映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
How to Fit a Road Bike  自転車日記



ここ数日は、「ひとり強化合宿」状態で闇雲に走り回っておりますwataruですこんばんは。
なにぶん超初心者なもので戸惑うことも色々あったりします。
今は自転車ブームなので本屋さんに行けば沢山自転車関連の本が置いてありますし、ネットなんかでも情報が沢山ありますので、大概はなんとかなったりするのですけどね。

まぁしかし走ってると色々な事が起るもんでして。

先日などは工具を購入して、自分に一番ベストかと思われる位置にサドルをセッティングしたまではいいが「締め」がユルかったのか走ってる途中にサドルがずれてしまったりとか。

スピードが落ちてくると前輪から「きぃ〜〜.....」という異音がするとか。

さすがにこの異音はちょっと不安になるし、この「きぃ〜〜....」という音で人が振り返ったりして恥ずかしかったりするので、たまたま通りかかったサイクルショップに駆け込んで店員さんに質問してみました。
答えは実はすごく単純でして、前輪のゴムキャップが原因だというのです。
対処法として、ゴムキャップを指でグリグリっと揉むように押してやると音がしなくなるのだそうですね。確かに、教えてもらったあとグリグリしてみたら不思議な事に音がしなくなった.....店員さん曰くこの異音はよくあるようで別に故障とかそういうことではないとのことで、ひと安心。

あと、これは今日の出来事なのですが。

今日も颯爽とトレーニングに出かけたものの、なんか重い.....
行き先は「雲ヶ畑」だったのですけど、ここはヒルクライムというよりは「ユルい坂道が続く」というような場所でして、鼻歌まじりで風景を楽しみながら行くような場所なんですよ、本来は。

てかめちゃくちゃ重くね!?

と感じ始めたのは雲ヶ畑コースの中盤ほど。これ.....前にMTBで来たときよりも重く感じる....まぁ自分自身が連日走っているので疲れているという事を考慮に入れても、この「重たさ」はちょっとおかしい。「なんちゃって」なロードバイクなので重量が11キロ超えてるのを考慮に入れてもおかしい。だって前のMTBは17キロ超えてたのに.....

ロードバイクの走りの「軽さ」は、タイヤが細いことで地面と接地する面積を減らす事によって生まれるのだから、こりゃ多分タイヤの空気が抜けてるんだなぁ、と。
しかし、タイヤを触った感じでは「パンク」という事ではないようだし.....
タイヤの空気圧が「どの程度」なのかイマイチ、ピンとこないんですよね。

なので、こういう時はサイクルショップに駆け込んで相談するのが一番です。

わし:「あの〜すいません、タイヤってどのくらいの圧なんですかね?」
店員:(タイヤを触って)「ああ〜!これだいぶ空気抜けてますよ」
わし:「え!やっぱり.....どおりで重たいと.....」
店員:「じゃ空気入れますね」


そうやって空気入れてもらって(空気入れるのは無料でございます)、タイヤを触ってみると、もうカッチカチでございます。また一つ、勉強させて頂きました。
タイヤの圧は

カッチカチやぞ!!

なぐらいがベストなのだと。マジで石かと思うぐらいにカッチカチです。おかげさまで死ぬ程固い乗り心地ですが、走り自体は軽くなりました。ああ良かった。今度からマメにチェックしようっと。



1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ