映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
ラブド・ワンズ  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ラブド・ワンズ」

原題/THE LOVED ONES
監督/ショーン・バイルン
出演/ロビン・マクリーヴィー、ゼイヴィア・サミュエル、ヴィクトリア・セイン、他。

あらすじ/
オーストラリアの小さな町で暮らす高校生ブレントは、内気な同級生ローラからのプロムの誘いを断った直後、突然、何者かに誘拐される。目覚めるとそこはネオン輝く部屋の中。タキシード姿で椅子に縛られ、目の前にはドレスを着て微笑むローラがいた。憧れの彼氏“ラブドワン”を自宅に監禁した彼女は、王冠をかぶってプロムの女王に変身。抵抗するブレントの両足をナイフで床に釘付けにし、フォークで胸に記念にハートマークを刻み、電動ドリルで頭蓋骨をえぐる。狂えるプリンセスの晴れ舞台は、今、始まったばかり……。(goo映画より抜粋)



どうもです。久しぶりの更新でございます。
更新をサボっている間にわたしがなにをしていたかというと
スマホデビュー
しておりました。遅っ!今頃!

機種はCASIOのG'z One TYPE-Lというやつです。無駄にゴツくて、気圧とか計れたりします。ちなみに今現在の気圧は1005ヘクトパスカルです。どうでもいい機能です。

わたしは家のパソコンはMacを使っているのに何故iPhoneにしないのかと言われもしましたが、わし、なんかアイフォンって好きじゃないんすよ。なんかこう気取ってる感じとか。感じ悪っ!とか思っちゃうんですよ。わたしパカパカのケータイもずーっとカシオのG'z Oneシリーズを愛用してたものですから、愛着があるんですよね。それにどうせスマホにするんだったらこのシリーズで!と決めておりましたし。

さてスマホにしたらしたでこれが滅法面白くて使い勝手が良いもので、ヒマさえあればずーっといじっておりますし、インスタグラムで写真撮ったりして楽しんでおります。出先でサクサクっとTwitterやfacebookを開いてチェックできるのも実に便利。いやー便利。ただ、そういうのをいじり過ぎてるとバッテリーの残量があっというまに少なくなるというのはスマホの宿命。なので、せめて一日もたせるように一度立ち上げたアプリはこまめに終了させるようにしております。コレだけでもかなり効果があり、一日は十分使えます。
いやー、いいですね、スマホ。ちょっと毎日が楽しくなりましたよ。もっと早くにスマホにしてりゃー良かったと思う今日この頃でございますよ。

さて、そんなどうでもいいわたしの近況はさて置いて、映画ですよ映画。

今日は本当は「屋敷女」の監督の新作「リヴィッド」を探しに、家からちょっと遠いレンタルビデオ店に行ってみたんですが、いくら探しても見つからなかったのです。近所のツタヤのホラーコーナーなんぞはやる気のカケラがビタ一文も感じられないし、こういう通好みの映画はツタヤ以外の店に行けば必ずあるものなんですが、今回はなかった。むむむ残念!と思いながら店内を物色しているとこの「ラブド・ワンズ」が目にとまったのです。

あーコレめっちゃ観たかったヤツやんけー!
そう、コレもね、やる気のない近所のタヤツーには置いてないんでげすよ、奥さん。げへへ。
そんなわけで目的のものがなかった代わりに前々から観たかったものが見つかり上機嫌でうちに帰って、ビール飲みながら鑑賞しましたよ。

さて、あらすじにもあるようにこの映画、ガイキチ女子高生が好きなイケメンを拉致監禁して拷問するという際どい映画なわけですが、観てみるとそういうキワモノ感もあるにはあるのですが、物語の展開の仕方とか登場人物の背景の描きかた、撮り方などを見ていると実に「マトモ」な映画だなぁ、と思いましたね。どうもこの手の映画って勢いで押して細かいことはどーでもいい、というノリになりがちなのですが、実にしっかりと丁寧に撮ってるなぁ、というのには好感が持てます。

先程マトモと書いていますけど内容的には全然マトモではなくて、後半などはもうキレキレでむちゃくちゃ面白いですね。拷問シーンなども「痛い痛い!」とこっちが歯を食いしばってしまうような「痛い」描写がとても上手いです。

わたしホラー映画は好きなんですが、実は「拷問系」は苦手なジャンルでして。
なんかね、拘束されて一方的に痛めつけるまたは痛めつけられるというのはフェアじゃないなーと思うし、この映画もイケメンくんが椅子に縛り付けられて足にナイフ刺されるわドリルで額に穴開けられるわそれはそれはもう酷い目に遭いまくるわけなんですけども、痛めつけてる方が「狂っている」とはいえかなり可愛い女の子なんですよ。かなり可愛い.....いや違うめっちゃ可愛い。正直に言おうめっちゃタイプです!

こういうポッチャリ系に滅法弱いわたくし。いやわたしだけでなく、こういう女子(見た目がね)がタイプって人結構多いと思うんですけどねぇ。わざわざこんな事しなくてもアナタ絶対モテるから!少なくとも俺にはモテモテだからもうこんな事やめようよ!ね! とか映画観ながら思っちゃいましたよ、うん。

あとプリンセス・ローラのお父ちゃん。
娘が好き過ぎるにも程があるこのお父ちゃんもね、実にいいですね。
狂った娘をしっかりとサポートし、しかも出しゃばらない謙虚さもあったりしてね。

というわけで映画自体はジワジワと盛り上がり、後半の展開のキレっぷりも素晴らしく、久々に「見応えのある」ホラー映画だったので、わたし的には大変に嬉しかったですね。うむ、大満足でございますよ。

「痛いの苦手!」な人には全くオススメはできませんが、好きモノにはたまらない「ラブド・ワンズ」。機会がありましたら皆さんも是非是非。



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ