映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
「神様のカルテ」「猿の惑星/ジェネシス」「この愛のために撃て」  映画


ここ最近鑑賞した新作レンタル映画の感想をざっくりと。

クリックすると元のサイズで表示します

「神様のカルテ」

あらすじ/
勤務5年目の内科医師、栗原一止(いちと)は、医師不足の中、「24時間365日対応」の本庄病院で激務をこなしていた。家に帰れば、カメラマンの妻、アパートの風変わりな住人たちとの温かい暮らしがあったが、多忙のあまり、最初の結婚記念日も忘れる始末。ある日、大学病院から見放された末期がん患者、安曇雪乃が現れる。安曇と触れ合う中で、一止は医療とは何かを考え始める。そんな時、大学病院に勤めないかという誘いが…。(goo映画より抜粋)

僕はこのテの邦画を全く観ないんですけども、魔が差してしまってレンタルしちゃいました。
おそらく魔が差さなかったら一生観ない類の映画であるわけですが、いざ観てみるとこれがなかなかグッとくる映画だったのでちょっと嬉しかったです。

「魔が差した」原因は、といえばやっぱり宮崎あおいちゃんが出ているという事に他ならないわけですけども、この映画での宮崎あおいちゃんの印象は薄いです。

じゃ何が印象に残ったのかというと、それは、加賀まりこ様。
元祖上からマリコ様。
さすがにもうお歳をめしているとはいえ、その存在感に圧倒されましたです。
加賀まりこ様といえば「月曜日のユカ」が忘れられませんね。
今活躍しているアイドルが鼻クソに思えるほどの殺人的な可愛さ。
未見の方は是非ご覧になってくださいませ。若き日の中尾彬さんも拝めますよ!

あとちょっと変わってるなぁと思ったのは、宮崎あおいちゃんと嵐の櫻井君との夫婦関係。仲が良いのはもちろんなんですが、お互い敬語で喋ってるんですね。まぁ別にいいんですけど、なんか変な感じもしたりして。それに彼らのい周りに居る人達も妙な方々ばかりで.......それはそれで設定としては面白いですけど、なんかちぐはぐな印象を受けましたね。別にそれがダメとかではないんですけど、うーん、何なんでしょうかね。上手く言えないですが。

まぁしかし、櫻井くんと加賀まりこ様との話はとてもグッとくる内容で、不覚にも泣かされてしまいました。あと数ヶ月しか生きられないと知ったとき、それまで何をすればいいのか、そして何をしてあげればいいのか。
生きるという事。死ぬという事。
色々考えさせられましたです。


クリックすると元のサイズで表示します

「猿の惑星/創世記(ジェネシス)」

あらすじ/
アルツハイマーの薬を研究しているウィルは、チンパンジーに新薬を投与する。目覚ましい知能の伸びを見せたメスのチンパンジーがいたが、彼女は暴れだし、射殺されてしまう。妊娠していた彼女が産み落とした赤ん坊チンパンジーを育てていたウィルは、シーザーと名付けた彼に高い知能があることに気付く。ある日、アルツハイマーを患うウィルの父親が隣人ともめているのを見たシーザーは、彼を守ろうと暴れ、霊長類保護施設に入れられてしまう。(goo映画より抜粋)


オリジナルで言うところの、「猿の惑星/征服」にあたる、全く新しい発想によるリメイク作品。

オリジナルで「なんで猿が進化して地球を征服するのか?」という原因は、まずは犬や猫にしか感染しないウィルスが世界的に流行し、犬と猫が絶滅。ペットが居なくなった人類は犬猫の代わりに猿を飼いはじめて......というかなりトンデモな設定でしたが、こちらのリメイクは猿に投与していたアルツハイマー治療薬が進化を促したという、なんか「ありそう!」な感じでございます。

展開も早く、見せ場もてんこ盛り、それにアンディ・サーキス演じるCGのシーザー(PJのキングコングもアンディ・サーキス。猿専門俳優になりつつある)の動きや表情も素晴らしい。

でも、何故かシーザーに感情移入できない。
それは何故かと考えていたら、やはりそれがCGであるからとしか言いようがないんですよねぇ。なんかこう、そこに「赤い血」が流れているような感じがしないんです。どんなに良くできたCGでも、やはりそこに「実際にはないもの」であるし、そういう実体のないものに愛着が湧かないんですよねー。それに比べてオリジナル作品群は、ちゃんと「中に人が入ってる」わけで、今みたく肥えた目でみると「かぶりものじゃん!」って思ってうんですけど、やっぱりそこに人が居るから愛着が湧くんです。口元がふがふがしちゃって、もう可愛くて可愛くて。
だからね、ジーラとコーネリアスには感情移入しすぎてしまって、「新・猿の惑星」でジーラとコーネリアスが殺された時には思わず涙がこぼれてしまいましたもの。
そういう意味ではティム・バートン版の「猿の惑星」のアプローチは正しかったのかもなぁ、とも思います。なるべく役者に特殊メイクを施して、人が演じるという点において。

でも映画的にはとてつもなく面白いですし、オリジナルを知っている人は比較もできるという楽しみもありで、見応え十分なナイスな映画でした♪


クリックすると元のサイズで表示します

「この愛のために撃て」

あらすじ/
看護助手サミュエルと愛妻ナディアは、間近に迫った出産を心待ちにしながら幸せな日々を送っていた。が、ある日突然、ナディアが何者かに誘拐されてしまう。犯人の要求は勤務先の病院から入院中の凶悪犯サルテを3時間以内に連れ出す事。ナディアの命を救うために決死の覚悟で警備をかいくぐりサルテを外に連れ出したサミュエルだったが、警察の捜査チームに指名手配中のサルテと共に追われる事になるのだった。(goo映画より抜粋)

来月リリースされるラッセル・クロウ主演の「3デイズ」のオリジナル作品「ラスト3デイズ」を撮ったフレッド・カヴァイエ監督の最新作。わたしは前作の「ラスト3デイズ」は未見ですので、今回初めてこの監督さんの作品を観たわけですが、いやーこれはとても良かったですね。

「妻がさらわれたので取り戻す!」というシンプルな物語、そして無駄なくスピーディーな展開、激シブなラスト....作品自体のトーンも重くて暗いので、ほんとこういうのドンピシャでわたし好みですよ。

なんか似たような話みたいですけど、前作「ラスト3デイズ」も観てみたくなりました!
シブいアクション映画好きには堪らない1本かと。是非是非。

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ