいくつになってもカンフー映画が好きなんである。


どうです、参考にならないでしょう。
とにかく今年は映画クラスタなくせにみんなが話題にする映画をことごとく観ていないんですよね。「アベンジャーズ」とか「プロメテウス」とか、こういうのを観てたら多分ランキングもだいぶ変わってきたのかもしれませんね。まぁでも観てないものは順位つけられないので仕方がないです。レンタルでしっかりと確認したいと思います。
あと、今年はこのベストテンのなかに「ホラー映画」が1本も入っていないですね。そういや今年はホラー映画観た記憶があんまりない......良かったのは「スペイン一家監禁事件」ぐらいかなー。去年は「ピラニア3D」とか「ドリームホーム」といった素晴らしいホラーがあったんですけども。今年はぜんぜんでしたねー。

で、今年は韓国映画が4本も入っていまして、あと香港映画1本に邦画が2本。洋画よりもアジア映画の方が強く印象に残った1年でございました。ランキングには入れてませんが先日観た「神弓」という韓国の時代劇もむちゃくちゃ面白かったですし、香港のダンテ・ラム監督の「密告・者」や「ビースト・ストーカー/証人」も大変に良い作品でした。

洋画のほうはこれからが楽しみ、といったところですかね。今一番期待しているのがギレルモ・デル・トロ監督の「パシフィック・リム」です。巨大怪獣バーサス巨大ロボって、もうこれだけで白飯三杯はいけますよ。
あー、はやく観たーい!!

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0




AutoPage最新お知らせ