映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
瞬(またたき)  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「瞬(またたき)」

監督/磯村一路
出演/北川景子、大塚寧々、岡田将生、他。

あらすじ/
叔母の経営する生花店で働いている泉美は、美大生の淳一と付き合っていた。ある日、淳一の運転するバイクで桜を観に行った二人は、交通事故に遭遇。淳一は死亡し、泉美だけが生き残ったのだが、泉美は事故当時の記憶を無くしていた…。泉美は淳一への罪悪感から、事故の記憶を取り戻そうとメンタル・クリニックに通うが、どうしても思い出せない。そんなある日、弁護士・真希子に出会った泉美は、彼女に事故原因の解明を依頼する。(goo映画より抜粋)


北川景子ちゃん目当てで借りてきましたよ、「瞬」。
正直しんどい話ではあったのですが、なかなか見応えはありました。
特に終盤に明かされる、「事故」の詳細。

切株派も大満足の凄惨な事故現場。

主人公の北川景子ちゃんは事故の記憶を無くしており、どうにかそれを思い出そうと奔走するわけなんですが、その過程はちょっとしたミステリー仕立てで「一体あの時なにが起っていたのか?」という興味を薄めてしまうこともなく物語が進んで行きますし、実際にそれが思い出されたときの衝撃度はかなりのもの。

二人とも(北川ちゃんと岡田くん)血まみれでよく頑張った。

エライっ!!

で、ラストなどは北川ちゃんが岡田くんの故郷である出雲にいって、岡田くんのお母さんに会ったりお参りしたりして、ようやくふんぎりがついたのかと思ったところで菅井きん登場。この辺からちょっとおかしくなってきます。

「この近くにある坂でお参りしたら一度だけ死んだ主人に会えた.....黄泉の国と現世を繋ぐ坂なのぢゃ」とか菅井きんが言っちゃうもんだから、北川ちゃんいてもたってもいられなくなって、その坂に行ってみることに。

そしたら急に風が吹いてきたり、水面がざわざわと波打ったり、おぉ!?これは岡田くん再登場か!?まさかのスピリチュアル展開かぁ!?と思ったりもしましたが、彼は姿を現すこともなく、北川ちゃんの失われた記憶の、それも最後の断片が甦ってくるだけでした。

「いずみは.....生きてる」
「うん.....あたし、生きてる。」


いや、いいんです。これはこれで、ようやく本当にふんぎりがついたようですので。

只ね、普段から僕は凹む映画とか人の手とか脚とか切れたりする切株映画とか幽霊とか吸血鬼とかゾンビとか殺人鬼とかが出てくる映画ばっか観てるもんですから、このラストのスピリチュアルな展開で超不謹慎な事考えちゃったんですよね。

......急に風が吹いてきて、水面がざわわ。その先には岡田くんが背を向けて立っている。思わず彼を呼んでしまう北川ちゃん。振り向いた岡田くん血まみれ。突然呪怨のかやこさんチックに地面をカサカサーと這い寄ってきて北川ちゃんをあの世にさらっていったらめちゃめちゃ面白いんじゃないかなぁ、とか思っちゃったんですよ。すいません。

あと岡田くんが何故かゾンビとして復活して北川ちゃん食べちゃうとか。もちろんそこから日本全国にゾンビ災害が起ったりしてね。名付けて「出雲ゾンビ」。

もう本当にすいません。

いや、いい映画だったと思います。こんなアホな事考えたあたしの事は気になさらずにみなさんどんどん借りて観ましょうねー


人気ブログランキングへ←クリックしてね〜
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ