平成30年より岩手県自転車サポートページになります。 自転車競技場 は紫波町にあります。 日曜日は初心者や一般に無料開放しています。貸し出し自転車もあり、指導者が案内します。貸し出しや、 紫波自転車競技場開放日程・利用料金他 は、自転車競技場に掲示しています。是非、覗いて見て下さい。 (2010年千葉国体天皇杯得点1点)( 2011年山口国体天皇杯得点8点 )・ 2020 TOKYOオリンピック決定スポンサーリンクいわて各種大会・・全国高等学校歴代優勝記録集日本自転車競技連盟レース情報論説関係写真・動画フォト蔵写真館サイクリスト写真世界地図
山口国体結果報告  

山口国体自転車競技、少年スプリントと少年ケイリン種目の2人の選手がともに5位入賞を果たしました。

少年スプリントについては、高木選手が、秋田インターハイ前の県内大会において、10秒台のタイムを出しましたので、期待していました。インターハイは入賞に至りませんでしたが、実力を出し切れば、入賞もあると、最低でも8位確保の予想はしていましたが、それ以上の結果をたたき出してくれました。
予選は9位通過でしたが、8分の1決勝では、8位の選手相手に先行し、逃げ切りに成功し、予想関門を突破、4分の1決勝に進み、予選タイム1位の選手と対戦しましたが、4コーナーから先行され、11秒1で逃げ切られ、これは、納得せざるを得ませんでした。
5〜8位決定戦では、4コーナー前から積極的に出て先行し、刺されて、2位通過でしたが、1位選手が走路妨害で降格になり、5位に繰り上げ決定でした。

少年ケイリンに出場した藤根選手ですが、予選敗退からの船出でした。敗者復活戦で、まくりの積極戦法で2次予選にコマを進め、さらに2次予選(準決勝)でも2位で通過し、決勝も4番手からのバックまくり戦法は立派な積極戦法に満足しています。
2人とも、素晴らしい戦い方で、ともに5位に入賞した事に胸をなでおろしたしだいですし、最高の結果を出してくれたと思います。

この成績は兵庫国体の時出した6点以来との事で、高校北日本大会で活躍した選手が加われば、さらに好成績が望めると思われます。
今回も初日は雨が降り、ローラー練習での調整で、毎回ですが、こんな時の場所が少ないのと場所が狭いのが印象でしたが、岩手チームはこんな時もばたばたせず。淡々と調整して、試合に望んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ