映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
エマニエル夫人  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「エマニエル夫人」

原題/Emmanuelle
監督/ジュスト・ジャカン
出演/シルビア・クリステル、アラン・キュニー、マリカ・グリーン、他。


あらすじ/

秋の日のある朝。パリのアパルトマンの一室で眼を覚ましたエマニエル(S・クリステル)は薄いガウンを羽織ったまま寝室からキッチンへ降りた。朝の陽ざしがカーテンを通してふりそそいでいる。友達のマリーから電話がかかってきた。マリーはどうやらエマニエルを空港まで見送りに来るつもりだ。彼女は今日、タイのバンコックへ旅立つことになっていた。外交官である夫のジャン(D・サーキイ)は一足先にバンコックへ赴任していてあとからエマニエルが行くことになっていたのだ。飛行場へは彼が出迎えにきていた。久びさの邂逅、二人は蚊帳の中で激しく愛し合った。バンコックは乾いた空気が肌に心地よいエキゾチックな町である。そんなエトランジェの気安さで生活を楽しんでいるように見えた。なかでもエマニエルが加わることになったフランス人の集まりはとりわけサロン的ムードが濃く男も女も自由に交際していた。ある日の昼下がり、バンコックの庭園でパーティが催された。ここに集うのは気ままな独身の男女、外交官、芸術家といった人たちである。エマニエルはここでさまざまな男女と出会い、やがて彼らによって大きく変わっていくことになった....

解説/

夫の赴任地バンコックでさまざまな性体験を重ねる若妻エマニエルの自由奔放な性生活を描く。製作はミシェル・ショケ、監督は写真家出身のジュスト・ジャカン、エマニエル・アルサンの同名小説をジャン・ルイ・リシャールが脚本化、撮影はリシャール・スズキ、音楽・主題歌はピエール・バシュレが各々担当。出演はモデル出身でこの作品が本格的なデビュー作になったシルヴィア・クリステル、アラン・キュニー、マリカ・グリーン、ダニエル・サーキイ、ジャンヌ・コレティン、クリスティーヌ・ボワッソンなど。(以上、goo映画より抜粋)


エマニエル坊やが実はわたしと同い年(1971年生まれ)であることにビックリした土曜日の昼下がり.....wataruでございます。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

まぁこんな時にアレなんですけども、いや逆にこんな時だからこそなのか、なんだかむしょーに「エマニエル夫人」が観たくなってしまいましてねぇ。エマニエル夫人と聞くと咄嗟に「エマニエル坊や」が出てくる人.....そんなアナタはアラフォーでございますね?はいわたくしもアラフォーでございます。ていうか今年で「アラウンド」ではなく「ジャスト」になってしまうのですけど。

そんなアラフォー世代にとって、この「エマニエル夫人」は特別な映画。

みなさんきっと夜中に親の目を盗んでこっそり観てたでしょ?はい、僕も物凄くドキドキしながら観てました。「うわぁ、エロいエロいよ!」というドキドキと、「とーちゃんに見つかったらヤバい!」というドキドキが合わさり、なんだかとてつもなく興奮した記憶がございます。
あ、あと「エーゲ海に捧ぐ」とかも観たなぁ。もっかい観たいなぁ。

そんなわけで幼い頃の強烈な「映画体験」であるにもかかわらず、何故か覚えているのは
「スカッシュ」
のシーンだけ。いや〜あのシーンのエロさは尋常じゃないですからね。まぁ今回もそのスカッシュのシーン観たさに借りてきたようなもんなんですけども、そのシーン以外全く覚えていないので改めて観ると逆に新鮮に感じましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
↑befor

外国でやりたい放題の旦那さんは、「束縛なんかしたくないし」みたいな感じで性に対してとってもオープンなのですけど、いざエマニエルさんがオープンになりだすとやさぐれちゃったりして、なんか可愛いなぁと思っちゃいました。
旦那さん「嫉妬など愚かな感情だ」なーんて言っておりますけど、エマニエルがビーを追いかけて家を飛び出したときなんかめっちゃ機嫌悪そうにストリップ・バーに行っちゃったりなんかして。

彼にとっての「自由にしろ」という意味は「自分にとって都合のいい女でいろ」という意味だったわけで、エマニエルさんが本当に「自由」になっちゃったら物凄く困るわけですよね。このへんは「男心」としてすごーく分る部分であるのですが、その後ビーにふられて泣きながら帰ってきたエマニエルさんを変態老人マリオに差し出すというのは一体どゆこと?とか思っちゃって。

ちょっとそのへんの心理が理解できないのですけど、変態老人マリオの変態的な調教の甲斐あってか、エマニエルさんはさなぎから一気に「美しい蝶」へと成長してくわけなんですな。まぁこれはこれで旦那さんの思惑通り、という事なんで概ね良かったんじゃないでしょうか。

で、エマニエルさんはその後「続・エマニエル夫人」、そして「さよならエマニエル夫人」で男も女も手当り次第に食っていくわけなんですけども、エロ描写も極めてソフトで大変見やすいですし、映像的にもとてもキレイです。公開当時は野郎ばかりでなく、女性にも受けが良かったというのも分ります。そしてとにかくシルビア・クリステルが可愛い!
もぉめちゃくちゃ可愛いのっ!!

クリクリとした青い瞳。スラリとした肢体。
今回特に注目したのは「脚」。特に「スネ」。
まっすぐにピンと伸びてて長い!すごいキレイ!
歳をとると興味の対象が「下」に移動していくらしいのですが、ついにわたしも「脚」に辿り着いてしまいましたよ....
これから暖かくなって、街行く人の肌の露出も増えてくる頃にはわたしきっと下を向いて歩いているでことでしょう。上なんか向いて歩けません。下です下。

ありがとうシルビア・クリステル。

ありがとうエマニエル夫人!!

クリックすると元のサイズで表示します
↑after

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ