2020/10/21  19:33  クイーンズ駅伝予選会 「プリンセス駅伝2020」  実業団陸上(駅伝等含む)

 第40回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝、11月22日、宮城県)の第6回全国統一予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、RKB毎日放送共催、福岡県宗像市・福津市など後援)は10月18日、宗像市の宗像ユリックスを発着点とする6区間42・195キロのコースに28チームが参加して行われ、積水化学が2時間17分3秒で優勝した。2位はヤマダホールディングス、3位は大塚製薬。上位14チームが全日本大会への出場権を獲得した。全日本大会優勝2回の第一生命グループは15位で連続出場が21年で途切れた。

 積水化学は今季加入したハーフマラソン日本記録保持者の新谷仁美がエース区間の3区で従来の記録を1分以上更新する区間新記録の快走。他選手も好走し、2年連続の1位で予選通過を決めた。

 全日本大会は前回大会で8位以内のシードチームを含む22チームで争われる。

 大会は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、沿道での観戦自粛を呼びかける中で行われた。


● 総合結果 6区間・42.195km

@ 積水化学

A ヤマダホールディングス

B 大塚製薬

C 九電工

D 資生堂

E エディオン

F 日立

G ルートインホテルズ

H シスメックス

I ユニバーサルエンターテインメント

J 肥後銀行

K スターツ

L 鹿児島銀行

M ホクレン

=========以上、本大会「クイーンズ駅伝」出場権獲得

N 第一生命グループ

O ニトリ

P 岩谷産業

Q しまむら

R ユニクロ

S TOTO

㉑ 十八親和銀行

㉒ キヤノン

㉓ 宮崎銀行

㉔ 小島プレス

㉕ 愛媛銀行

㉖ 埼玉医科大グループ

㉗ メモリード

 ※1区途中棄権 京セラ

【 毎日新聞 2020年10月18日(日)18時04分】

● 詳細結果はこちらから

● 第40回本大会 シードチーム

2019年第39回大会8位以内入賞チーム
(通称 クイーンズエイト)
1) JP日本郵政グループ

2) ダイハツ (+0:05)

3) パナソニック (+0:11)

4) 天満屋 (+0:28)

5) ワコール (+0:57)

6) 三井住友海上 (+1:04)

7) デンソー(+1:21)

8) 豊田自動織機 (+1:24)

( )内のタイムは1位との差


● ここは絶対に読んでおきたい記事(↓ 画像をクリック)
※ 毎日新聞より
クリックすると元のサイズで表示します


複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由は

毎日新聞2020年10月18日 21時01分(最終更新 10月20日 12時18分)

福岡県内で18日に開催された第6回全日本実業団対抗女子駅伝予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」で、今年も複数の選手が脱水症状によるアクシデントに見舞われた。レース中に倒れて棄権した選手や、フィニッシュ直前に蛇行しながら走った選手もいた。この数年間で、レース中の骨折や脱水症状などアクシデントが目立つ理由を探った。

 棄権したのは、5年連続の全日本大会出場を目指した京セラ。1区の岡田佳子が脱水症状で全身にけいれんを起こし、第1中継所の約100メートル手前で倒れた。懸命に起き上がろうとしたがレース続行は厳しく、大会審判長の判断で途中棄権とし近くの病院に搬送。大事には至らなかった。

 プリンセス駅伝では、2017年に予選突破圏内で走っていたエディオンの選手がフィニッシュ直前に脱水症状で倒れて棄権。18年には岩谷産業の選手が右脚を骨折し、転倒。中継所までの約300メートルほど地面をはってたすきを渡したほか、三井住友海上の選手も脱水症状を起こして何度もふらついた後、コース脇の草むらに倒れ込んで途中棄権した。

 主催の日本実業団陸上競技連合は18年の大会後、レース中に選手が故障などで「走行不能」となった場合、選手の安全を第一として本人が競技続行を希望しても審判が止める規定を明文化した。今回の京セラのケースでは、第1中継所の担当の審判から連絡を受けた審判長がチームに確認する前に、すぐに棄権と判断した。

 同連合は「チームに連絡すれば、その分判断が遅れる可能性がある。教訓を生かせた」と説明。京セラの古瀬麻美監督代理も「付き添いの選手に棄権と伝えたが、その前に大会側が判断して救急車を呼んでくれた」と感謝していた。

 なぜプリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐのか。陸上関係者は二つの理由を挙げる。

 一つは10月開催による暑さの影響だ。この日の宗像市の最高気温は21・5度(午後0時20分時点)。午後0時10分のスタート時も、日差しが強かった。出場チームの監督は「季節の変わり目で秋の涼しい日に慣れてきたところで急に暑くなった。選手は対応が難しい」と話す。

 開催時期を巡っては気象条件を考慮して10月末にすべきだとの意見も出たが、他の大会との調整もあり「10月の第3日曜日」と決まった。同連合の幹部は「毎年のようにトラブルがあり、再度日程を検討すべきだ」と指摘する。

 ただし全国規模の大会は同じ日に行わないという陸上界の不文律があり、翌週に開催される全日本大学女子駅伝との重複を避けたという。変更するとしても地元の行政や関係者の了承が必要で、最低でも数年かかる見通しで容易ではない。


 もう一つは、予選突破への重圧である。以前は東日本など3地区での予選で一定の記録を出せば本大会に進めたが、15年に予選が一本化。タイムでの「救済」はなく、上位14チームに出場権が絞られ、道は険しくなった。企業のPRなどにつながるとして駅伝を最重視するチームは多く、予選敗退で指導者が解雇されるケースもある。

 京セラの1区の岡田は大卒のルーキーで、実業団駅伝は初めての出場だった。大会前に体調や故障などの不安はなかったという。チームは水分補給の状況などを含めて再発防止に努めるが、古瀬監督代理は「脱水症状の理由には精神的なものがあるかもしれない」と気遣った。【小林悠太】

2020/10/11  20:51  恐るべし 外国人留学生Power  新潟県内情報

2020年10月11日(日)
新潟市 デンカビッグスワンスタジアムで
「2020年度 第3回新潟県陸上競技記録会」開催。

女子3000m、男女5000mの各記録に注目していたところ

「女子5000m 決勝」で開志国際高(3年)のマーガレット アキドル
15分13秒62
この記録は従来の女子5000m新潟県高校最高記録15分58秒15(※1)(藤石佳奈子、三条高、2010年11月)を大幅に上回る
新潟県高校国内国際最高記録 ということになりました。

この記録会は2020年7月18日以降に新潟県内で開催されている県内選手を対象とした陸上大会・小学生大会・高校記録会・中学記録会などと同様に原則一般客の入場は不可(※2)となっているため自分は競技会そのものを見ることはできない。
そのため、マーガレット選手がどんなペースで走っているかは知らない。
ただし 夕方5時になっても気温が24℃という高温の状態の中、フィニッシュタイムを1000m平均で換算すると1000m平均3分3秒以内で走っているからこれはもう驚異的を言えるでしょう。
これによりマーガレット選手は女子1500m、3000m、5000mの3種目で新潟県高校国内国際最高記録保持者となり、5000m以外の2種目は同県高校国内国際記録として扱われることになります。

なお、2020年10月23日㈮から3日間 広島・エディオンスタジアムで開催される全国高校インターハイの代替大会「全国高等学校陸上競技大会2020」の方にはマーガレット選手は出場しないので、次のターゲットは今月29日に開催される「全国高校駅伝2020新潟県予選会」(※3)の走りに注目といったところでしょうか?
マーガレット選手の走りに、今後も注目したいところです。

参考 2020年10月11日(日) 新潟市中央区の気象情報

クリックすると元のサイズで表示します




●補足説明
(※1) 女子5000mについては、全国高校総体(インターハイ)の正式種目ではないので、陸上競技マガジンおよび月刊陸上競技では各カテゴリーにおける大会内(全国高校総体、全国中学校体育大会 いわゆる全中)で正式種目のメニューに入っていない種目は「最高記録」として扱っている。当ブログ管理者もそれに倣って「最高記録」と表記している。

(※2)2020年7月18日以降、新潟県内で行われる陸上大会は、一部の競技会・記録会(小学生大会など)においては例外的に保護者の観戦が認められてはいるものの、ほぼすべての大会・競技会等で一般客の観戦はお断りの状態が同年10月になっても続いている。
ただし、2020年10月1日から3日間、デンカビッグスワンスタジアムで開催された第104回日本陸上競技選手権大会(メイン競技会)では、例外的に各日2000人限定で、新潟県に住んでいる一般客の、スタジアムでの観戦が認められた。
なお、日本選手権の主催はあくまで「日本陸上競技連盟」であって、新潟陸上競技協会主催ではない。

(※3)全国高校駅伝2020年新潟県予選会は、当初弥彦村で行われる予定だった「新潟県高校駅伝」をやめる替わりに、トラック競技合計タイム形式に方法を変え、10月29日(木) デンカビッグスワンスタジアムで開催される、というものである。もちろん新型コロナウィルスの影響による対策の一環である。
詳細記事はこちらを参照

2020/10/9  21:00  2020全国高校駅伝 新潟県予選会について  新潟県内情報

表題の件、当初の予定から
開催日、会場、競技方式(やり方)が変更になりました。

当初の予定
「2020新潟県高校駅伝」
10月30日㈮ サンビレッジ弥彦前発着点 駅伝コース
もちろん女子 5区間21.0975km、男子 7区間 42.195kmのたすきリレー

     ↓
  (変更)
2020全国高校駅伝 新潟県予選会
10月29日㈭ デンカビッグスワンスタジアム

トラックレース 合計タイム形式に変更

● 概要(あくまでこちらの想定です)

【女子】5レース 21.0975km
1組(1区) 6000m
2組(2区) 4097.5m
3組(3区) 3000m
4組(4区) 3000m
5組(5区) 5000m

ただし、女子2組目が4000mの距離設定になった場合は総距離は21kmとなる。
なお、男女とも最長距離となる1組目に外国人留学生選手は出走できない。

【男子】7レース 42.195km
1組(1区) 10000m
2組(2区) 3000m
3組(3区) 8107.5m
4組(4区) 8087.5m
5組(5区) 3000m
6組(6区) 5000m
7組(7区) 5000m

ただし、男子3組・4組が端数切捨てにより両組とも8000mになった場合は総距離42kmとなる。


【注意】
以上の情報は、あくまでこちらの想定です。
詳細の要項はアスリートランキングのページで後日ご確認ください。
なお、アスリートランキングのページが万一更新されなかった場合は、出場を予定している各学校陸上部の長距離指導顧問の先生方に直接お問い合わせしていただければと思います。
本来なら、新潟県高体連陸上競技部のHPの方で正式に発表するのが筋かと思われますが、
同HPは今年4月15日以降更新がストップしているので、まったくあてにはなりません。
そのようなことですので、よろしくお願いします。
http://games.athleteranking.com/gamelist.php

【その他】
@ 11月に新潟県高校駅伝コース(弥彦村)で行われる予定だった
『北信越高校駅伝』は中止となった。

A 今年の全国高校駅伝は、例の新型コロナウィルスの対策を徹底した状態で開催されるので各県の大会で1位になったからといっても安心はできない。
詳細は全国大会HPを参照のこと



以上、2020全国高校駅伝新潟県予選会
開催日、会場、競技方法変更のお知らせでした。




2020/9/28  6:38  テレビ放送のお知らせ 2020年9月28日 NHK新潟 新潟ニュース610  新潟県内情報

NHK総合テレビ (新潟放送局)
新潟ニュース610 平日 18時10分〜19時放送

2020年9月28日㈪放送予定
「陸上日本選手権に挑む新潟の女子高校生」


さぁ、いったいどんな内容でしょうか?
新潟県限定できょう夕方放送です。

2020/9/26  6:21  第104回日本陸上競技選手権 混成競技  日本国内競技会情報

第104回日本陸上競技選手権大会・混成競技
兼 U20全国陸上競技大会・混成競技


2020年9月26日(土)・27日(日) 長野市営陸上競技場


日本陸上競技連盟 大会HP

【 特記事項 】

● 当大会も無観客で実施するため、YouTube ライブ配信 実施

「長野県陸上競技選手権大会」リレー競技大会がプログラムの中に組み込まれる。(すべてタイムレース決勝で実施)

● 104回日本選手権、混成競技・長距離を除くその他の種目は
10月1日(木)から3日間、新潟市・デンカビッグスワンスタジアムで開催

2020/9/20  19:06  テレビ放送のお知らせ TBSテレビ「全日本実業団陸上2020」  実業団陸上(駅伝等含む)

第68回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

2020年9月18日㈮から3日間 埼玉県熊谷市 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

● 大会情報の詳細は正式大会名をクリック(日本実業団陸上競技連合HP)

※ テレビ放送タイトル 「全日本実業団陸上2020」 by TBSテレビ
TBS番組HPはこちら

<放送日時> このあと9月20日㈰深夜 2時05分から TBSテレビのみで放送
今回もこの全日本実業団陸上、炎の体育会TVとのコラボ収録はありませんので
3日間の大会の総集編がすぐ放送されることになりました。

興味がある方はご覧ください。
テレビ朝日「ゲットスポーツ」の日本インカレ陸上2020よりも放送が早いんですよね。

2020/9/20  7:38  まるでZOOM運動会?  駅伝情報

第52回全日本大学駅伝 北信越地区代表校選考競技会

2019年9月19日(土)下記3競技場で一斉開催 

新型コロナウイルスCOVID-19の対策として主管団体の北信越学生陸上連盟が知恵を絞った結果、今回の選考会は出場5校が3つの会場に分かれて競技(トラック男子10000m)を行うという異例のスタイルとなった。

北信越学生陸上競技連盟HPより 実施要項

● 出場校と競技会場
新潟大学と新潟医療福祉大学 (新潟医療福祉大陸上競技場)
富山大学と金沢大学 (富山市 五福運動公園陸上競技場)
信州大学  (長野市営陸上競技場)

● 代表校(枠=1)決定方法
トラック10000m 各校最大10名が出場し、各校上位8名合計タイムの比較で
優勝校のみが伊勢路への切符を手にする。

● その他
3会場 同時刻一斉スタート(16時スタート)
ZOOM中継実施
各会場とも選手・競技役員以外は入場不可

ということで、これだと完全にZOOM運動会という感じですねぇ
関係者はモニターで3画面同時に走りの様子は見れても、
走っている選手は、他会場の選手がどういう走りをしているか全く見えないので
正に「見えない敵」と戦っていることになります。
まして、長野会場の信州大学は同大学の選手10名しかいませんから、「己との戦い」&「見えない敵との戦い」ということになっていました。

● 最終結果 (詳細は後日発表予定)
1) 4時間11分45秒99 信州大
  大会新記録、大会最高

2) 4時間14分32秒55 新潟医療福祉大
3) 4時間14分46秒39 新潟大
4) 4時間27分55秒47 富山大
5) 4時間47分26秒29 金沢大

(従来の大会最高記録 2014年信州大 4:15:26.85)

今年の当選考会(一般的には「予選会」と呼ばれている)
当初7月に行われる予定だったのが9月(つまりこの時期)に開催ということで
気温が比較的涼しいことから走りやすい条件で各選手が走って、いい記録が出た、といったところでしょう。
ただ、スタート時刻の16時の気温、各競技場に近い気象台観測地点の気温を見ると
新潟24℃台、富山26℃台、長野21℃台ということで、気象条件は長野会場の信州大には明らかに有利な条件だったということがいえると思います。
今回はこのような形で分離開催になりましたが、いつの日か昨年までのように一同に会して選考会ができることを期待したいと思います。
なお全日本大学女子駅伝(女子の方)の北信越代表選考会に関しては、新潟医療福祉大1校のみのエントリーだったため、要項に従いレースは実施されず、それでも同大学は全日本大会への出場権を得たもよう。

2020/9/17  22:43  注目!第68回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会(全日本実業団陸上2020)   実業団陸上(駅伝等含む)

日本実業団陸上競技連合HPはこちら

大会期間 2020年9月18日㈮〜20日㈰
場所:熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(埼玉県熊谷市)

2020年9月11日現在のエントリー選手 

記録速報ページ

動画サイト「応援TV.」でライブ配信実施
開始時刻:18日㈮ 13:30〜 19日㈯ 10:30〜 20日㈰ 9:30〜

そのほかの詳しい情報は実業団陸上連合HPでご確認ください。
ついに「全日本実業団陸上」もライブ配信をやるようになったんですね。
こうなると楽しみですね。

2020/9/16  22:38  天皇賜盃 第89回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ) YouTubeライブ配信について その2  日本学生(大学)陸上

日本学生陸上競技連合 YouTubeチャンネルはこちら

昨年の第88回陸上日本インカレ(岐阜開催)
ここで初めてYouTubeライブ配信が行われたものの、競技場内でも流れる音楽をそのままバンバン流していたため著作権等に引っかかって、結局アーカイヴは全部消されてしまい見られません。
今年のライブ配信では、競技の合間に競技場内でも流れる音楽は、配信の方では出来るだけ流さないようにして対策したもよう。
その結果、9月13日の全競技が終わってからきょうで3日間たった今でも89回大会のアーカイヴは見られるようになっています。
ただ ツイッターの方からも指摘があったとおり、ライブ配信中のチャットでコメントできるようにした結果、選手の誹謗中傷や気分を害するような投稿などでチャット欄が酷かったということで、コメント欄はオフ表示になりました。(当たり前ですね)

これに関しては、日本学生陸上競技連合側でYouTubeライブ配信開始直後すぐにチャットのコメントできないようにしておけばああいう問題は起こらなかったと思います。
(要は、誹謗中傷などの粗悪なコメントが書き込まれることを想定してなかった、といったところでしょうか。)
今回日本インカレで競技役員をされていた方からも「あれ(コメント)はひどかったね」という声があったほどですから。

そして、せっかくライブ配信をやってもらってるのに
ツイッターからは不満の声が上がってますねぇ
こちらをご覧ください

一例をあげると大会3日目男子5000m決勝
選手紹介、最初の400m、ラスト1周の優勝争いしか映さなかったと。
じゃあ、私が撮影したのではないけどフル動画があるので
こちらをご覧ください。



それにしても、今回の陸上日本インカレ
一般客は入場できないということでライブ配信をやりました。
パソコンやスマートフォンを持っている人は見ることができました。
それでもこのライブ配信を「クソ」って言ってる人がいることも事実。
クリックすると元のサイズで表示します

無料でライブ配信が見れることに対して、感謝の気持ちが全くない人もいるもんですね。
さて、次回第90回日本インカレ ライブ配信はどうなるかな?



<補足>
いまほど話題にあがった第89回陸上日本インカレ
男子5000mなども含めて この大会の模様は
来月2020年10月中に テレビ朝日「ゲットスポーツ」という番組で
インカレ陸上2020というタイトルで放送される予定です。
興味がある方は首を長くしてお待ちいただければ、という感じです。
ただしテレビ朝日ほか、一部の朝日系列のテレビ局でしか放送されません。
自分はUX(新潟テレビ21)に「インカレ陸上の回だけでもゲットスポーツを放送してください」と要望のメールを送っておきましたが、放送されるかどうかはわかりません。
以上

2020/9/11  20:27   天皇賜盃 第89回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)当ブログ管理者が選ぶ1日目MVPは?  日本学生(大学)陸上

陸上競技 第89回日本インカレ
1日目 2020年9月11日開催分では
男子の方で大会新記録が二つ出てましたね。
ひとつは男子3000mSCで優勝
高校時代はこの種目で日本高校記録を塗り替えた順天堂大学(洛南高校出身)の1年生
三浦 龍司 選手
もうひとつ、男子走幅跳
最終跳躍で記録を伸ばした日本大学の橋岡優輝選手(4年生)
この種目の日本学生記録保持者 セカンド記録も含めて唯一人の8m台ジャンプ
その橋岡選手 最後の跳躍、会社の仕事が終わってスマホでYouTubeチャンネルにアクセスしたらちょうど橋岡選手が4回目=最後の跳躍を行おうというところでした。ちょうどいいタイミングでビッグジャンプが見れてよかったと思います。
ということで、基本的にはどっちがMVPになるか? おそらく皆さんも迷うと思うので
きょうは特別に 大会新記録を樹立したこの二人を私が選ぶMVPとして選びたいと思います。
お二方、大会新記録での優勝 おめでとうございました。




AutoPage最新お知らせ