映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
パンドラム  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「パンドラム」

原題/PANDORUM
監督/クリスティアン・アルヴァルト
出演/デニス・クエイド、ベン・フォスター、キャム・ギガンデッド、アンチュ・トラウェ、カン・リー、他。

あらすじ/

西暦2174 年。地球滅亡寸前、限られた資源の争奪が頂点に達する。人類は、地球と同じ環境の惑星タニスへの移住を計画する。選ばれし者たちが搭乗した宇宙船エリジウムが旅立った。やがて、2人の飛行士が冷凍睡眠から目から覚ますと、誰もいない宇宙船に乗船していることに気づく。何故そこにいるのか、自分たちが何者なのか全く記憶のない中、船内を捜索していると、彼ら以外にも恐ろしい'何か'が存在 していることに気づく。恐怖とともに次第に明らかになる驚愕の真実とは?パンドラム症とは一体何なのか?(goo映画より抜粋)


最近会社で怪奇現象が起ってまして、ビデオカメラを設置したら何か撮れるんではないかとワクワクしているwataruでございますこんばんは。

この「怪奇現象」というのはわたしが直接目にしたわけではないのですが、本日仕事中に後輩君が、「最近よくモノが落ちるんすよ......」と言ってきたのです。

「モノが落ちる」というのは、工場内(わたしは印刷会社で働いています)の機械の振動とかを考慮に入れても勝手に落ちるものではないものが、何故か落ちてしまうというものでして。しかも、落ちないように堰を作っているにもかかわらず、それを乗り越えて落ちたのです。スプレー缶が。
他にも、きちんと締めたはずの缶のキャップが勝手に外れて落ちたりとか。

わたし自身、「霊感」の類は全くなくて、これまで変なものを見たり聞いたりしたことは一度もありません。何度か「金縛り」的なものも経験してますが、記憶が曖昧でそれが本当に金縛りであったのかわかりません。「金縛りの夢」を見ただけかもしれませんしね。
が、しかし工場内で集中して作業しているとき、視界の端に何か動くものを見て
「あ、誰か来たのかな」
と思ってその方向を見ると誰も居なかったり、というのはしょっちゅうあります。

「気のせい」と言ってしまえばそれで終わりなんですけども、もしかしたら「あなたの知らない世界」(by 新倉イワオ)がすぐ側まできているのかも......なんて思ってしまいます。


むかーし働いていた、とある倉庫。
まぁ普通の倉庫なんですけど、その敷地内に、1本の樹が立ってましてね。
自称「霊感のある人」曰く、「あの樹はちょっとヤバい感じがする」という事だったんですが。
しばらくして、その樹が邪魔だということで切ってしまったんです。
そのすぐ後に、当時の上司だった人が具合が悪くなり入院することになり、そのまま亡くなりました。偶然といえば偶然なのですが、やはり関連付けずにはいられない。ほんとピンピンしてたんですよ、その人。あんな急に亡くなるとは誰も思ってなくて、その知らせを聞いたときには呆然としました.......みんな口には出さなかったけど「あの樹を切ったから」という思いはあったようでしてね。

こういう事があると、ふと、思い出してしまいます。合掌。

さて、思い出話はこのぐらいにして、映画です。
「パンドラム」。
ぶっちゃけ、めっちゃくちゃ面白かったです。

わたしは「エイリアン」とか「イベント・ホライゾン」とか「ゴースト・オブ・マーズ」みたいな、宇宙でウギャー!!みたいな映画がことのほか大好物でしてね。

まずはSF映画でお馴染みの「ハイパー・スリープ」ってやつです。長期間眠っているので、覚醒時に記憶の混乱があり「オレは誰だ?何でこの船に乗ってる??」という右も左も分らない状態から物語はスタートしていきます。
徐々に記憶が戻ってきて、この船はなんなのか、何処に向かっているのか、そしてその目的は?というのが次第に明らかになって行く構成はかなりサスペンスフルで、これだけでもかなりの盛り上げ要素の一つなんですけども、これ以外に「どういうワケだか分らないが船内に食人族がうろついている」というのも、この映画を更に盛り上げて面白くしています。

なんでまた食人族が、というのも後々分りますが、一つ余計だったのがタイトルにもある「パンドラム」という宇宙で起る精神疾患という要素。実はコレが一番重要な筈なんですけども、あんまり絡んできてないような気がします。逆に無くても問題ないくらいじゃないかな。終盤あたりで急に絡んでくる要素なのでちょっと混乱気味って感じ。

色々な要素が盛りだくさんでどうやって収拾つけるのかヤキモキします。ですが、かなり強引な感じはしましたが「オチ」はナイス。かなりナイス。かなり爽快なオチになっておりますので、サスペンスありーの切株ありーのアクションありーのギットギトの濃いめの映画にしてはスカッと爽やかなのどごしで大変おいしゅうございました。


人気ブログランキングへ←クリックしてね♪

1



2011/3/10  22:32

投稿者:wataru

★SUKUKEN君>
明けまして、って遅いわ!もう3月やでぇ〜〜。

倉庫というのは高○平ではなく、また別の所の話です。

あと芹さんの映画も実はもう観ているんですが、映画的に僕は全く受け付けないタイプのものだったので、書くことができません。まぁ芹さん自体は凄い良かったんですけどね!また違う仕事を観てみたいです。

http://sports.ap.teacup.com/watarusuper/

2011/3/9  23:41

投稿者:SUZUKEN

wataruさん

明けましておめでとうございます。だいぶ遅いですが。。今年も飛躍の一年になることをお祈りしております。

倉庫とは私たちが出会った倉庫ですかね?だとしたら恐ろしすぎる。。確かにイワク付きの場所にはありますしね。。。今は違う会社が入っていて、時の流れを感じます。。

宇宙ネタがお好きなwataruさんにはこちらの記事を。年末に向こうのサイトを読んでいて恐ろしかったです。彼らがフレンドリーであります様に。と初詣で祈ったぐらいです(笑)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1230&f=national_1230_031.shtml

あ、芹さん出演の映画のレビューも楽しみにしています。そろそですかね?近場をみてみたのですが、扱いがないのですよね(泣)ではお体に気をつけて。今年も楽しみにしております。

SUZUKEN

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ