注目! 「第50回延岡西日本マラソン」  フルマラソン

● NECスポーツスペシャル 「第50回延岡西日本マラソン」 (制作・著作 テレビ宮崎
2012年2月12日(日) おひる12時〜14時30分まで
フジテレビ系列九州地区7局(沖縄県の沖縄テレビを除く)とBSフジで生中継です!

● スタート時刻・コース
2012年2月12日(日) ひる12時05分スタート!
 宮崎県延岡市・延岡市役所前スタート・フィニッシュ ←→ 日向市原町「チトセホーム」前折り返し 42.195km

● 関連サイト
 テレビ宮崎の番組HP (番組タイトルをクリック)

 延岡市のHP(延岡西日本マラソン)

 速報サイトはGGN速報室

● 関連記事  2月12日、延岡西日本マラソン 池永、喜多ら軸にV争い

2月12日に行われる第50回記念延岡西日本マラソン(九州陸上競技協会、延岡市、西日本新聞社など主催)の大会事務局は27日、出場選手を発表した。招待選手25人を含む428人がエントリー。池永和樹(コニカミノルタ)喜多健一(九電工)野口功太(トヨタ自動車)らを軸に優勝争いが展開されそうだ。

 優勝候補筆頭は、出場選手最高の2時間10分44秒のタイムを持つ池永。ベテランの喜多は3回目の出場でコースを熟知する。昨年6位の野口は初優勝を目指す。九州勢は河野健一(黒崎播磨)石田和也(西鉄)岩田勇治(三菱重工長崎)らの走りに期待。地元の旭化成勢も東野賢治らが出場する。[予定]

 大会は九州三大マラソンの一つに数えられ、若手の登竜門として位置付けられている。歴代優勝者には重松森雄、広島日出国、宗茂、宗猛、川嶋伸次らがいる。

 レースは宮崎県延岡市役所前発着点に午後0時5分スタート。UMKテレビ宮崎が九州7局ネットで生中継するほか、50回記念大会としてBSフジも全国生中継する。

[ =2012/01/27 西日本新聞= ]

石田(西鉄)が初優勝 第50回延岡西日本マラソン

 第50回記念延岡西日本マラソン(西日本新聞社など主催)は12日、宮崎県の延岡市役所前を発着点とする42・195キロで行われ、石田和也(27)=西鉄=が大会歴代3位の好記録となる2時間11分57秒をマークし、マラソン2回目で初の優勝を飾った。

 レースは32キロすぎから石田、池永和樹(コニカミノルタ)、野口功太(トヨタ自動車)、小林光二(SUBARU)の4人で先頭集団を形成。石田が38・5キロ地点でスパートをかけ、そのまま逃げ切った。池永が2時間12分9秒で2位、野口が2時間12分28秒で3位、小林が2時間12分52秒で4位に入った。

[ =2012/02/13付 西日本新聞夕刊= ]


優勝の石田「気持ち良かった」

クリックすると元のサイズで表示します
大混戦の優勝争いを制し、ガッツポーズでフィニッシュする石田

優勝のゴールテープを切った瞬間を、石田は「気持ち良かった」とすがすがしい笑顔で振り返った。

 初マラソンは昨年8月の北海道で、2時間42分3秒と惨敗。今大会に向けて練習はもちろん、マラソンに関する本を読むなど、知識も増やしてきた。勝負を決めた38・5キロ付近からのスパートは、レースの流れで自然と仕掛けたという。

 東海大時代は2005年から3年連続で箱根駅伝に出場した。07年の大会では、昨年の世界選手権代表の佐藤悠基(日清食品グループ)らとともに総合3位にも入った。27歳は「五輪とか、国際大会に出られるように頑張りたい」と、さらなる高みを見据えた。(共同)


※ 詳細記録の方は、PCサイト・携帯サイトの双方に掲載されておりますので、
ここでの転載は割愛させてただきます。
携帯でこのブログをご覧の方は、お手数ではありますが携帯サイトの方で結果をご覧ください。


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ