映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
哀しき獣  

クリックすると元のサイズで表示します

「哀しき獣」

英題/THE YELLOW SEA
監督/ナ・ホンジン
出演/ハ・ジョンウ、キム・ユンソク、チョ・ソンハ、他。

あらすじ/
中国延辺朝鮮族自治州でタクシー運転手としてまじめに働いているグナム。しかし、妻を韓国に出稼ぎに出した際に作った借金の取り立てに追われ、さらには妻からの音信も途絶えてしまう。借金を返そうと賭博に手を出し逃げ場を失ったグナムは、殺人請負業者のミョンに、韓国へ行ってある人物を殺したら借金を帳消しにする、と持ちかけられる。グナムは悩んだ末、借金を返すため、そして妻に会うため密航船で韓国に向かう……。(gooより抜粋)



韓国バイオレンス映画の傑作「チェイサー」のナ・ホンジン監督の「哀しき獣」を鑑賞しました。
チェイサーもほんとに疲れる映画でしたがこちらはもっと疲れる感じ、とでもいいましょうか、もーほんとーにしんどいの。
しんどいの。

あまりにもしんどくて、きっと何を書いても伝わらないと思うので、もう、みなさん、疲れるの覚悟で観ちゃってください!としか言いようのない映画ですね。
とてつもなく暴力的で救いが一切ないのですが、一つだけ「見所」を挙げるとするならば、それは、

ミョン社長。

このミョン社長ってのは、ものすっごいワルです。
ちょいワルとかじゃなくて。ものすっごいワルなんです。はっきり言って鬼畜です。めちゃくちゃ怖いです。関わった時点で人生終わりです。

でもね、そんな鬼畜なミョン社長、なんだか妙に人間的なところがあって、魅力的なんですよ。怖くてもああいうボスならみんなついていくのかなぁ、と思うところもあったりして。
この映画のワンシーンで、ミョン社長とその手下たちが、アジトみたいなところで鍋をやってるんですけども、その中身がやたらとでかい骨つきの肉なんですけども、いったいあれは何の肉なんでしょうか。その、何の動物か分らない骨とか武器にして戦ったりとかもしますけど、もうね、その戦いっぷりがめちゃくちゃ怖いんです。刺されてもあまり痛がらないし、なかなか死なないし、ある意味ターミネーターよりもタチが悪いというか......

映画的には前半部分は凄く丁寧に撮られている感じなのに後半やたらバタバタしてしまったり、ちょっと「あれ?」と思う部分もあったり、アクションシーンでやたらカメラがブレて観づらかったり、なんとなくバランス感覚に欠ける部分もあるかと思うのですが、全体を通して貫かれている「無情感」が素晴らしいです。

ハリウッドのメジャースタジオが初めて出資した韓国映画、というのも凄い事ですね。早速リメイク決定(と予告編には書かれてあった)という事らしいですし。あれ、そういや「チェイサー」もリメイクするんじゃなかったっけか?でも、リメイクするにしてもここまで暗黒な映画にはならないんでしょうねぇ、きっと。



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪

2



2012/6/30  23:57

投稿者:wataru

★亀母さん>
この映画はとにかくミョン社長のキャラクターが素晴らしい映画でしたね。めちゃくちゃ怖いんですけど、魅力的で。対するグナムも物凄いサバイバル能力で、こいつは本当にただのタクシー運転手なのでしょうか(笑)。そういえばわたしも教授の妻とグナムの妻を混同してました。似てますよね......
グナムが黄海で息絶えて海に捨てられたあと、妻が列車で帰ってくるシーンのあまりの無情さに震えました。いやぁ、凄い映画でした。

http://sports.ap.teacup.com/watarusuper/

2012/6/30  20:04

投稿者:奈良の亀母

ご無沙汰してます。ミョン社長!もうバス会社の社長さんも、その部下で延吉まで乗り込んだアンチャンも完全に毒気を抜かれてましたね。現場主義というか率先して海にダイブするは、カーチェイスはするは。音楽も素晴らしかった。骨付き肉を貪った後の大乱闘で自分以外みんな死んでしまいミョンが灯油をまいて火を放つシーンで流れるトロンボーンみたいな音楽。グナムもどんだけ大量の敵にタックルされようが刺されようが逃げる逃げる。グナムの妻と教授の妻が同じ顔に見えました。
美人は見分けがつかん。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ