注目! 第41回ジュニアオリンピック陸上競技大会  中学陸上

第41回ジュニアオリンピック陸上競技大会
2010年10月22日(金)〜24日(日) 横浜市・日産スタジアム (旧名:横浜国際総合競技場)

● 日本陸上競技連盟作成の大会公式ページ

● 同日開催 第94回日本陸上競技選手権・リレー競技大会


○・・・・・・・2010年の日本国内競技会シーズンはいよいよクライマックスへ。
夏の全中陸上とは異なり、学年別でもって全国の中学生アスリート同士が競う「ジュニアオリンピック陸上競技大会」。今年も、日本陸上競技選手権・リレー競技大会を日程の中に交えながら行っていきます。

さて、このブログをご覧のみなさん。今回のJOにおいて、みなさんはどの種目・選手に注目していますか?(コメントできる方はコメントを入力してください。)

個人的に注目しているのはこの人(↓)

クリックすると元のサイズで表示します

中学駅伝ファンならもうおなじみでしょう。
昨年の「第17回全国中学校駅伝大会」で、地元山口勢を見事に逆転して写真の通りに優勝のフィニッシュテープをきった兵庫・稲美北中3年の福田有以選手ですね。
先月に神戸・ユニバーシアード記念陸上競技場で行われた兵庫県中学選手権では、女子1500mの予選で日本中学新記録を樹立(およそ21年ぶりの記録更新だそうです)。タイムは4分19秒46ということで中学生にしてはかなり驚異的ということがいえるでしょう。
このように1500mで「大記録」を打ち立てれば、明後日からの「女子A3000m」(Aは中学3年生相当の年代区分である)でも福田選手には「大記録」を期待しておりますが、どうなりますか。
ちなみに、女子3000mの中学記録は奈良の山中美和子さんが1993年の国体の時にマークした9分10秒18で、この時は「少年共通」ということで高校生と一緒に走った時の記録だった。しかも2000mまで山中さんが先頭集団を引っ張って、最後は抜かれた(4位でフィニッシュ)という内容だったんですが、今回のJOでは、当たり前のことながら中学生同士で走る為、高校生と一緒に走ることはありません。(日体大の競技会じゃないからね)
果たしてこのような状況下で福田選手は予選・決勝をどのようにレースメイクしていくか。その結果が非常に楽しみです。

さて、今年の日本中学陸上界においては、夏は短距離勢の好記録ラッシュに湧きました。
しかし。気候が涼しくなった今は、中・長距離種目勢の頑張りに私は期待します。
JOに出場する中・長距離選手のみなさん。短距離勢の頑張りに負けないよう、頑張ってください。
それでは「第41回ジュニアオリンピック陸上競技大会」&「第94回日本陸上競技選手権・リレー競技大会」競技の方は明日からスタートです。ご注目ください。


※ この記事を読んだ人たちは、こんな記事も読んでます。
注目! 第42回ジュニアオリンピック陸上競技大会
2011年10月27日(金)22:51 Jazzy-K Works アスレチック・ナビ
25



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ