映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
火車/HELPLESS  

クリックすると元のサイズで表示します

「火車/HELPLESS」

原作/宮部みゆき
監督/ビョン・ヨンジュ
出演/イ・ソンギュン、キム・ミニ、チョン・ソンハ、他。

あらすじ/
獣医師ムンホは、婚約者ソニョンを両親に紹介するため実家へ。だが、途中立ち寄ったサービスエリアで突然ソニョンが姿を消す。警察は単なる家出と相手にせず、ムンホは元刑事の従兄ジョングンに助けを求める。その結果判明したのは、カン・ソニョンなる女性は以前から行方不明になっており、ムンホの婚約者とは完全に別人である事実だった。では、ムンホが愛した女性、名前も経歴もすべてが偽りだった《ソニョン》は何者なのか?WOWOWオンラインより抜粋)


さて、今日は韓国映画でございます。
ここ最近、日本の小説が原作のものがちょいちょい出てきてますねぇ。
貴志祐介さんの「黒い家」(確かエンジビル?とかいう副題がついてたような....)とか、これからレンタルになる予定で乃南アサさんの「凍える牙」(こちらはみんな大好きガンホ兄さんが出てますので期待しています!)とか。
で、今回観たのは宮部みゆきさん原作の「火車」でございます。

「黒い家」も「凍える牙」も原作だけは読んでおりましたが、「火車」は未読。ていうか宮部みゆきさんの本まだ一度も読んだことがありません。さーせん。
しかもこの「火車」、土曜ワイドかなんかの2時間ドラマで2度ほど製作もされているそうなんですねぇ。2011年には佐々木希ちゃんが謎多きヒロイン役で、なんと一度も喋らなかった、という.....
そんなこんなで原作も未読、テレビドラマも未見なのでいったいどんな話なのか見当もつかない状態で観始めたわけなんですが......

えっコレなんでDVDスルーなん??

ってぐらいに良く出来ている映画だなぁと思いましたよ。
なんとなーく土曜ワイドちっくな雰囲気はありますが、終始重苦しい雰囲気とか役者のハンパない熱演とか、おおー、これぞ韓国映画〜〜!っていう見応えは十分にありましたし、なんちゅうか盛り上げ方が上手いというか、消えた婚約者の過去が明らかになるにつれドキドキ度が増していくんですよ。後半なんかコレどーなるんだろ!?と歯ぎしりしながら観ておりました......

なんでも、この映画の結末は原作とは異なっているそうなので、そちらのほうも気になるところでありまして、機会があったら宮部みゆきさん原作の「火車」も読んでみたいですね。(日本のテレビドラマは別に観なくてもいいと思う....)



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ