ラグビースクールの校長ブログ

1967年設立 今年創立53年目のシーズンです。
幼児から中学3年生までラグビーの楽しさを教えています。

そこの校長の息抜きの場です。
校長もスクールのOBです。

 
http://mrs-rugby.a.la9.jp/

過去ログ

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ao
1試合目のレフリーさんへ

コメントありがとうございます。
字数制限のため、6月3日欄に返信を書き込みしました。
よろしくお願いいたします。
投稿者:1試合目のレフリング
【中学生相手のレフリーはもっとコントロールすべきだどちらかというと取締型でもゆるい】→レフェリーは、ゲームのコーディネーターであるべきとの認識の上、プリベントコール実行、危険予防には厳然と対処、キャプテンとの意思疎通はしているつもり。将来、選手が上のレベルに言った場合、今のレベルで必達実行すべきプレー(逆を言えば、してはいけない反則)は何か、がブレているので【ゆるい】と見られるならば猛省すべき点です。(現実、私のレベルはそれ以前の話かもしれませんけど)
【まわりが何も言わないことがいけないのだろう】→オフィシャルを含め、(未熟なので)アドバイスは大変よく頂いております。昭島コーチのように、ゲームの最中にも「判定」を頂いております。ご意見は、真摯に受け止め、次のゲームに生かせるようノートにしておりますが、「文句」には、発話者の感情を割り引いて聞くようにしています。ただ、ご意見を頂戴する方の、(このクラスの)レフェリーはどうあるべき、の視点がまちまちで、正直混乱しております。
【レフリーには一切文句が言えないそこがデフォルトされて、試合に関しての話題がまるでタブーのようになっている】→ですので、「文句」は個人的な感情や発話者のよって立つ視点をチューニングして聞くようにしています。(個人的な感情を割り引いて文句を聞くのは、人間修養だと考えております)レフェリーを絶対視することをデフォルメし、威厳のあるレフェリーには沈黙し、私のようなレフェリーに対しては、試合中でも判定の野次を飛ばす、これって発話者のラグビーに対する意識の低さだと思います。
乱筆長文、失礼致しました。【取締型】とのご指摘ですが、「もっとうまいレフェリ−になりたい」ってのが本当のところです。「(あのレフェリーへたくそで)見ていられない!もうおれがやるっ!」ってならないようもう少し頑張ります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ