大会結果 「第33回まつえレディースハーフマラソン」(兼 2012日本学生女子ハーフマラソン選手権大会)  ハーフマラソン 21.0975km 

まつえレディースハーフマラソン 高木選手(名城大学)が初優勝

 松江に春の訪れを告げる「第33回まつえレディースハーフマラソン」(松江市、日本学生陸上競技連合、山陰中央テレビなど主催)が18日、松江市の松江城大手前を発着点に行われた。初のハーフに挑んだ高木綾女選手(名城大1年生)が1時間11分10秒で初優勝した。大学生の優勝は9大会ぶり。

 午前10時2分の号砲を合図に社会人や大学生など、女子81人の選手が一斉にスタート。レースは序盤、高木選手と一昨年優勝のオバレ・ドリカ選手(ケニア/日立製作所所属)の争いになった。高木選手が5キロ過ぎで抜け出し、そのまま独走態勢でゴールインした。2位にはラストスパートをかけた三井綾子選手(立命館大)が入った。3位は京都産業大の九嶋映莉子選手(1時間12分28秒)。大会では初めて大学生がトップ3を占めた。
 高木選手は、
「練習も合わせて15キロ以上走るのは初めて」ながら、2年前優勝のオバレ・ドリカ選手(ケニア)を早々に抜き去って独走。「(勢いで行っちゃって)まさか自分がレースを引っ張るとは考えていなかったので、びっくりしています。4月にポーランドで開かれる世界学生クロカンにつながる走りができました。応援に来てくれた両親に感謝したい」と涙を拭った。
一方、招待選手で一昨年の優勝者オバレ・ドリカ選手は終盤に失速して14位、大島めぐみ選手(東京陸協)は61位とふるわなかった。

[ 2012年3月19日 産経新聞読売新聞朝日新聞Jazzy-K Works ]

● 第33回まつえレディースハーフマラソン (21.0975km) 総合結果 
[ ]内の順位は、 2012日本学生女子ハーフマラソン選手権の順位。(大学生競技者対象)

[ 1]  1) 1:11:10  高木  綾女 (名城大学) 広島・鈴峯女子高
[ 2]  2) 1:12:22  三井  綾子 (立命館大学) 広島・伴中学校 → 福岡・筑紫女学園
[ 3]  3) 1:12:28  九嶋 映莉子 (京都産業大学) 京都・京都光華高
      4) 1:12:45  荻野 恵理子 (ダイハツ) 京都・桂高 → 佛教大学
[ 4]  5) 1:13:06  矢野 麻利亜 (松山大学) 愛媛・済美高
      6) 1:13:26  畑山  明子 (ダイハツ) 静岡・常葉学園菊川高
      7) 1:13:39  大平  彩香 (ダイハツ) 高知・高知山田高
[ 5]  8) 1:13:43  飯田    奏 (大阪芸術大) 千葉・冨里高 
[ 6]  9) 1:13:45  山岡  礼奈 (松山大学) 愛媛・済美高校
[ 7] 10) 1:13:55  齋藤  真希 (福岡大学) 熊本・天草中 → 熊本信愛女学院高
[ 8] 11) 1:14:01  林田 詩緒里 (大阪芸術大) 長崎・諫早高校
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     16) 1:15:19  細野  真由 (兵庫・須磨友が丘高校)

※ 出場者81名(内、完走者73名、途中棄権または各関門制限時間切れ失格者8名)、欠場者30名

その他の種目の詳細結果につきましては大会公式HPでご覧ください。
この大会結果は、2012年大会のものです。 


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ