映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
サニー/永遠の仲間たち  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「サニー/永遠の仲間たち」

監督/カン・チョンヒル
出演/ユ・ホジュン、シム・ウンギョン、カン・ソラ、他。

解説/
40代と言うと、人生も折り返しに入った時期。同じ眩しい高校時代を過ごした仲間たちの人生にも、大きな違いが出てきている年代だ。本作では、7人の女性たちの高校時代と40代の現在を交錯させながら、人生の美しさと変わらない友情を描いている。劇中にはボニーMの「サニー」、シンディ・ローパーの曲をカバーしたタック&パティの「タイム・アフター・タイム」など、80年代を彩った名曲たちが流れる。美術も念入りな時代考証に基づいており、カラフルなファッションや『ロッキーIV』の看板など、当時を知る人間には懐かしく感じられるはずだ。監督を務めたのは、『過疎スキャンダル』で830万人を動員したヒット監督、カン・ヒョンチョル。

あらすじ/
裕福な夫と高校生の娘と暮らす主婦のナミ。見舞いに訪れた病院で高校時代の友人・チュナに再会する。転校生のナミを仲間に入れてくれたチュナは、7人グループ・サニーのリーダーだった。ガンで余命二ヶ月だというチュナはサニーの仲間に会いたいと言い、ナミは仲間たちを探す事に。保険セールスレディのチャンミ、セレブ主婦のジニなど、次々に仲間は見つかるが、ある事件で離れ離れになったスジの行方だけがつかめない…。(以上、goo映画より抜粋)


いやーこれは良いね!
鑑賞直後、Twitterにて感想を呟いたんですが「良かった」以外の言葉が見つからずめっちゃ良かったと何回も書いてしまうという事態に陥ってしまいました。んがしかし、リツイートされたりお気に入りに登録してもらったりと、なんだか「とても良い映画だ!」と言いたかったことは伝わっていたようでホッとしております。皆様どうもありがとうございました。

一方では「悪魔を見た」とか「ビー・デビル」といったような残酷極まりない映画があると思えば、この「サニー/永遠の仲間たち」や「ハロー!?ゴースト」といった胸がキュンキュンしちゃう映画もあったり、韓国という国の映画はホントに面白いですね。もう最近ハマりっぱなしでございますよ。そのうち「冬のソナタ」とかに手を出したりするんじゃないかと自分でもヒヤヒヤしておりますよ。

さて、この映画。
「輝いてたあの頃が一番」みたいな後ろ向きな映画ではないです。
むしろ「前へ前へ」と突き進んで行くおばはんたち(←失礼)の姿に胸をギュウっと締め付けられるようで。
はやり人にとっての財産とはお金とか名誉ではなく「人」であるのだなぁ、と痛感させられます。
仮に自分が余命数ヶ月の命であったら、やはり会いたい人はいるし会えたら凄く幸せな事ですし、最後にその人たちに何か贈り物ができるならとてもステキな事だと思うんです。

あと、この映画で面白いなぁ、と思ったのは日本のおばはんたちにも大人気の韓流ドラマを小馬鹿にしてるようなシーンがあることと、敵対する不良少女チームの名前が「少女時代」だったりすることとか、主人公を含める「サニー」というグループの子供時代と大人時代の顔がそっくりな事、そして過去と現在の入れ替わり方がとてもスムーズで違和感なく、なんとも映画的な感じでグッとくる事。

で、このサニーというグループの中に「スジ」という娘が居るんですがこれがもおぉぉ超絶可愛いんですわ。
「なんじゃこの子はー!??」
と優作ばりに叫ぶぐらいにきゃわゆいんです。
この子はミン・ヒョリンちゃんといって実はこのサニーが映画デビューとの事。
いやーこれはやばいですよ。
激萌えですよ。
これからどんな映画に出るんでしょうか!わくわく!

そんなこんなでこのサニー、決して湿っぽくならないナイスな終わり方も含めてとても愛おしくなる映画ですので未見の方々は是非、是非是非ご覧になってくださいませ。超おすすめです。

クリックすると元のサイズで表示します



人気ブログランキングへ
←よろしかったらポチッと♪
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ