映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
悪魔を見た  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「悪魔を見た」

英題/I SAW THE DEVIL
監督/キム・ジウン
出演/イ・ビョンホン、チェ・ミンシク、オ・サナ、他。

あらすじ/
ある夜、雪の夜道で車がパンクし、レッカー車の到着を待っていた若い女性が、黄色いスクールバスに乗った男に連れ去られる。地元警察は大規模な捜索を開始。まもなく川底から切断された頭部を発見する。このバラバラ殺人事件の被害者は、引退した重犯罪課の刑事チャン(チョン・グックァン)の娘ジュヨン(オ・サナ)だった。一ヵ月前にジュヨンと婚約したばかりの国家情報院捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)は、ジュヨンが事件に巻き込まれる直前まで携帯電話で会話を交わしており、彼女を救えなかった自分のふがいなさを何度も呪う。深い絶望感に苦しむ彼は、自力で犯人を追い詰めると決心。上司に休暇を申し出、チャンが元部下から入手した捜査資料を受け取り、捜査線上に浮上した 4人の有力容疑者をひとりまたひとりと力ずくで締め上げる。保険外交員を装って残る容疑者ギョンチョル(チェ・ミンシク)の実家を訪ねたスヒョンは、ひとり息子から現在の住みかを聞き出すことに成功。ギョンチョルのねぐらで女性用の下着やバッグを発見し、この男こそが犯人だと確信する。ねぐらの隣には被害者たちをバラバラにした血生臭い作業場があり、排水溝からジュヨンの婚約指輪を拾い上げたスヒョンは大粒の涙をこぼす。そんな中、塾の送迎バスの運転手であるギョンチョルは、ジュヨンに続いて別の若い女性を惨殺、さらに塾生の少女を広大な畑に連れ込む。だがそこにスヒョンが現れ、真夜中のビニールハウスでふたりは初めて対峙する。スヒョンを刑事と察知したギョンチョルは、鎌を振りかざして先制攻撃を仕掛けるが、スヒョンは強烈なキックで相手をノックアウト。朦朧としたギョンチョルの左手の骨を砕き、GPSチップのカプセルを飲み込ませ、その場を立ち去る。やがて意識を取り戻したギョンチョルは、自分を逮捕することも、とどめを刺すこともしなかったスヒョンの真意がまったくわからず、再び蛮行に及ぶのだが……。(goo映画より抜粋)


悪魔.....見ちゃいました.....

うひゃぁぁおそろしいおそろしい。
こんなにこわいえいがだったなんて。
かんこくえいがこわいよかんこくえいがこわいよー

.....っと恐怖のあまりに平仮名ばっかりになってしまいましたが、もうほんっとうに怖かったです。なんなのこの映画。めちゃくちゃじゃん。

殺人鬼(チェ・ミンシクさん)に恋人を殺された男(イ・ビョンホンさん)が復讐する話なのですが、このビョンホンさんがまたとんでもない奴でしてね、なんだか韓国のFBIだかCIAみたいな組織に属しておりましてね、追跡や格闘、そして殺しのプロだったりするわけです。そんなプロが本気になって殺人鬼・ミンシクさんを追いつめていくわけですが、追いつめてボコボコにするだけで敢て殺しはしません。気絶している所に無理矢理GPS発信器を飲み込ませ、その場に放置してしまいます。
訳がわからない殺人鬼・ミンシクさんは、取り敢えずその場から逃げたりしますが行く先々でまた人を殺してしまいます。で、女の子がレイプされそうになったらひょっこり現れるビョンホンさんなのですが、他の人たちが殺される前にも出てきてくれたらよかったのに.....

行く所行く所にビョンホンさんが現れるもんですから
「えっ!?またお前!?どゆこと!!??」
とますます訳がわからない殺人鬼・ミンシクさん。
訳がわからないままフルボッコにされ、また放置され、フルボッコにされ放置され。

「どんどん残酷になるぞ」
と囁くビョンホンさんですが、その表情は冷徹そのものであり、もう本当に「本気」である事が伺えます。まぁ確かにこういうやり方はある意味「完全なる報復」であるとは思いますが、そのせいで関係のない人達が沢山犠牲になってしまいます。なんとも皮肉な話です。

あとTwitterでどなたかが呟いていらっしゃいましたが「下痢グソが大写しになる」という事で下痢グソいやだよぉ下痢グソ見たくないよぉと思っていたのですが、その下痢グソ以前にもう、あまりにもドイヒーな話なので下痢グソが写っても「あ、下痢か」ぐらいにしか感じませんでした。
その下痢以降も色々あって、なんだかんだでラストでようやく制裁される殺人鬼・ミンシクさんはこれ以上ないというぐらい残酷なやりかたで死を迎えるのですが、殺人鬼が死んでも全然スッキリしません。

この映画を観て、パク・チャヌクの復讐三部作「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」を思い出したのですけど、この3つの作品はどれも登場人物に感情移入することが出来たのに、この「悪魔を見た」では復讐する側にすら感情移入できませんでした。僕はそこが物凄く怖いと思ったのです。まさに鬼畜同士の戦いでしかない......人間の感情をどこかに置き忘れた、そんなうすら寒い風景。

それでも途中面白いなぁと思ったのは、殺人鬼・ミンシクさんに「猟奇仲間」が居た、という所でしてね。猟奇は猟奇同士、通じるものがあるんでしょうねぇ。特にこのあたりの描写はそこらへんのホラー映画よりよっぽど怖くて狂っています。

韓国ってこの手の映画作らせると世界一ですな。アメリカやヨーロッパなど全然及ばない、独特の感性。一方では日本のおばはん達に人気のベタで甘いラブロマンスや、また一方では日本の若者に大人気のK-POPアイドルとか。
不思議です。ほんと不思議の国です。



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ