映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
デッドクリフ  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「デッドクリフ」

原題/VERTIGE
監督/アベル・フェリー
出演/ファニー・ヴァレット、ジョアン・リベロー、ラファエル・ラングレ、ニコラス・ジロー、モード・ワイラー、他。

あらすじ/
5人の若者を乗せてクロアチアの自然の中を走る一台の車。乗っているのは、登山経験豊富なフレッド(ニコラ・ジロー)、その恋人で山好きなカリーヌ(マオー・ウィレル)、物静かなクロエ(ファニー・ヴァレット)とその恋人ルイック(ジョアン・リベロー)、クロエの元恋人ギヨーム(ラファエル・ロングレ)。ルイックを除く4人は高校時代の同級生。各自が様々な思いを胸に抱きながらの久しぶりの再会だった。目的の山に到着し、登山を開始する5人。だが目の前に“立入り禁止”の看板が。フレッドはそれを無視して、全員をリード。自分の恋人クロエの元恋人であるギヨームが一緒であることに苛立つルイックは、山を恐れたこともあり、中止を主張。彼を説得したのはクロエだったが、その心はかつての恋人ギヨームの視線を感じて微妙に揺れていた。やがて現れる高さ200mの古い吊り橋。ルイックがその真ん中で高所恐怖症のパニックに襲われる。クロエの誘導で何とか渡り切ると、轟音とともに吊り橋が落下。最後尾のカリーヌは、命綱一本で辛くも危機を脱する。禍々しい雰囲気に覆われてゆく大自然。だが、橋が落ちた今、後戻りはできない。山から出るためには垂直な崖を登るしかない。フレッドとカリーヌはフリークライミングで尾根に登り、ロープで3人を引き上げようと決意。だがその途中、ルイックとギヨームが宙づりに。何もできずに震えるクロエ。医師である彼女の脳裏に、患者を助けられなかった事件のトラウマが蘇る。一方、尾根に到達したフレッドとカリーヌは、3人の救助を急ぐ。だが、フレッドが鋭い歯を持つワナに足を取られる。カリーヌの助けで危機を脱し、フレッドのもとへ走るクロエたち。だが、大量の血痕を残してその姿は消えていた。何かがおかしい。得体の知れない存在を感じて凍りつく4 人。だがそれは、地獄の始まりに過ぎなかった。ひとり、またひとりと、謎の影に追いつめられてゆく……。(goo映画より抜粋)

クライミング×スラッシャー。

わたくしが今現在はまっているスポーツは「自転車」なんですけども
かつてわたしが20代だった頃(遠い目)、フリークライミングにちょっとだけハマった事があります。クライミングと言っても断崖絶壁をガシガシ登るようなガチなものではなく、室内でやるやつね。ボルダリングとか。

基本的には友達数人で行って、わいわい言いながら壁を這っていたりするのですけど、ボルダリングは高さもないし、下にふかふかのマットが敷いてあるので全然怖くありません。でもちょっと機会があり、通っていたクライミングジムの人にビレイしてもらって10メートルほどの壁を登ったことがあります。
この10メートル、という高さは実はリアルに怖い高さでして、ちゃんとトップロープで確保してもらっているにもかかわらず、物凄く怖いんですよね。もうちょっとでゴール、というあたりの高さ、8メートルぐらいで壁からちょこんと出ている突起物に体重の全てをのっけているこわさ、というか。
既に握力は無くなっており、次のホールドを取りにいけない。しかも足場なんてあってないようなもので、殆どつま先だけでのっかっているので、次第に足が震え出し.....あぁこわいこわい。高所で動けなくなる事がどれほどオソロシイものか、これは経験しないと分りません。もちろん、落ちてもしっかり確保してくれるので命の危険はありませんけども、それでも落ちる瞬間は確実に「死」を意識します。

そういうわけで、僕は山登り映画、特に「クライミング」となるとその恐怖が甦ってきて、ゾクゾクしたりするのですけどそんなクライミング映画に殺人鬼が出てくるとあっては観ないわけにはいきません。

クリックすると元のサイズで表示します
↑「ディセント」でも最初は仲良しグループだったよね

ぶっちゃけこの映画、クライミングは序盤だけ。
殺人鬼が出てきてからは殆ど森の中ばっかりです。
クライモリです。

だからといって、「あ、な〜んだフツーのスラッシャー映画か....」とガックリうなだれてしまう事はありません。なんだかんだいって出てくるチャンネーは可愛いし。そのチャンネーの彼氏と元カレが一緒に山登りしてるというのもなんだか面白いし。こんなクライモリ的なスラッシャー映画でもフランス映画らしい上品さ(?)もあるし。

でも一番気になるのが、この映画に出てくる殺人鬼。
13金といえばジェイソン、悪いけといえばレザーフェイスというように
デッドクリフにはアントン
なのでございます。そう、この映画の殺人鬼の名前はアントン。

どうやらアントンは5歳の時に誘拐されてそのまま行方知れずだったようなのですが(という説明がエンドロール直前に入ります)、それからずーっとこの山の中で暮らしてきてどこでどう間違ったのか分りませんが「人間狩り」をするようになったみたいなんですねぇ。

「5歳の時に誘拐された」事以外説明がないので、殺人鬼としてのバックグラウンドがあまりにも謎すぎるアントンさん。見た目もわりかし普通ですし、何故か自分の名前を呼ばれるとひるんでしまうという弱点もあります。どういう事なんでしょう。いやぁ謎ですね!まぁ何がなんだか分らない方が不気味でいい感じです。
それに、動きも俊敏で格闘家のようなパンチを繰り出したりするパワー・ファイター系。実はこっそりK-1でも見てるんじゃないのか......謎だ。謎が多過ぎる!どうやったらこんなのが出来上がるのかなぁ。その過程も実に気になるところでもありますので、是非とも「デッドクリフ2」とか、「デッドクリフ/ビギニング」もしくは「アントン/ライジング」を作ってもらいたいね!

てか、作らねぇよな。

クリックすると元のサイズで表示します

この映画の最後に
「父に捧ぐ」
って書かれてあったんですが、いいんですかこんなのお父さんに捧げちゃって。
お父さんすっごい困ると思うんですけど.....

でも、ホラー映画好きなら観て損はない、なかなかグッジョブな映画でございました。




人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪


3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ