映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
へんげ  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「へんげ」

監督/大畑創
出演/森田亜紀、相澤一成、信國輝彦、他。

あらすじ/
閑静な住宅地に住む若い夫婦。夫の吉明は、夜な夜な奇妙な発作に襲われていた。そんな夫の姿を見るたび、妻の恵子は例えようのない戦慄に見舞われる。夫の後輩である医師のカウンセリングを受けても症状は好転しない。ある晩、ついに吉明の身体が少しずつ変化し始める。それに伴い、就寝中に人間とは思えない行動をとり、意味不明の言葉を発するようになる。医師の勧めで入院するが、その頃から通り魔事件が頻発し始める…。(goo映画より抜粋)


前々から気になっていた映画「へんげ」。

主人公の肉体が変化するとともに映画自体も変化していきます。
終盤、予想出来ないにも程があるとんでもない展開に開いた口が塞がりませんでした。
それと同時に、物凄く感動しました。

この映画で感動した、というポイントは「夫婦愛」。
夫がどんどん訳のわからない存在になっていっても妻は必死で彼を守ろうとする。
たとえそれが世界を壊すほどの存在になっても。

50分弱という短い映画ながら、とんでもなく濃いものがギッチギチに詰まってる。
予算がアレな為か色々と安く見えてしまう部分はあるかと思いますが、その安さを「味」として捉えるもよし、もしくは脳内で補完してみるのもよし。とにかく、その画面に写っている「以上」のものが、この映画には確かに有ると思うのです。

ここ最近、写っているもの「しか」ない映画ばかりですが、日本でもまだまだこういう素晴らしい映画が出てくるという事は非常に喜ばしい事だと思います。

あと、特典映像に入っていた「大拳銃」という短編も滅法面白い作品でした。おすすめです。



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ