注目! 「平成26年度春季 下越地区高等学校陸上競技記録会」  新潟県内情報

● 2014年4月20日(土) 新発田市五十公野公園陸上競技場

[同日開催] 2014(第43回)柏崎陸上競技選手権大会 ※ 21日(日)までの2日間開催 
上越市陸上競技協会HPに 要項・競技日程など

2014年度の新潟県陸上界はすでに中体連の陸上競技記録会で幕を開けました。
「中学生の次は高校生の出番」ということで、いよいよ新潟県内の高校生アスリートも4月20日(土)の「高体連春季下越地区陸上記録会」または「43回柏崎陸上選手権」(中・高・学生・一般)で2014年スタートとなります。
今度の土曜日が休みで、どっちの競技会へ行こうか迷っている人も多いかと思いますが、いずれにせよ楽しみにしている人も多いかと思います。

そんな中

只今発売中の陸上競技雑誌2014年5月号には、2014年4月から高校生になる選手たちの進路(=進学先の高校)が掲載されてまして、新潟県関係でいうと男子のみ5選手の名前が「陸マガ」の方に掲載されておりました。 発表しておきましょう。

[男子100m]
大橋  尚之  [三条第一中 → 新潟明訓高校] 
 全中陸上 6位 、ジュニアオリンピック陸上(Aクラス)優勝者

[男子110mH]
加藤  拓馬  [新発田本丸中 → 新発田高校
 全中陸上 6位 、ジュニアオリンピック陸上(Aクラス)も6位

高橋  亜稀  [胎内中条中 → 新潟明訓高校] 
 全中陸上、JOとも準決勝敗退

[男子走高跳]
羽田  充宏  [新津二中 → 新潟南高校
 全中陸上 4位 、ジュニアオリンピック(Aクラス) 3位

[男子中・長距離]
横山   徹  [十日町吉田中 → 中越高校
 ジュニアオリンピック陸上 A男子3000m 8位入賞

※ [追加] 陸マガでは「県内の高校に進学」 月陸では進学先の高校が掲載されていた選手
大湊  晃介  [大崎中 → 開志国際高校] 開志国際高校 HP

 男子走高跳 全中陸上予選落ち

こういったところで、2013年の全中陸上およびジュニアオリンピックで活躍した新潟県内 数選手の進学先の高校が明らかになりました。
高校生になって、どこまで頑張れるか。彼らの頑張りを今後も見守っていきたいと考えてます。
ということで、この中に名前がなかった「その他大勢」の新潟県内新高校1年生陸上部員の進路は、今週末4月20日(土)以降の各大会を見に行けば明らかになる、ということになりますので興味がある方はぜひとも競技場へ足を運んで競技を観ていただければ、という感じです。
それでは、「2014年新潟県高校陸上界」中体連から遅れること1週間、いよいよスタートです。

On Your Marks!
2



2014/4/20  17:42

投稿者:aoiro

大湊 晃介  [大崎中 → 開志国際高校]の情報ありがとうございます。
1年生でどれくらい跳べるか楽しみです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ