映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
「まちかどにはなにがある」という本についてのウロ覚えの記述。  

クリックすると元のサイズで表示します
撮影/makoto shirata

おそらくわたしが小学校3年生だったか4年生だったか5年生だったか、そのくらいの時期に、小学校の図書室で何度も借りて読み耽った本がある。タイトルは、

「まちかどにはなにがある」

だったかと思う。
町かどには何がある、だったかもしれないし街角にはなにがある、だったかもしれないし、そもそもタイトル自体まちかどにはなにがあるだったかどうかも怪しい。
そして、時々この本の事を思い出しては、「もっかい読んでみたい!」とグーグル先生にお願いしてみるのだが、どうにもこうにもヒットしない。これは本当に実在した本なのかどうかも疑わしくなってくる。

この本の話は以下の通りである。


主人公はとある町に住む小学生の男の子(だった筈)。
彼は、通学途中に不思議な自動販売機を見かける。

自動販売機なのに商品のディスプレイらしきものはなく、ただ、10円入れたらなんか出てきそうな、そんな怪しげなシロモノ。
とりあえず10円入れてみる。何も出て来ない。

彼は「欲しかったもの」を思い浮かべた。そしたら、その「欲しかったもの」が出てきた。
そうか、これは「欲しいもの」が10円で買える自販機なのか!
彼はもう一度10円を入れる。
欲しいものを思い浮かべる。

出てこない。

イラッときて自販機を一回ドン!と叩いてみる。
そしたらまた出てきた。
面白くなってきたのでもっかい10円入れてみる。

出てこない。
ドン!と叩く。
まだ出てこない。
またまたイラッとしたのでもう1回ドン!と叩く。
そしたらまた出てきた。

どうやら、この自販機は10円で「欲しいもの」が買えるのだが、1回たたけば次2回、というふうに買う度に叩く回数を増やしていかなければならないらしい。

この自販機は瞬く間に町の噂となり、10円で「欲しいもの」を求める人たちが殺到し、何千、何万という人達が押し寄せて、10円で欲しいものを買って行く。何千回、何万回と、その自販機を叩いて「形のないもの」、つまり「愛」すらも買って行く。町は完全にパニック状態に陥り、主人公である男の子はその自販機の正体を見極めるべく、自販機の裏側にあった秘密の通路を通り抜けて........



というのが、おおまかな粗筋である。
殆どウロ覚えなので本当にこんな話だったのかも疑わしいのだが
これだけ書いてみるとなかなか映画的に面白い話なんじゃないかなーとか思ったもので。

どうしても思い出せないのが、その主人公が「秘密の通路」を通り抜けた先に見たもの、なのである。
フツーはこういうオチの方を覚えているようなもんなのだけど
そこの記憶だけスッポリと抜け落ちてしまっている。
でも、読み終わった後でなんとも言えない切ない気持ちになったのだけは鮮明に覚えている。

まちかどには、なにがある?

普段気にしないで通り過ぎてしまうような所に
不思議なものを見つけてしまう。
それはとても素敵な事ではないだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します
撮影/わし。

もし、この本の事知ってる!
って人いらっしゃいましたら
是非ともこのブログかTwitterかfacebookにコメント下さい。
よろしくお願いします。


※追記。

先程「町かどにはなにがある 児童書」でグーグル検索してみたところ、やはりあった。
作者は村上恵子さんという方らしい。
粗筋はというと、


「町かどに不思議な自動販売機があらわれた。マモルが10円玉をぽとんと入れると出てきた物は…マモルが一番ほしかった望遠鏡。…あっという間に町中大騒ぎ。人また人…。自販機は物だけでなく、病気を治したり死者をも生き返らせたりと、願いは何でもかなえてくれるようだ。しかし故障なのかそういうシステムなのか、コインを入れてボタンを押したら、前の人より一回ずつ多く自販機を叩かなければならない。ついには世界を消してしまいたいと願う男もあらわれて…?」

以上は復刊ドットコムというサイトのリクエストページからの抜粋です。
何でも願いが叶う自販機で世界を消してしまおうなんて、なかなか児童書としてはエクストリームなんじゃないか。
めっちゃ読みたい!

是非復刊を!!
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ