映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
RETURN OF makidan brothers  音楽


あまりの湿気の多さに髪の毛がベタついて気持ち悪いwataruでございますこんばんは。

さて今夜は先週の東京旅行の際に音楽の相方MoringoX氏とスタジオに入った時の動画を貼付けておきます。なるべくならヘッドホン装着のうえ、お聴きくださいませ。



「RETURN OF makidan brothers / MONKEY FUNK」

わたしが東京に住んでいた頃、バイト仲間たちと組んだ「まきだんブラザーズ」というバンド。
「まきだん」とは巻ダンボールの事でございます。

このバンドをやり始めた頃、メンバーは私とMoringoX氏の2人だけで、たまーにスタジオ入ったりとかしてグダグダと遊んでた程度なんですけども、そのうちボーカルのJunという男が入ってきて、だんだんと曲らしきものが出来上がってきて、またしばらくしてからユータローというギター弾きもスタジオに遊びにくるようになり、いつの間にか吉祥寺の老舗ライブハウス「曼荼羅」でライブ(もちろん対バンで)する事になって、その為に仕事あがりで板橋区にある超ボロいスタジオで毎週練習したりなんかして、「やばいなー俺らこんなんで曼荼羅とか出ていいのか」と超不安になりながらも「困った時にはJunがMCでどうにか繋いでくれるさ」と思ってたら本番でJunが超テンパってあまり喋りもせずにすぐに演奏に入っちゃったもんだから45分ぐらいの出番も30分切るぐらいで終わってしまい他のバンドの方々から「はえーよ!」というクレームがついたりとか、それはそれはもう思い出深いものがありましてですね、ええ。

途中何をトチ狂ったのかコーラスみたいなのも入れようという話になってとある女性を入れたりもしましたがこのアマがあまりにも最悪だったので(歌が下手という事ではなく人間的に)普段温厚なわたしがブチ切れてクビにしてしまうという事もありましたし、まぁ山あり谷あり、バンドも楽しい事ばかりではないわけです。
そんな悪い思い出もひっくるめてわたしにとっては「まきだんブラザーズ」はとても大事なバンドで、お互い住む場所が違っても、たまーにこうやって集まって昔のようにグダグダやったりとかね。いいもんですよ、実に。

で、今回は「まきだん」結成当時によく使っていた立川のスタジオペンタに入ったんですけども、その当時はパチンコ屋の2階だったので、スタジオに向かう途中「パチンコ屋、パチンコ屋.....」と思いながら行ってみるとパチンコ屋はなくなっていて、ライブハウスになってました。入口も違う場所になっててね、かなり戸惑いました。
そしてスタジオ自体もかなり構造が変わってたし、機材も当時よりも数段上のものが置いてあったりと、なんか「時の流れ」を感じずにはいられませんでした。

今回のこの動画でのわたしの機材はペンタのレンタルのジャズベ。アンプはSWRで、なんか低音を増幅させるフットスイッチとかあって、音的にはかなりバッキバキで気に入りました。
そして相方MoringoX氏はRolandのMC-505とKORGのカオスパッド、その他色々の不思議な機材を持ってきてまして、なかなか面白かったです。飛び道具っぽくてね。

撮影はMoringoX氏所有のZOOMから出てる録音マイクにデジカメがくっついたような面白い機材で、さすがZOOMだけあって音はキレイに録れてました。が、ちょっと音が小さかったので、今回は動画ファイルを京都の家に持ち帰り、音だけを抽出してLogic Expressに移して、イコライザ、リバーブ、コンプレッサー、さらにオーバードライブを軽めにかけて音を増幅させて動画に戻しました。

今回のこの「MONKEY FUNK」だけでなく、かなーりグダグダなジャムセッションも収録してありますので、近いうちにこれらの動画もアップしていこうかなと思ってます。グダグダですけどね。でも楽しかった〜♪

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ