映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
男たちの挽歌 U  映画

クリックすると元のサイズで表示します
↑火薬盛りすぎ



「男たちの挽歌 U」

原題/英雄本色2
英題/A BETTER TOMORROW 2
監督/ジョン・ウー
出演/チョウ・ユンファ、レスリー・チャン、ティ・ロン、ディーン・セキ、他。

あらすじ/
かつて香港の巨大な紙幣偽造組織を牛耳っていたホー(ティ・ロン)は、服役中のある日、香港警察のウー特捜部長から、東南アジアの紙幣偽造シンジケートを支配するルン(ディーン・セキ)のもとに潜り込み、その証拠を握るように命じられる。彼は弟の刑事キット(レスリー・チョン)がこの捜査に加わっていることを察知し、身を案じて組織潜入を承諾するが、パーティの席でルンの部下コーが、彼に殺人の濡れ衣をきせ会社を乗っ取ろうと企み、敵対するボスを銃殺、茫然とするルンをホーたちはニューヨークにいる彼の昔の仲間で、今は神父となっているサムのもとへ高飛びさせる。しかしコー一味は、香港に残った彼の一人娘ペギー(レジーナ・ケント)を殺害し、ニューヨークへも殺し屋を送る。巻き添えとなってサムたちは犠牲となるが、何とか一命をとりとめたルンは、やがてホーのかつての相棒である亡きマイクの双子の弟ケン(チョウ・ユンファ)の世話になることになったが、深い精神的ショックから彼は何に対しても反応を示さなくなってしまう。一方、ホーに続いてキットもコー一味に潜り込もうとするが、一味は彼が刑事であることに気づき、ホーに彼を殺すように命じるが、幸い命はとりとめた。ニューヨークでも殺し屋はルンとケンに襲いかかり、そのさ中正気を取り戻したルンは、報復を果たすためにケンと共に香港に帰国する。そして二人は、ホーやキットが身を潜めているキットのもとに合流し、ニセ札製造の拠点である造船所内の倉庫を襲撃するが、それはコーの罠であった。四人は命からがらそこから脱出するが、コーの屋敷に向ったキットは一味に腹部を撃たれ、ケンの腕に抱かれながら、女児を出産したばかりの妻ジャッキー(エミリー・チュウ)に電話している最中、息を引き取った。コー一味にキットの弔い合戦を仕掛けるホー、ケン、ルンの三人は自らの命を賭けて敵の家敷に乗り込み、凄絶な銃撃戦の末に復讐を果たすのだった。(goo映画より抜粋)



映画秘宝的に言うところの「ジョン・ウー学校」卒業生のwataruでございますこんばんは。

今夜は久しぶりに鑑賞した「男たちの挽歌 U」の感想なのですが、その前に先日公開され、今レンタルになっている韓国でリメイクされた「男たちの挽歌/A BETTER TOMORROW」の事から書いていこうかと思います。

正直、ジョン・ウー学校卒業生のわたくしとしては、このリメイクを観るのが怖かったです。
というのも、出演者を見てみるとみなさん細めでイケメンでスタイリッシュ。
オリジナルの方は背丈も顔も大きく違い、決してイケメンではないけど「いい顔」をした役者揃いで、名前よりも「顔」で見分けがつくほど分りやすかったのに、こんな平均以上のイケメン細マッチョばかりで誰が誰なのか区別がつくのか......まずそれが一番気がかりでした。

しかしそれはオリジナルを何度も見て頭に叩き込んであったので、ああこいつがマークでこいつがホーか。そしてキットはこいつであいつが憎いシンの野郎だな!というのはすぐ分りました。しかしコレ、本家を知らない人はちょっと人物関係の把握に苦労するんじゃないかなぁ.....

それに、あまりに「兄弟の関係」に固執した描き方のせいか、ドラマ部分がちょっとしつこく感じられて、アクション部分とのバランスがとれていない、というか。
まぁドラマ部分、アクション部分それぞれ別にして考えれば良くできているのですけど、それを1本の映画に配置したときに物凄くバランスが悪く感じられるのですよね。それに、ラストシーンも悪い意味で「韓国映画」っぽさが出てきてしまって、僕としてはなんだかなぁ.....と思ってしまったわけです。でも、いい部分もあるんですよ。現代風にアレンジされた銃撃戦とかね。これはなかなか良かったですよ。

このリメイク版に「ジョン・ウー魂」を感じられたかどうか、と問われれば答えはNOです。
頑張ってはいるが、まだ及ばない。心の底からアツくなれない。そして「濃く」ない。

不足したジョン・ウー成分(例えば白い鳩がバッサーとか。これは、挽歌1&2では見られない。「狼/男たちの挽歌・最終章」からか?)を補うためには、本家から補充するしかないでしょうが!と、言う事で本日はタヤツーで鼻息荒く「男たちの挽歌」とこの「男たちの挽歌 U」を借りてきた次第でございます。
一応タヤツーでは挽歌をゴリ押ししてますので、リメイク版もそうですし、オリジナルの挽歌1&2、そして狼のデジタルリマスター版をズラーリと並べてありましたが、あれ、「アゲイン」はブルーレイ化されてないのかな。時任三郎(とき・にんざぶろう....じゃなくて、ときとう・さぶろうさん)も出てるのに。そして「ハード・ボイルド」(國村準一さんも出てるよ!序盤でユンファ兄貴にブチ殺されるよ!)も無かったなぁ。せっかくなのでそのへんも掘り出してほしかったな。

まぁ、そんなこんなで感想を書こうと思いましたが、久々に見直すともう感情が高ぶっちゃって何を書いたらいいのかわかりません。

とにかくアツい。濃い。
もうずーっと涙目で観てました。
なんだかんだであれやこれやで終盤の大・大・大・銃撃戦になだれこむわけですけど、もうこれ完全に火薬量を間違えています。明らかに盛りすぎです。でもジョン・ウーならこれが普通です。
ハリウッドに渡ってからの第1作目、ヴァンダム主演の「ハード・ターゲット」をご覧なさい。ビックリしますよ。でもやはり一番火薬が盛ってあるのは「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」だと思いますね。「やりたい放題」とはまさにこの事。ウー先生、そろそろコッチ路線に戻ってきてほしいなぁ。

そんなわけで男気も火薬も義理も人情も愛も涙も、キャバクラ嬢の頭並に盛って盛って盛りまくる、これぞジョン・ウー印の傑作でございます。もし未見の方が居るなら、是非とも一作目から追って頂きたい!


↑まさにベストなシーンなので、未見の方は観ないようにね!


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチっと♪
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ