映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
SOUL POWER  映画

クリックすると元のサイズで表示します
↑ギトギト怪獣JB

「SOUL POWER」


【解説】
あの“キンシャサの奇跡”前夜。“ブラック・ウッドストック”とも呼ばれる世界最強の音楽祭が行われた。
誇りを持ってルーツ回帰へと目指したアフリカ系アメリカ人ミュージシャンと、解放運動のために戦い続けてきたアフリカン・ミュージシャンが同じステージに立った、歴史的な転換点。
アカデミー賞受賞作『モハメド・アリかけがえのない日々』の制作後、お蔵入りしていた膨大な貴重映像が34 年もの時を経てスクリーンに。劇場公開時、『ワッツタックス』『ソウル・トゥ・ソウル』とならぶ新たな音楽映画の古典と絶賛の声をもってむかえられた傑作が待望のDVD化!
【物語】
1974 年、ザイール(現・コンゴ民主共和国)、エンターテイメント史上もっとも記憶に残る瞬間といわれた世界ヘビー級王者決定戦、モハメド・アリ対ジョージ・フォアマンとの一戦“キンシャサの奇跡”に先がけ、世界最大のブラックミュージックの祭典が行われた。
これ以上は望めないアーティストがザイールに集結した。“ソウルの帝王”ジェームス・ブラウン、ブルースの神様B.B.キング、サルサの女王セリア・クルースとファニア・オールスターズ、南アフリカの闘士ミリアム・マケバ、フュージョン界のスーパーグループザ・クルセイダーズ…
34 年もの間お蔵入りしていたという膨大な記録映像から、モハメド・アリの冴える演説(ラップ)はもちろんのこと、世界最強の音楽フェスティバルのステージと舞台裏を捉えた、ソウルパワーみなぎる迫真のドキュメンタリー!
【スタッフ】
監督:ジェフリー・レヴィ=ヒント
出演:ジェームス・ブラウン、ビル・ウィザース、B.B.キング、ザ・スピナーズ、セリア・クルース&ザ・ファニア・オール・スターズ、クルセイダーズ、モハメド・アリ、ドン・キング、スチュワート・レヴァィン 他
(以上、Amazonより抜粋)


漆黒のグルーヴ。

もう本当にソウルやファンク好きにはたまらんドキュメンタリーでございます。
はっきり言ってこの記事読むより観ちゃった方が早いんですけども、せっかくですからちょっとだけ見てってちょーだいね。

この映画は歴史的なライブのドキュメンタリーなわけですが、演奏する人、裏方さん、スポンサーなどがどのようにしてこの企画を立ち上げ、そして本番に挑んだのか、その詳細を知ることの出来る貴重な資料であるとともに、「ライブ」映像としても素晴らしいものがあります。
裏方さんやスポンサー側の心配をよそに、ミュージシャンたちはノリノリでめっちゃ楽しそうです。うかれまくってます。ザイール行きの飛行機の中で自然にセッションが始まったりなんかして、なんかもうフリーダム!って感じでございます。国内線でこんな騒ぎを起こしたら確実に引き返されることと思いますが、これが「時代」ってものなのでしょうね。なにもかもが「イケイケ」だった時代ですから。

モハメド・アリやドン・キング、そしてJBやBBキングといった大御所も皆若く、ギラギラしております。それにしてもやはり圧巻なのは、ソウルの帝王JBなんですけども、まさに脂がのってきた時期でもありまして、もう脂でギットギトでございます。ダンスの切れの良さも抜群、シャウトも最高。
JBのライブ中、顔のアップが結構あるのですけども、汗と脂が混ざってなんかもうスライムみたいというか粘り気のあるローションみたいというか、顔面がドロドロです。

多分ライター近づけたら燃えると思います。

更に衣装もかなり過激な事になっておりまして、なんだか腹のあたりに「GFOS」と書かれております。多分「ゴッドファーザー・オブ・ソウル」の事だと思うのですが、こんなアホっぽい衣装でもめっちゃくちゃカッコいいのです。このセンス、JBにしか通用しません。JB以外の人がやったら完全にアホです。

そんな見た目とは裏腹に、紡ぎ出される音はとても強靭で、肉体的。
商業的なものとか、メッセージとか、そんなものを超越して、身体の奥底に眠る何かを呼び覚ます。まさに魂が奏でる「音」なのだ。

と、いうわけでせっかくですのでJBの動画を貼っておきますね。



ゲロッパ!!

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ