映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
旅の記録と記憶。  


1月12日から14日まで、実家のある奄美大島に帰省していた。


●1日目

クリックすると元のサイズで表示します

伊丹空港を10時10分発の飛行機に乗り12時過ぎに奄美大島に到着。
と、ほぼ同時に東京に大雪を降らせた爆弾低気圧が発生し、急激に天気が悪くなる。雨が降ったり止んだり、強風だったり。しかし気温は20度近くあり全く寒くない。

クリックすると元のサイズで表示します

島で三味線作りをしている同級生の工房に寄る。
店舗も以前訪ねた場所から移動しており、奥にはこのような広いスペースが出来ていた。オサレになっていた。
音楽のこと、楽器のこと、同級生のことなど色々と話し込んだ。
と、そこへ彼の娘が顔を出した。中学1年生。かわいい。

クリックすると元のサイズで表示します
↑我輩は犬である。名前はまだない。仮にではあるが「チビ」と呼ばれている。

夜は兄夫婦の家ですき焼き大会。
動けなくなるまで食べて飲んでいた。
兄の友達や、その子供達も居て物凄く賑やか。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、わたしの同級生が営む飲食店「伊津部バル トロワ・ユイット38」にわたしと兄と兄の友人の3人でお邪魔する。店主は客がはけたので店をしめた状態で同級生と飲んでたようだったが、無理矢理に開けてもらった。申し訳ない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここでしばらく飲んだあと、兄と二人で屋仁川(島の飲み屋街)にくりだす。
何軒か(ススムーチョ、ジャングルベース、こまき、ASIVI)まわったあと兄は記憶を無くしていたようだった。
わたしもフラフラになっていた。
この日実家に帰ったのは夜中3時過ぎであった。


●2日目

爆弾低気圧が勢力を増し、外は殆ど台風のようだった。
午前中はいくらかマシだったので、両親とともに墓参りをする。
午後になってから雨風が酷かったが、時折小康状態になったりするので、その合間を縫って散歩をしたり、人に会いにいったりする。そして家に帰ったら飲むか、もしくは兄から譲り受けたアトリエZのアップライトベースを弾いてみたりして時間を潰す。

夜になると雨が本格的に降り出し、とても出歩ける状態ではなくなったので普段滅多に乗らないタクシーで兄夫婦宅へ向かう。
そこでしばらく食べたり飲んだりした。

クリックすると元のサイズで表示します

夜10時過ぎ、それでも雨が酷かったのでまたまたタクシーでJAZZのライブハウス「マヤスコ」に兄と二人でお邪魔する。
ここのマスターとはわたしが学生の頃からの知り合いで、島に帰ると必ず寄ることにしている。
相変わらず元気で何よりであった。


●3日目

奄美空港12時40分発の飛行機に乗る前に、私と両親と兄で「ばしゃ山」で食事をする。

クリックすると元のサイズで表示します

奄美の郷土料理「鶏飯(けいはん)」である。
久しぶりだったせいかおかわりするほどにがっついてしまった。

低気圧は過ぎ去りつつあったが未だに風は強く、飛行機が飛ぶのか心配し、またちゃんと飛行機が降りれるのか心配したりしたが、飛行機は定刻どおり離陸したしまた定刻どおり着陸したのだった。

島では一月に桜が咲く。
そのぐらい暖かい場所からしたら、6度という気温は考えられないような寒さである。
飛行機から降り立った瞬間は「寒!!」と思ったが、長い事そういう場所に住んできているので、しばらくすると身体が慣れていた。

クリックすると元のサイズで表示します

天気が悪くて最悪だったが、去る前に少しだけ陽がさして、こういう南国チックな写真が撮れたのは実にラッキーであった。

これがわたしの、2泊3日の、旅の記録と、記憶である。


2




AutoPage最新お知らせ