平成27年 第29回全日本小学生女子ソフトボール大会 田中・黒田原フレンズ優勝     平成25年度第24回関東中学選抜ソフトボール大会 黒田原優勝 平成25年度中学総体第35回全国中学校ソフトボール大会 黒田原準優勝 おめでとう第10期栃木県選抜中学全国準優勝

2012/4/29

第63回県北中学校ソフトボール大会2日目  ソフトボール中学

クリックすると元のサイズで表示します

      準々決勝   厚崎中VS西那須野中
クリックすると元のサイズで表示します
@走者一塁。投手が2秒停止せず投球した
     準々決勝   金田南中VS塩谷中
クリックすると元のサイズで表示します
6−1項5.投球動作に入るときは、身体の前または横で球を両手で持ち、2秒以上、5秒以内身体を完全に停止しなければならない
〈効果〉 1
 (1) ディレードデッドボール
 (2) 不正投球

7−5項  ボール
3.不正投球が宣告されたとき。
〈効果〉 3
 (1) ボールデッド。
 (2) 走者に1個の安全進塁権が与えられる

8−4項  走者に安全進塁権が与えられる場合
5.不正投球が宣告されたとき
〈効果〉 6
 ディレードデッドボール。
(1) 投球のとき
  走者(打者走者を含む)には、投球時に占めていた塁から1個の安全進塁権が与えられる

競技者必携審判員の基本動作
ディレード・デッドボール」を示すため、左手を握って横に出し、“ディレードデッドボール”とコールし、次いで右手で違反者を指さし、“イリーガルピッチ”とコールする。
 プレイの成立を確認の上、必要があれば“タイム”のコールとゼスチュアをし、正しい処置をする。

      準々決勝   喜連川中VS黒羽中
クリックすると元のサイズで表示します
  双方とも打力がいいですね。
@ボールの宣告。一塁走者は二塁に進塁。
かりに打者が不正投球を打った場合
投手が不正投球をし、打者が打った場合。(空振りのときを除く)
 1) ディレードデッドボール。
 2) 攻撃側の監督にプレイの結果を生かすか、不正投球をとるかの選択権が与えられる。 
  (注) 不正投球を打者が打って一塁に進み、他のすべての走者が少なくとも1個の進塁をしたときは、その不正投球は取り消される。

    準々決勝   黒田原中VS東陽中
クリックすると元のサイズで表示します
Aワンナウト、走者二・三塁、打者ノーストライク・ノーボール。投手(右投げ)が投球動作に入り、自由足(左足)が投手板から離れていた状態から飛び出し投球した
クリックすると元のサイズで表示します
6−1項  投球の準備
 1.投手は球を持たないで、投手板上またはその付近で投球姿勢をとってはならない。
 2.捕手が捕手席内にいないときは、投手は投球位置にいるとはみなさない。
 3.投手板を踏むときは、必ず両手を離して両足を投手板に触れていなければならない
  そのとき、一塁と三塁を結んだ線に両腰を合わせる。
 4.捕手のサインを見るときは、投手板上で両手を離して、グラブあるいは投球する手に球を保持しなければならない。
 〈効果〉 1
 (1) ディレードデッドボール
 (2) 不正投球
競技者必携
10.投手板の踏み方・踏み出し方
クリックすると元のサイズで表示します
       投球動作中のクローホップは、認められる。
クリックすると元のサイズで表示します
A打者には、ワンボールが与えられ、(投球がボールならそのまま)各走者は1個の進塁。三塁走者の得点が認められた
クリックすると元のサイズで表示します
那須町中学校同士の息詰まる接戦
クリックすると元のサイズで表示します
双方とも常に走者を抱える攻撃
クリックすると元のサイズで表示します
Bスラップ・・・打者が打者席内を走り出しながら打撃し、走塁するプレイ。
ワンなうと走者なし。投球を見送りながら打者席を出ていた。際どいスラッパー・・・・
第2球、左打席の打者席を完全に右足を出して(着地)ショートごろを打った
クリックすると元のサイズで表示します
   貴重なタイムリーを放った。
7−6項6.打者が打者席外に足を完全に踏み出し、再び打者席内に戻って投球を打ったり、バットに当てたりしたとき
 (注) バットに当たらなかったときは、不正打球にはならず、ボールインプレイである。
 〈効果〉 4〜8
 (1) ボールデッド
 (2) 打者アウト。(走者は進塁できない)
クリックすると元のサイズで表示します
競技者必携 審判員の基本動作
球審は、打者を指さして“不正打球バッターアウト”とコールする。
クリックすると元のサイズで表示します
この不正打球バッターアウトは、この準々決勝ではなく、準決勝で起こった。
クリックすると元のサイズで表示します
スラピストが出てくると、投球判定と打者席ラインに踵がかかっているか、ホームプレートに触れているかを確認しなければならないジャッジの見極めが重要である。・・・・大変である

クリックすると元のサイズで表示します
      準決勝 厚崎中VS塩谷中

クリックすると元のサイズで表示します
      準決勝 黒中VS黒中
クリックすると元のサイズで表示します
C何が起きた?!
ワンナウト、走者二・三塁。ピンチヒッターが三塁線へのゴロ。エンドランでバックホームで三塁走者はタッチアウト。ツーアウトとなる。・・・打者走者が勘違いし、一塁を踏んだあと三塁ベンチに戻りホームプレート付近に来た。捕手が気がつき、一塁送球。送球を受けた一塁手が一塁キャンバスに触球(タッチ)した。この間に二塁走者がホームに走り込みバックホームしたが捕手が球をこぼしセーフの判定。
クリックすると元のサイズで表示します
8−2項  打者走者がアウトになる場合
4.フェアボールを打ったり、四球や第3ストライクの落球により打者走者になったが、一塁に向かわないで味方のベンチに入ったとき
  (注) 死球の場合を除く。
〈効果〉 1〜5
 (1) ボールインプレイ。
 (2) 打者走者アウト
クリックすると元のサイズで表示します
この場合、一塁に到達したので打者走者から一塁走者になっている。
8−6項  走者がアウトになる場合
8.走者が塁を離れ、進塁する意志を明らかに放棄してベンチに入ったり、競技場外へ出たとき
〈効果〉 1〜8
 (1)ボールインプレイ。
 (2)その走者はアウトになる
クリックすると元のサイズで表示します
ケースブック8096 【8−6項8 走者がアウトになる場合】 打者がバントして一塁に達したが、ファウルボールと勘違いして塁を離れ、本塁方向に引き返しかけた。一塁手は球を保持して進塁放棄をアピールした
-------------------------------
一塁での進塁放棄は走者がベンチに入るか、競技場外に出るまでは認められない
クリックすると元のサイズで表示します
8−6項走者がアウトになる場合
2.ボールインプレイ中、走者が塁に触れていないときに野手に正しく触球されたとき
1−43項 リーガル タッチ  LEGAL TOUCH(正しい触球)とは、走者・打者走者が塁に触れていないとき、または占有権のない塁に触れているとき、野手によって触球されることをいう
 1.ベースタッチは、野手が手かグラブ・ミットで球を確捕し、球またはグラブ・ミットを塁(ベース)にタッチするか、身体の一部が塁(ベース)に触れればよい。
 2.打者走者および走者へのタッチは、野手が手かグラブ・ミットで球を確捕し、球かグラブ・ミットで走者に触れればよい
 (注) 野手が触球したとき、球をジャッグルしたり、落としたときは、球を確捕しているとみはなさない。
クリックすると元のサイズで表示します
C一塁到達した走者は、一塁を離れているだけなので一・二塁間にいる走者となっている状態のため、走者の体にタッチしなければならない。二塁走者のホームインが認められた。
双方のプレイヤーは慌てていたが審判団は落ち着いて正しく判定されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
   明日4月30日に決勝戦が行われます。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ