結果速報 「2014笹川流れマラソン大会」 8位以内入賞者  ハーフマラソン 21.0975km 

画像です。

● ハーフマラソン 21.0975q

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


● 10km

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

● 小学生の3km

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

● 中学生の3km

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

速報は以上です。
このあと18時45分からのNHKニュース(新潟県限定)で、今回の「笹川流れ」の映像がもしかしたら紹介されるかもしれません。興味がある方はテレビでご覧ください。

ランネットにも大会結果が掲載されました。
 2014/04/07  21:30

● 男子ハーフマラソン(21.0975km) 詳細記事 
[総合順位]
 1) 1:11:21  村山  知之 (チームT&M) 画像右側
 2) 1:12:03  平山  洋亮 (新発田自衛隊) 画像左側
 
クリックすると元のサイズで表示します

村山知之選手(=ともぞうさん)にお話しをお伺いしました。
男子総合のトップ争いは上記2名のマッチレースということになっており、前半は追い風だったけど折り返したら後半は向かい風がきつかったということもあり平山選手の後ろについていって、残り数キロで前に出て引き離したというレース内容だったそうです。
この知之選手は前月の3月に「第69回びわ湖毎日マラソン」出走しました。
2時間24分48秒で82位というフィニッシュの記録でしたが、
「びわ湖」を走って疲れがある中で勝つことができたと、収穫に満足していた様子がうかがえた反面、「この大会の過去のコースレコード(ハーフマラソンの大会最高記録)は1時間8分台が出ているんですよね」ということも口にされており、決して今回のタイム(1:11:21)には満足していないということもうかがえましたね。
なおチームT&Mとしては、男子ハーフマラソンで村山知之選手が総合優勝、そして男子10kmレースでは渡辺絢也選手(神奈川県出身)が33分02秒で総合優勝を飾っており、一般男子の「総合優勝」を独占するということになりました。
村山麻衣子選手を大分へ送り出し、まさに「チームT&M」の2014年度のスタートをこのような形で滑り出したということは非常にいいことではないか、と思ってます。
よく頑張りましたね。 二人に「あっぱれ」ですね。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ