映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
ウォーキング・デッド  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

「ウォーキング・デッド」

あらすじ/
保安官のリック・グライムズは逃走犯を追跡している際に銃弾に倒れ、病院で昏睡状態に陥った。彼が目が覚めると文明が破滅し、死体が歩き回る世界になり変わっていた。リックは自分の妻と息子が行方不明であると知り、武装した後、CDCが検疫して安全圏になったと噂があり自分の家族も避難していると思われるアトランタを目指して危険な旅に出発する。しかしながら彼はすぐに都市が「ウォーカーズ」で溢れてもう安全ではなくなったことを知る。(ウィキペディアより抜粋)


フランク・ダラボン製作の海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン1を鑑賞しました。

海外ドラマといえば以前「フリンジ」にハマっておりましたが、シーズン3は1巻だけ観てそれ以降は観ていません。まぁそのうち観ようとは思っておりますが。
ツタヤに行けばそりゃあもう沢山の海外ドラマがレンタルになっておるわけですが、わたし実は「ドラマ」って苦手な方でして、あまり借りてみたりするという事はないんです。
そんなドラマが苦手なわたしでもフリンジは面白かったですし、実はジェニファー・ラブ・ヒューイット主演の「ゴースト/天国からのささやき」なんかもちょいちょいと観たりしています。

そしてようやく待ちに待ったこの「ウォーキング・デッド」でございます。
ゾンビがことのほか好きな私といたしましては、

こおいう海外ドラマが観たかったんだよぉぉぉ!!

と夕日に向かって叫びたいぐらいなもんでしてね、ええ、ほんともう大満足でごじゃいますよ。

まずはゾンビ(ここではウォーカーと呼ばれる)の造形なんですが、これがグレゴリー・ニコテロ率いるKNBエフェクトが担当しておりまして、その仕事ぶりは素晴らしいの一言。
「えっこれドラマなの!?」という気合いの入りまくった腐れ具合がもうね、いいんですよ。かなりお金のかかった映画レベルというか、最近の映画でもこんな良く出来たの観た事ないぐらいです。

そしてゾンビだけではなく、終末の世界に放り出された人間たちのドラマも重厚でね、こういうのをじっくり描いているのがいいです。逆にこれはドラマであることの強みというか、2時間という限られた時間しかない映画ではここまで丹念に描くことは出来ないとも言えます。

特に印象的だったのは2話の「生きてる人間がゾンビの群れの中をバレないように歩く」方法。これね、かなりビックリしました。あとシーズン1の最終話がね、かなりグッときました。ちょっと泣きそうになってしまいました。

主人公のリック・グライムズを演じる役者さんは知らない方でしたが、ちょいとヴィゴ・モーテンセンに似ているなかなかのナイスガイで、この終末の世界のなかで「人として正しい事」を貫こうとする姿勢は素晴らしいです。わたしもこういう人間になりたいものです。

あと脇を固めているのが「サイレント・ヒル」や「ミスト」が印象深かったローリー・ホールデン、「処刑人」が滅法面白かったノーマン・リーダス、そして「スリザー」のマイケル・ルーカーと何気に豪華だったりします。特にマイケル・ルーカーさんはその後どうなっちゃったの??という消え方をしたので気になるところ。もしかしたらシーズン2で再登場するのかしらん?

「ドラマ」とは思えぬ程の超高いクオリティで圧倒されること間違い無し。
ゾンビ好きはもちろんのことですが、ゾンビ嫌いな方でも十分にハマれる(かなりグロいけど!)素晴らしいドラマでございます。みんな借りて観ちゃおうぜ!そしてシーズン2を早く観たいんだぜ〜〜〜!!



↑予告編貼っておきます。
1
タグ: 海外ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ