映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
Japanese Soul Diva  音楽


90年代半ばから2000年代の前半にかけて、日本の女性シンガーがやたらとSOUL化する現象がありましたね。ASID JAZZがブームとなり、ブランニュー・ヘヴィーズやジャミロクワイが出てきて、「いなたい」感じの音楽というか(いなたい、という形容はいまいちピンとこないんですけど)、グルーヴ重視というか。しかしまぁそういうのが沢山出てきたもんで、次第に自分も飽きてきてしまい聴かなくなってしまって.......
それが今ではAKBとかももクロとかのアイドルが全盛だったりしまして、時の流れというものを痛感いたします。

そんなわけで今夜は懐かしの日本のSOULな歌姫の動画を貼っておきます。



「五島良子/Swingin' the Swing」

もともとこの五島良子さんという人はこんなソウルな歌を唄う人ではなくて、突然こんなのを唄いだしたのにはビックリしましたが、これが実に良くてですね、当時かなりハマっておりました。
最近はどうしているのか分らないんですけど、またこういうソウル路線を唄ってもらいたいなぁ〜、と思います。何気に電気グルーヴの石野卓球と組んだ曲も良かったりします。



「bird / GAME」

京都出身のbirdちゃん。
なにかで読んだ気がするのですが、バードちゃんは「自分の声があまり好きではなかった」そうなんですね。でも、モンド・グロッソの大沢伸一に「あんたの声はいい」とか言われて歌手になったとか.......
もともとこのGAMEという曲はブリブリとしたベースラインが特徴のテクノ寄りな楽曲なんですが、こちらのライブ版ではガッツリとJAZZ寄りのアレンジになっており大変よろしいです。特にリズム隊が素晴らしいの一言。



「SAKURA / Lavender Blue」

いやぁSAKURAさんは本当に好きだったなぁ。
ものすっごい美人ですし、声もね、マジでソウルフルなんですよ。
残念なのは、ようつべさんにこの頃のSAKURAさんの動画があまり無いこと。
このライブ版も探して探してようやく見つけたぐらいですから。
「IF YOU LOVE ME」とかめっちゃソウルでかっこいいのに、東芝EMIさんにブロックされて再生できないとかね〜、ちょっと悲しいよね。
最近の活動はどうなっているのか分りませんが、またあのソウルな歌声に酔いしれたいです。


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
1

俺の昭和歌謡大全集  音楽

わたしはいわゆる「ボウイ世代」のアラウンドなフォーティー世代なわけですけど、実はボウイは殆ど聴いていませんで、そのかわりPINKとかPSY・Sなどというちょっとマニアックなものが好きでした。

で、先日久々にPSY・Sを聴き返してみて思ったんですが、このあたりの邦楽のレベルってむちゃくちゃ高いなぁ、と。
今の邦楽は殆ど記憶に残らないものばかりなのに、この頃の曲は鮮烈に憶えているんです。

というわけで今夜は、わたしが好きだったPINKやPSY・S以外でお気に入りだった曲をいくつか挙げておこうかと。これがわたしの昭和歌謡大全集ということで。




「レベッカ/ラズベリー・ドリーム」

わたしは一応ベース弾きなんですけども、実はこの曲が「初めて人前で演奏した曲」でもあり個人的にとても思い入れが強いです。
しかもこの曲をバッキバキのスラッピングで演奏するという無茶をやらかしましたが、そこそこ評判は良かったように思います。自分で言うのもなんですけど......ね。




「爆風スランプ/せたがやたがやせ」

爆風イコール江川ほーじんなので、ほーじん脱退以降は全く聴いていないです。
にしても「世田谷耕せ」とはものすごいタイトルだし歌詞もいいです。
いつかこの街田んぼにするぜ!
という男の夢。幸せになりたい。ただ、幸せになりたい。
そのために耕します。世田谷を。




「永井真理子/ロンリイザウルス」

うへぇ、かわいいなぁ。
いい声してますなぁ。
でも、なんかこう、むず痒くなってくるものがありますよね。
これみよがしにシャツをジーパンの中に入れてみたりとか
靴とかジーパンの裾のまくりっぷりとか。
でもでも、胸にキュン♡っとくる名曲です。




「プリンセスプリンセス/GET CRAZY!」

泣く子も笑って踊り出す、ガールズロックバンドの最高峰。
とにかくめちゃくちゃロックです。男前です。女の子ですけども。
久々に聴いて驚いたんですけども、もうとんでもなく音が太くてね。
野太いです。骨太です。元気が出てきますよね。



「米米CLUB/KOME KOME WAR」

FUNK FUJIYAMAといいこのKOME KOME WARといい、当時の日本で一番FUNKを理解していたバンド。
しかもこのライブ版などは原曲がどんなんだったか分らなくなるぐらいにアレンジされまくっております。まさに圧巻!


.....というわけでこれがわたしの昭和歌謡大全集なわけですが、きっと人の数だけ「昭和歌謡大全集」があるのでしょう。いろんな人の「あの曲が良かった、この曲が好きだった」というのが知りたい今日この頃でございます。

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
1

PSY・S(サイズ)  音楽


なんとなーくようつべさんを漁っていて、懐かしのPSY・S(サイズ)を聴いておりましたら、なんかもう泣けてきてしまいまして、Twitterでも呟きまくったほどなんですけども、せっかくなんでブログに動画も貼っておこうと思います。




「ファジィな痛み」

ファジィという言葉を聞くのも随分久しぶりですが、こういう悲しげで透明感のある曲にわたしは滅法弱いです。もうこの時点で涙目。




「Wondering up and down 〜水のマージナル」

こちらはライブ版ですが、レコーディングとの差が殆ど無いのが凄いです。実力も物凄くあるバンドだったのだなぁ、と今更ながら思うわけで。
あと、ボーカルのチャカさんの伸びやかな歌声とメロディ・ラインはなんかこう、子供の頃の夏休みの情景を思い起こさせるものがあり、もうここで涙腺が決壊してます。
映画「スペイン一家監禁事件」とかを褒めちぎるような男をも泣かすチャカさんの歌声はまさに唯一無二と言えるでしょう。





「Parachute Limit」

泣かされてばかりいますのでここはアップテンポで明るい曲を。
サイズの中でも1、2を争う超名曲。
映像を観ると「古いなぁ」と思ってしまいますが、その「音」は今もなお色褪せることはなく、キラッキラに輝き続けておりますよ。



サイズはもう既に解散してしまっていて、知っているのは80年代に思春期だったわたしのような年代の人しか居ないと思いますが、是非若い人にも知ってもらいたいなぁ、うん。


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
4




AutoPage最新お知らせ