映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
書道ガールズ!! わたしたちの甲子園  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」

監督/猪股隆一
出演/成海璃子、山下リオ、桜庭ななみ、高畑充希、小島藤子、金子ノブアキ、他。

あらすじ/

四国中央高校・書道部の部長を務める里子は、書道家である父に認められるため、真剣に書道に取り組んでいる。しかし真剣なあまり、他の部員に厳しすぎるのが玉にキズ。そんなある日、書道部の顧問を務める池澤先生が、校庭に生徒たちを集め、大音量の音楽にのせて大きな書をしたためてみせる。これを見て感激した書道部員の清美は、父が営む文房具店の閉店セールの呼び込みとして、里子たちを巻き込んだ「書道パフォーマンス」を計画する。(goo映画より抜粋)

映画化までの経緯/

折からの不況の影響で活気を失っていた日本一の紙の町・愛媛県四国中央市で、愛媛県立三島高等学校書道部の部員達が、我が町を盛り上げようと地元のイベントやショッピングセンターなどで書道パフォーマンスを始めたところ、地元テレビ局の南海放送の密着取材がドキュメンタリー番組『NNNドキュメント』で取り上げられたり、やがて日本テレビの情報番組『ズームイン!!SUPER』で中継されたりして、徐々に知名度を上げていった。2008年7月には、地元の祭り「四国中央紙まつり」の中で、第1回 書道パフォーマンス甲子園が開催され、その模様を『ズームイン!!SUPER』で放送したところ、大きな反響を呼び、一躍その名が全国に知れ渡ることになる。この実話を基にこの作品が作られることとなった。(wikiより抜粋)




わたしは朝が「めざましテレビ」派なので、こんな話今の今までまったく知りませんでした。
そんなめざましテレビも今月いっぱいで高島彩パンが辞めちゃうので、もう見る気がしません。なので、これからは「おはよう朝日」を見ようと思います。

.....そんないち個人の「朝なに見るか」という話は置いといてですね、映画のことを書こうと思います。

わたしはもともと成海璃子ちゃんがとっても好きなのでこの映画を借りてきたわけですが、まぁいかにも「感動させますぜ、お客さん」的な内容なため実は観ようかどうか迷っていたんですな、実際のところ。
でも成海璃子ちゃんが出てるなら......!!と渋々。いやほんとうに一度手に取ってから「いや、切株とか凹む映画が好きな輩が借りるもんではないな」と棚に戻し、しばらくレンタルビデオ店内をパトロールするも今日はコレ!というのが見当たらない。ならば.....仕方がない。成海璃子ちゃんのために借りてあげよう!と思いっきり苦い顔しながら渋々、シブシブ借りてきたわけでございます。

成海璃子ちゃんの何がそんなに好きなのかというと、彼女のその
立派な富士額
に見とれてしまうからでありまして、今の若い女優さんにはあまり感じられない大和撫子感とでもいいましょうか、とにかくこれが「日本の女の子です!」という僕の理想に最も近い人であったりするわけで。
最近では「罪とか罰とか」「山形スクリーム」などで妙なコメディエンヌぶりを発揮しておりましたが、こちらの映画はいかにも璃子ちゃんらしい役どころで好印象。最近剣道の映画もやってましたよね?そちらも是非観てみたいです。

映画全体としては「よくあるスポ根もの」という印象でしたが、なんとなく「シムソンズ」と似てるなぁ、とも思ったりして。
まぁなんだかんだ言って女子高生がわーわーきゃーきゃー言いながら頑張ってみたりするのを悪く言ったりする事はできません。なんつうか元気をもらうというか、この酒飲みでヘビースモーカーのやさぐれたおっさんには目の保養になるんです。

それに、劇中で彼女らが披露する「書」も、素晴らしいものがあります。
わたしなんか「書の道」なんぞビタ一文も理解はできませんが(とかいいつつ小学生の頃は習字を習ってた。実は有段者だったんだが、書かなくなったとたん字は下手になる。今の字なんかめっちゃ汚い。そんなもんです。)、堅苦しいイメージではなく、単なる文字が「絵」になる瞬間を見たような気持ちになりました。荒々しい筆は一種の「偶然性」の芸術。ジャクソン・ポロックの絵画みたいなね。しかしそれが「文字」である以上、なんらかの意味を持つことになる。真っ白なキャンバス(ここでは巨大な和紙)に偶然性と緻密な計算を織り交ぜた「絵のような書」を、一人ではなく数人のチームワークで作り上げて行く過程はとても素晴らしい。

シブシブ借りてきたとはいえ、起承転結がハッキリした「良い映画」であり、素晴らしい「青春映画」でありました。おいそこのキミ、「王道すぎるのが逆に」とか天の邪鬼的な事を言うのは野暮ってもんですぜ。
素直に観たらめっちゃ感動するんだぜ!

クリックすると元のサイズで表示します
↑たまには爽やかなのもいいぢゃない


人気ブログランキングへ←クリックおねがいしまーす
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ