1段左:第五クラブ団旗 1段右:H27年度 2段左:H28年度 2段右:H29年度 3段左:H30年度 3段右:R1年度 4段左:R2年度 4段右:R3年度
関父さんの第五応援日記5  頑張れ第五!!応援日記

クリックすると元のサイズで表示します  「第五クラブの子供達 ( o≧д≦)oガンバレー!!  関父 日記」 5

◆スコアボード
 6月30日 6年生以下 ランバー杯5試合目 vs 東野小レッズ戦

 上福岡第五クラブ    
 0 2 0 0 0 1 0   3
 0 0 4 0 0 1 X   5 
 東野小レッズ


◆試合実況

ランバー杯はこれまで1勝3敗という成績。予選リーグでは全部で9試合を予定しているので東野小レッズとの試合が折り返し地点。先週の読売大会は完膚なきままに抑えこまれてしまったので打線の奮起を期待しつつ、今日も第五は先攻です。
1回表、トップバッターの仙葉がいきなり三振に倒れ、その後、2番、3番も凡退。うーん、前の試合から打線に勢いがない。
1回裏、第五先発はいつものように児波。先頭にフォアボールを出すも、緩急をつけるピッチングでかわし、0点に抑える。

2回表、先頭児波のセンター前、島田のライト線への2塁打で何といきなりノーアウト2、3塁の大チャンス。ここで6番奥冨はショート正面のゴロで、3塁ランナー児波動けず、と思いきや、ショートが1塁へ送球すると同時にスタート。ファーストからの返球が少し遅れたこともあり、先制点!
追加点が欲しいところだが、7番山口が浅いライトフライを打ち上れっずげる。しかし3塁ランナーの島田はなぜかベースには帰塁せずに、タッチアップのスタートを切る。。と、周りに止められ、3塁へ急いで戻るもライトからの返球を受け取ったキャッチャーからの送球が3塁へ、と逸れた。。ということでラッキーな2点目をいただく。
2回裏、取られたその後の守りが大切。と期待通りに初回と同じく緩急をつけたピッチングで0点に。いいねぇ

3回表は2番堀内の綺麗なセンター前ヒットが出たが、他が続かず0点。
3回裏、先頭バッターがサード5mほど後方への高いフライを打ち上げる。サード関野、ショート堀内が、どちらのボールか迷い一瞬スタートが遅れ、堀内追いつくも落球。そして1番に戻り、垣見(草)くんがセーフティーバントを決め、ノーアウト1、2塁。送りバントで2、3塁。ここで3番高畑くんをセカンドゴロに仕留めるものの、エラーで3塁ランナーが還りレッズに1点目を献上。そして盗塁でまた2、3塁。今度こそ4番バッターをサードゴロに。そして、3塁ランナー飛び出していたのでタッチしてそのままファーストでゲッツーかと思いきや、サード関野が3塁ランナーをすぐにタッチすることできず、ランダンプレーの結果、送球エラーにより、2塁ランナーも一気に還り、3点目。ここで5番伊藤くんが左中間を真っ二つに割る2塁打で4点目献上。このランダンプレーは練習でも結構やってるのに、うーん、、もったいない。そして、ミスで取られた点数なだけにベンチ雰囲気もいまいち。。

と言っても、取られたものはしょうがない。気を取り直して、といきたいところだが、4回表、第五4番からの攻撃はあっさり三者凡退。
4回裏、先頭バッターの8番福原くんがセンター前で出塁+盗塁でランナー3塁。ここでショートゴロの間に2塁ランナーが3塁へ進塁しようとしたところをファースト島田の好送球により、3塁タッチアウト。うまく流れ断ち切って0点に抑える。

5回表、背番号10番をつけた清水くんがマウンドに。こっちがエースなのかな?少なくともマウンドさばきを見てると先発の和田くんはまだマウンドに慣れていない感じ。で、あっさりと清水くんに抑えられた。。
5回裏、児波も踏ん張りこの試合始めての三者凡退。見方の反撃を待つのみ。

さて6回表、先頭の仙葉、続く堀内が倒れ、3番関野。外角気味の球をしっかり振りぬいた打球はファーストライナー。強い打球だったことも幸いし、ファーストのグラブを弾く形でライト線抜ける2塁打。ここで当たっている児波もライト方向にヒットを打つと、2塁ランナーの関野は一気にホームへ。1点差!まだ分からない。
6回裏、簡単にツーアウト取るも、ピンチヒッター遠藤くんがレフト方向に高いフライ。ライト奥冨の頭を越え、2塁打に。続くピッチャー清水くんがレフト線近くへの強烈な打球により1点追加される。3対5、まだ2点差いけるでしょ。

さて最終回、なんとか粘って追いついてほしい。と思うも、代わったピッチャー垣見くんに、6番奥冨、7番速水山口の代打)、8番梅澤五十嵐の代打)があえなく3人で倒れ、ゲームセット。。2点差なのに粘りが全くなかった。
 
◆明日の勝利に向けて

ヒット数で比べるとお互いに6本ずつ。しかしこの点差につながったのは間違いなく、内野陣のエラーの有る無し。しいては集中力とも言えるかもしれないが。

ただ、この試合では児波がフォアボール2つで先発ピッチャーとして試合を作ったのはひとつの収穫。

攻撃面では6年生4人が全員安打(逆に6年しかヒットはなかった)で、当たりが出てきたこと。
一応スコア上もいい試合っぽい(笑)。

課題は、守備ではイージープレイをきちんと最後までさばくこと、攻撃ではもっと相手を飲むこと(自分たちが攻めているのにバッターボックスやランナー出た時とか余裕がなさすぎ、、、)かな。
来週はまたランバー杯があり、浦和西バッファローズらしい。今度はいい試合して勝とうぜ〜
 
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ