映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
ドリーム・ホーム  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ドリーム・ホーム」

英題/dreamHome
監督/パン・ホーチョン
出演/ジョシー・ホー、イーソン・チャン、デレク・ツァン、ローレンス・チョウ、ジュノ・マック、他。

あらすじ/
2007年10月30日、香港。ビクトリア・ハーバーの湾岸エリアに聳え立つ超高級マンション“ビクトリアNo.1”。ある晩、管理人室に忍び込んだ何者かによって居眠り中の警備員が殺害される。犯人は銀行のOLチェン(ジョシー・ホー)だった。同僚とともに銀行の顧客リストを他社に売りさばき、夜は中古ブランドショップで働くチェン。心の拠り所は、恋人シウトウ(イーソン・チャン)だけだが、彼は妻子持ちであり、2人の関係には未来はない。そんな彼女が抱く夢は、“ビクトリアNo.1”の部屋を手に入れることだった。それから遡ること8年の1991年。チェンが両親や弟と一緒に暮らす下町のアパート周辺では地上げ屋も絡んだ都市開発が行われ、見慣れた風景は失われつつあった。毎日のように海を眺める元船乗りの祖父と、“勉強を頑張って広い家を買え”と言う建設作業員の父。そんな2人の姿を見るうちに、チェンは聖母マリアに“海が見える家に住めるように”と祈り始めていた。そして1999年。大学生になっていたチェンは、家計を支えるために退学し、就職することを決意。だが、地価の上昇は止まることを知らない。2004年。母の死に続いて、父が肺に病を患うことになる。治療には手術が必要だったが、その費用は12万ドル以上。これまで貯めてきた住宅資金には手をつけたくない。もはや、湾岸エリアの家は彼女にとって夢であり、命のような存在になっていた。そして、ついに見つけた“ビクトリアNo.1”の物件。だがその価格は520万ドルから650万ドルへと跳ね上がっていた。月1万8000ドルの返済で、30年ローン。ついにチェンは病床の父を殺害し、保険金を得る計画を立てる。そして2007年10月30 日。再び“夢の家”を訪れたチェンの手によって、血の惨劇が始まろうとしていた……。(goo映画より抜粋)



本日、7月16日、京都は祇園祭真最中でございますが
わたしにとっては本日はこの「ドリーム・ホーム」が京都みなみ会館での初日であることの方が重要でございます。
京都みなみ会館まで自転車を漕いでいる道すがら、浴衣姿のかわいい女子とか見かけましたがそんなものには目もくれず、ひたすら夢の家までまっしぐら。なんなら邪魔な奴など轢いてしまおうか、というぐらいの勢いでございます。

このドリーム・ホームという映画も、オーシャン・ビューの高級マンションを手に入れるために邪魔者を片っ端から殺していくという、まさに香港版「屋敷女」という体ではありますが、残酷極まりない殺しの中にもユーモアを感じさせ、なおかつ社会問題にも鋭く切り込んでいくあたりが斬新でしたね。

映画の構成自体も面白く、現在進行形の殺しの合間に、なぜこのような殺人に至ったのかという過去の出来事も次第に分ってくるようになってまして、子供の頃の思い出とかのシーン、結構せつなくてね。ちょっと泣きそうになっちゃったりなんかして。そんなセンチメンタルな場面のあとに内臓がドバーとか、思いっきり面食らってしまいます。もう、両極端な感情がいったりきたりするので、とっても疲れます。

で、犯人であるチェンは女性ですし、そんなに力もないもんで、基本的に殺しは「不意打ち」だったりするんですけど、思わぬところで返り討ちにあったりして、もうボロボロなんですよ。
ちょ、ムチャせんといて!とか人殺しなのに心配してしまったりとかね、しまいにゃ応援してしまう自分が居たりしてね、ちょー不謹慎な感情に支配されちゃいますです。
そして、観終わったあとも不思議なことに爽快感があるんですよね。
人殺しとはいえ、夢に向かってまっしぐらで女性が超頑張る映画は大好きです。

今年観たホラー映画の中ではダントツの切株度。傑作でございます!

アジアン・ホラーの新たなる夜明け。
見逃すべからず!




人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
4



2011/7/20  21:45

投稿者:wataru

★亀母さん>
祇園祭は毎年テレビで観ております。

映画「ドリーム・ホーム」はかなり狂っていますけど、ユーモアもあって楽しめる映画ですねぇ(切株属性の方のみですが)。主役の女性は大富豪の娘さんということだけは知っていましたが、こういう映画に出るというパンクな精神な方なんですねぇ。この人はジョニー・トー監督の「エグザイル/絆」にも出ていました。あと殺される妊婦役はこれまたジョニー・トーの「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」にも出ていて、香港映画の繋がりみたいなのもあって面白いですね。

http://sports.ap.teacup.com/watarusuper/

2011/7/18  21:42

投稿者:奈良の亀母

他の方のサイトを読んでヒロインを演じた女優さんが
あのスタンレー・ホーの娘だと知りました。
うわあ、ビクトリア1が丸ごと買える超セレブではあーりませんか!ますます作品のブラックユーモアに磨きがかかったような。90歳のカジノ王が亡くなった時には
この作品どころでない血の雨が降ったりして。

2011/7/17  21:45

投稿者:奈良の亀母

娘が友人と一緒に、祇園祭に行ったのですが
人の背中しか見えずメチャ暑だったそうです。
人混みが苦手な自分はNHKの祇園祭番組で十分です。
「ぼくのエリ」をやっとレンタルで観賞したところで
ドリームホームはまだ先になりそう。
インフレと地価高騰が一人の女性を殺人鬼に変えたわけですが、バブル崩壊してデフレの日本から見ると羨ましくもあります。原発事故の影響もあって地価は下がる一方ですし。今や香港よりも中国本土の方が物価が高いから、よりパワーアップしたチェンが上海や重慶に現れたろして・・・。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ