映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
宇宙人ポール  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「宇宙人ポール」

原題/PAUL
監督/グレッグ・モットーラ
出演/サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、クリステン・ウィグ、セス・ローゲン(ポールの声)、他。

あらすじ/
1947 年、ワイオミング州に怪しい飛行物体が落下した。そして60年後、イギリス人のSF作家クライヴとイラストレーターのグレアムは、アメリカ・サンディエゴで開催される、世界中のマニアが集うコミコンに参加。その後2人は長年の夢だったアメリカのUFOスポット巡りに出発する。“エリア51”付近を車で走行中、ひょんなことから宇宙人と遭遇し、成り行きで車に乗せる事に。ポールと名乗るこの宇宙人は、囚われていた政府の施設から逃げ出したと言う。一方、そんな彼らを追う一台の車があった……。(goo映画より抜粋)


さて、この記事が2011年の最後の映画の記事となります。
「宇宙人ポール」。
うっむ、まさに締めくくりにふさわしい素晴らしい映画でございました。
この映画を鑑賞した劇場は四条烏丸にある「京都シネマ」でしたが、そこそこ人も入っていましたし上映中みなさん大爆笑だったりして、あー、こういうのいいなぁと素直に思いましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
↑仲が良過ぎてゲイに間違われる

で、問題の宇宙人ポールさんなんですが、見た目こそ「ザ・宇宙人!」な宇宙人ですが英語はベラベラですし、めちゃくちゃ下品なおっさん宇宙人です。

ポールさんは一応宇宙人らしい「特殊な能力」も使いこなします。
透明になったり、傷を癒したり。
中でも一番面白かったのが「人間の意識を変える」能力で、ガッチガチの福音派(キリスト教の中でも聖書に書かれてある事こそ真実という人々で、人間は神様が造ったものだからダーウィンの進化論を全否定している。しかも進化論を教えている学校には子供を通わせないらしい。)の女性を一瞬にして変えてしまうところ。
しかも意識が変わったら変わったでめちゃくちゃ下品になっちゃう所も爆笑でした。

それ以外にも笑いどころは沢山ありますし、友情あり、アクションありーの、涙ありーの盛り沢山な内容となっております。あとSF映画好きが思わずニヤリとするような映画ネタも随所に散りばめられておりまして、なるほどこれは「SUPER 8」と比較される筈だなぁ、と思いましたね。

「SUPER 8」がかつて少年少女たちだった大人の為の映画であるならば、この「宇宙人ポール」は未だに大人になりきれない大人たちの為の映画なのかもしれません。

わたしはSUPER 8と宇宙人ポールのどっちがいいか?と訊かれれば「どっちもいい!」と答えます。もう、比べられないです。
とにかく素晴らしい映画なので、京都にお住まいの映画好きのみなさんは急いで京都シネマに行けばいいぢゃない!そしてこの1年を締めくくっちゃえばいいぢゃない!
ていうか年が明けてからも上映されているので(上映時間は変わるようですが)、新年1発目の映画で当たりとかいいぢゃない!

そんなわたしの新年1発目(元旦に観にいきます!ファースト・デイだからね!)の予定は
「ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
です。これも確実に当たりでしょうから、来年2012年の映画始めとして良いスタートがきれるでしょう。

.....まぁ、そんなこんなで2011年、おしまいおしまい。

それではみなさん、よいお年を!




人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ