映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
運命の女  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「運命の女」

原題/UNFAITHFUL
監督/エイドリアン・ライン
出演/ダイアン・レイン、リチャード・ギア、オリヴィエ・マルティネス、他。

あらすじ/
ニューヨーク郊外で暮らすエドワード(リチャード・ギア)とコニー(ダイアン・レイン)は結婚11年目。ある風の強い日、9歳になる息子・チャーリーの誕生日プレゼントを買いに街へでたコニーは、本の売買をする青年・ポール(オリヴィエ・マルティネス)にぶつかり転倒する。膝をすりむいたコニーはポールの部屋へ招かれるが、誘惑的な眼差しに動揺し急ぎ部屋を出た。しかし、コニーの心に生まれた情熱は、引き返せない情事へと発展していく。エドワードは、そんな妻の変化に疑問を抱き始める。(goo映画より抜粋)



むかしわたしがバンドマンだった頃、オリジナル曲の中にこういう歌詞がありました。

火遊び高じてかけたテレフォン 夜遊び知って帰らぬ母さん

この曲は、とある家族の崩壊の過程を邪悪なラップで唄ったものですが、ここでは夜遊び母さんだけではなくお父さんや息子の事にまで言及しております。

たとえばお父さんは「メガネがずれても働く仕事人」で、仕事一筋のちょー真面目なお父さん。でもちょっと冒険してみたくなって「どこか遠くへ旅してみたら とても遠くへ飛ばされた父さん」、つまりとんでもない地方へ左遷されてしまったり、息子は息子で女子があんたの事なんか嫌い!とハッキリ言っているにもかかわらず嫌よ嫌よも好きのうちなんぢゃねーのと勘違いし、しつこく言いよっていくうちに「死ね」とまで言われてしまいます。
その女子は「驚くフリだけ可愛いアナタ」と表現されており、その女子に「死ね」と言われて「本気じゃないよね??」と聞き返す.......この曲の中での父さん、母さん、息子さんに未来などありません。この先に待っているものは深い深い闇しかないのです。

.......というような事を、この映画「運命の女」を観ながら思い出しておりました。

この映画の監督、エイドリアン・ラインの「危険な情事」も相当に恐ろしい作品でありましたが、こちらもなかなかゾッとさせられるものがありましたねぇ........かるーい気持ちの浮気がまさかこんな事になろうとは!という展開はまぁありがちと言えばありがちなんですけども、見せ方がとっても上手いので思わず食い入るように観てしまいましたよ。

この「火遊び」母さんはダイアン・レインが演じているのですが、もうこれがめっちゃくちゃエロくて素晴らしい。とにかくエロい。エロ過ぎます!わたし自身はどっちかっつーと若い方が好きなタイプなんですけどもこんなの観ちゃうともうダメね。

で、火遊び母さんは「バレなきゃいいじゃない」と密会を重ねていくわけですが、そのへんがどうもツメが甘くて旦那さん(リチャード・ギア)はこれはなんかおかしいぞ?とすぐ気がついちゃう。
この旦那さんも先程書いた歌詞の中の「メガネがずれても働く仕事人」のような人でね、こういうのって妻としてはちょっとつまらないと思う所もあるのかなぁ、と思ってみたりして。だからこういう危険な情事的な事にのめりこんでいってしまうのかなー、と。

さて、火遊び母さんが怪しいと思ったメガネの仕事人のお父さん、探偵を雇って妻の尾行をします。するとあっさりと「あんたの奥さん浮気してまっせ!」的な証拠写真を見せられて愕然とするお父さん。どうにも我慢ならなくなったお父さんは浮気相手の男の家に押しかけて.........

と、書くのはここまでにしておきます。ここから後の展開はだいたい予想どおりではあるものの、「仮に自分がこういう状況に追い込まれたら」と考えると恐ろしくて夜も寝られないような展開をしていきます。

そしてこの映画のエンディング、どのようにも捉える事のできる曖昧なものになっている所も実にいいですね。
曖昧ではあるけれども、やっぱりまともな人間なら「息子には罪はない」と思うわけで、そういう事を考えたら自ずと答えは見えてくると思います。

なんちゅうか人間てめんどくさい生き物ですし、その中でも男と女つうのはもっとめんどくさい。でもそのめんどくささを乗り越えて男と女は夫婦になるわけで。良い事も悪い事も、ものすっごく悪い事も分かち合うのが夫婦というものなのかなぁ、と漠然と思ってみたり。

.....と、柄にもなく色々な事を考えさせられる映画でございました。未見の方は是非。


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0



2012/2/24  20:29

投稿者:wataru

★みなみさん>
その通りでございます!

http://sports.ap.teacup.com/watarusuper/

2012/2/24  14:01

投稿者:みなみ

見解が、悲観的…。いい恋愛してないの?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ