映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
エリジウム  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「エリジウム」

原題/ELYSIUM
監督・脚本/ニール・ブロムカンプ
出演/マット・デイモン、ジョディ・フォスター、シャールト・コプリー、アリシー・ブラガ、ウィリアム・フィクトナー、他。

あらすじ/
2154年、大気汚染や人口爆発によって地球上の生活環境は悪化している。少数の富裕層は衛星軌道上に建造されたスタンフォード・トーラス型の宇宙コロニー「エリジウム」へ移住。高度な科学技術により老いや病から解放され、水と緑にあふれた理想郷で暮らしている。
一方、荒廃しスラム化した地上では、大勢の人々が貧困に喘いでいる。市民はエリジウムの生活に憧れ、密航を企てる者もいるが、デラコート防衛長官(ジョディ・フォスター)は反移民法を敷き、アーマダイン社製ロボットや傭兵を配して侵入者の排除に努めている。
そんな中、ロサンゼルスに暮らす工場労働者のマックス(マット・デイモン)は作業中の事故により余命5日と診断される。マックスはエリジウムの先端医療に希望を求め、闇商人スパイダーとの取引に応じてコロニーへ向かうが、謀略に巻き込まれる中で不平等なこの世を正すために立ち上がる。
(以上、ウィキペディアより抜粋)



9月28日土曜日、「あまちゃん」がついに最終回を迎え只今絶賛あまロス中のwataruですこんにちは。
そんな心にポッカリ開いた穴を埋めるために、映画を観てきましたよ。
監督はあの「第9地区」のニール・ブロムカンプ、主演がマット・デイモンのSF大作、「エリジウム」。
TwitterのTL上では賛否両論でどちらかというと「否」の方が上回ってる印象でちょいと不安もありましたが、個人的にはとても心に残る映画となりました。

まずは貧乏人は環境破壊され汚染された地球に住み、金持ちはスペースコロニーに住むという極端に二分化された未来世界の描き方が面白いですね。地球での公用語は英語とスペイン語、対してスペースコロニーでの公用語は英語とフランス語ちゅうのも、なんか分りやすいなぁ〜とか思ったりして。
この「分りやすさ」というのが実は重要な事でして、前作「第9地区」でもアパルトヘイト制度を地球人とエビ星人に置き換えた「分りやすさ」はメッセージとしてストレートに伝わってきたし、今回のこのエリジウムで監督が伝えたかったのは「現在の地球全体の格差社会」という現状である、という事なんですね。

映画の前半は世界観をじっくり描き、後半はアクションにつぐアクション。
何と言ってもこの映画の最大の見所は、余命5日となった主人公マックスが装着する
「エクソスーツ」
の造形!ガチャガチャ・ゴツゴツした外観。神経系に直接作用し、戦闘能力はドロイドとほぼ同等になる、ってあたりが燃えます。「第9地区」でもパワード・スーツを装着した主人公が大暴れする終盤は大変に燃えましたし、ブロムカンプ監督はこういうのが本当に大好きなんでしょうね〜〜。日本のアニメ大好きなんだろね〜〜、この辺はパシフィック・リムを監督したギレルモ・デル・トロのセンスと共通するものがありますね。

第9地区で主役だったシャールト・コプリーは今回「憎たらしい悪役」クルーガーとして登場しますが、武器が日本刀や手裏剣というのが笑えます。忍者です忍者。
映画評論家の町山さんも
「忍者嫌いな人この世に居るんですか!?」
と言っていましたしね。うん、とにかく最高なんすよ。

クライマックスのマックスとクルーガーの対決では桜吹雪が舞うなど、やりすぎにも程があります。最高っす。

そして「子供の頃に交わした約束を守る」為にマックスが下した決断。泣きました。
この映画意外に泣けるんですよね、こういうの弱いのよ、ほんと。

「第9地区」が好きな人は観て損はないでしょう!
いい映画でした。ありがとう!


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2013/10/2  17:22

 


エリジウムElysium/監督:ニール・ブロムカンプ/2013年/アメリカ
90年代SF映画が好きなひとにおすすめしていきたい。
試写会で鑑賞。監督がニール・ブロムカンプで主演がマット・デイモンだということ以外知らずに見に行きました。いつもどおりですね。予告も見てなか 




AutoPage最新お知らせ