映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
「あまちゃん」から「ごちそうさん」へ。  ドラマ


2013年を振り返る、にはちと早い気もしますが
今年はわたしにとって「大きな変化」があった年でもございます。

その変化とは、朝のNHKの連続テレビ小説、朝の連ドラを見るようになった事。

なんだ、たかが朝の8時から15分だけドラマ見るだけじゃねーか。
うむ、確かに朝の8時から15分だけドラマ見るだけですよ。でもね、これまで朝起きるのが面倒で、憂鬱でしかたがなかったのに、その朝の15分のおかげで朝が楽しくなり、なおかつ朝が来るのが待ち遠しくなったのです。
これはわたしにとっては、「朝なんて来なければいいのに」とか思ってたネクラ野郎が「朝って爽やか!素敵!」とリア充宣言するぐらいの、劇的な変化なのでございます。

きっかけは、「あまちゃん」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
↑じぇじぇじぇ!!

実際、この「あまちゃん」で朝ドラデビューした人も結構多いと聞きます。
「Cut」では「日本の朝を変えた」と特集を組まれるぐらいでしたし
ネットでもあまちゃんおもしろい今日のあまちゃんああだったこうだった、と評判も高かったせいもあって
これだけ騒がれるんなら相当面白いんだろうなぁ、と思い、ある日試しに見てみようとテレビをつけました。

この日はちょうど第7週(だったかな?)の「おらのママに歴史あり」の始まりの回でして
天野アキ(能年玲奈)の母・天野春子(小泉今日子)が実は昔アイドルを目指していた事が発覚するんですが、さすがにもう話が進みすぎていてそれ以前何があったのか分らないまま見ていても、「あっ、これは面白いドラマだな」というのは直感的に分かりました。
ヒロインである能年玲奈のフレッシュな魅力に惹き付けられ、その後も続けて見ているうちに周りにいる濃い人たちの魅力にも惹き付けられていきました。

アキの親友のユイちゃん(橋本愛)は超絶カワイイのに腹黒いとか
本来ならイケメン枠であるはずの足立ヒロシ(小池徹平)がひどい扱いだったりとか
アキの母の春子は朝ドラなのにビールばっかり飲んでいたりとか
たまーに「トシちゃんのものまね芸人」とか「前髪クネ男」みたいな飛び道具的なキャラが登場したりとか
たまーに糸井重里とか清水ミチコとか橋幸夫とかいうゲストが登場したりとか


とにかく見ていて楽しい、朝から元気が出てくるような、そんなドラマでした。
でも、震災を描いた週だけは、心が張り裂けそうにもなりました。

ユイちゃんにあからさまな死亡フラグが立っていたのでかなり心配しましたが、取り敢えずは無事で安心。
トンネルから抜け出した時のユイちゃんの表情がね、今でも忘れられないです。
震災の風景を直接的には映していないけど、その表情を見たらそれがどんなものだったのか分ってしまうぐらいに、絶望とか諦めとか不安とか、そういうものが渾然一体となった、なんとも言えない表情でした。橋本愛マジすげー。
それから、震災の状況を「壊れたジオラマ」で表現した演出も上手いなーと思いました。

なんだかんだで北三陸のみんなは逞しく、未来に向かって走り出していきます。

そしてドラマが終わり、「あまロス」に陥りました。
ああ、明日からあまちゃん見れないんだ.....
終わった.....
俺たちの朝が、壮絶に、終わった.......

しかし、すっかり「朝の8時に15分だけドラマ見る」体質になってしまっているので
あまり期待もしていなかった杏ちゃんがヒロインの「ごちそうさん」も惰性で見始めることになりました。


クリックすると元のサイズで表示します

第1週は、主人公「め以子」の子供時代をじっくりと丁寧に描いていましたが
しょーじきこの時点で「面白い」とは微塵も思っていませんでした。
ああ、これ多分途中から見なくなるな......とも思っておりました。

「あら?」と思い始めたのは第2週、食いしん坊なめ以子が食べに食べてすくすくと横にではなくタテに成長し、身長の高さがコンプレックスのちょっとおバカな女学生になり、やさしいおばあちゃん(吉行和子)は他界して、なんと「ぬか床」に転生しめ以子を見守るのです。

「ぬか床」が喋るってのはおもろいなー。
このあたりから、徐々にこのドラマに感情移入していき、やがて西門・「通天閣」・悠太郎がめ以子の家に下宿することになり、ドラマ自体のテイストは完全に「少女漫画」になっていきます。

そしてこのドラマに完全に心を奪われたのが、「め以子決死の逆プロポーズ」の回でございます。

この決死の逆プロポーズのシーンは朝っぱらからボロボロ涙してしまったのですが、なんと西門通天閣悠太郎のヤロー、これを断りやがります。
西門てめー通天閣から突き落としたろうか!と殺意まで湧いてしまいましたが、まぁ彼にも色々めんどくさい事情があり幸せな家庭に育っため以子を思っての「お断り」だった......という展開で、やはり悠太郎はめ以子の事が大好きだったのです。なんだこのやろう、めんどくせぇヤツだな(笑)

さて、なんだかんだでめでたくめ以子と悠太郎は結ばれ、大阪に嫁いでいくわけなんですが
大阪篇に突入してから「少女漫画」だったドラマが突然昼メロのようなえげつない展開になり、なんかもう
「ええぇぇー!?」
って感じでございますよ。

イビリですよイビリ。小姑のイビリ。
朝っぱらから嫁をイビリ倒す小姑の和枝(キムラ緑子)はん!
先日はちょっと歩み寄るようなそぶりを見せておいて実は罠だったとか、あまりにドイヒーな仕打ちに
ついにめ以子はおかしくなったんじゃないかとさえ思った程でございます。
(ぬか床につづいて鯛まで喋り出したwww)

しかし師匠(近藤正臣)の知恵を借り、大量に余った「鯛」の始末をつけてま〜るく納めため以子は確実に成長し、強くなっております。いやぁ、見ていて清々しい。
朝っぱらから陰険なイビリで「見るのがツライ」という声も多数あるようですが、ちゃんと問題も解決させていっているし、なによりも朝ドラらしい「明るさ」は損なっていないというのも、このドラマの面白い所だと思います。

「あまちゃん」が朝ドラにおける変化球だったのに対し、この「ごちそうさん」は実に朝ドラらしい直球で勝負してきたな、という感じで、これからも目が離せません。
次週は西門・通天閣・悠太郎バーサス泉源太(め以子の幼馴染み)というとてつもなく面白そうな場面があるようなので期待大です。

あさイチの「受け」でも有働さんが「女の幸せ、で言うとやっぱ源太なんじゃないかな〜」とか言ってたし
もしかしたらこれから戦争があって通天閣が徴兵されて戦死したら........とか色々考えてしまいます。
株をやって稼いでる和枝はんも、世界恐慌で破産に追い込まれるんじゃないか.......とも。
巨大な歴史のうねりに飲み込まれて行くであろう、これからの「ごちそうさん」。
どうなることやら。
0




AutoPage最新お知らせ