映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
ジェームス・ブラウン/最高の魂(ソウル)を持つ男  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ジェームス・ブラウン/最高の魂(ソウル)を持つ男」

原題/GET ON UP
解説/伝説のソウルミュージシャン、ジェームス・ブラウンの半生を「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のテイト・テイラー監督、「ザ・ローリング・ストーンズ」のミック・ジャガー製作により映画化。貧しい南部の家に生まれ育ったジェームス・ブラウン。両親に捨てられ、叔母に引き取られたジェームスは、教会で聞く音楽だけを希望に、孤独な少年時代を送る。10代で窃盗により刑務所へ入ることとなったジェームスは慰安に来たゴスペルグループのボビー・バードと運命的な出会いを果たす。ジェームスの才能を見抜いたボビーは彼の保証人となって釈放、ふたりが中心のバンドを結成し、ジェームスの才能は見事に開花する。その一方で、破天荒な行動や派手な女性関係により、ジェームスは仲間との確執を生んでしまう。そして、常に彼を支え続けてきた親友ボビーも去ってしまう。ジェームス・ブラウン役に「42 世界を変えた男」のチャドウィック・ボーズマン。(以上、映画.comより抜粋)


今でこそフツーに働いてフツーに結婚してフツーの日常を送っているわたくしですが
実は20代から30代にかけてはバリバリのバンドマン(ベーシスト)でありました。
そんな私に多大な影響を与えた人を挙げますと

●元カシオペアのベーシスト櫻井哲夫さん(名曲ドミノ・ラインのベースソロをそれこそ死ぬ思いでコピーした)

●ベーシストのマーカス・ミラーさん(名曲ラン・フォー・カヴァーのベースソロをそれこそ死ぬ思いでコピーした)

●元爆風スランプのベーシスト江川ほーじんさん(親指アップダウンを多用するので流血騒ぎもしばしば)

●ジャコ・パストリアスさん(もうこの人は神。)

だったりするのですが、ファンクの帝王ジェームス・ブラウンさんも私の中を流れる「音楽」の血の成分の一つでございます。
ジェームス・ブラウンさんとのファースト・コンタクトは、スタローンの「ロッキー4」でございました。
アポロの登場シーンで「リビギナメリカ〜」を唄ってはりましたが最初観たとき

なんだこのおばちゃんみたいな髪型したおっさんは!

と思ったものでしたが、あまりのファンキーさにこの人が誰なのか知りたくなり、当時地元にあったレンタルレコード屋「You & I」(←だったかな、記憶が曖昧)でLPを借りてきて聴きまくっておりました。
その頃などはボウイとかが流行っていた時代なのですがそんなものには目もくれず、ひたすらにファンキーなジェームス・ブラウンさんとかベースの上達に役立つようなジャズ・フュージョン系ばかり聴いていたので、友達と話が合わず大変に困ったこともありまする。

そんな、思い出深いジェームス・ブラウンさんの伝記映画なので期待しまくりなのですが、思い入れが強過ぎるあまりジェームス・ブラウンさんのイメージが崩れちゃったらどうしよう......という不安もありまして、物凄く複雑な気持ちで見始めたのでございます。

でもね、もうね、見始めたらね、これがたまらんぐらいに素晴らしいのです。

もちろん本人の人生はもう、幼少期などは特にドイヒーで、もうほんとにドイヒーなので凹むんですけども、やつぁ天才なので(もちろん強運でもある)、どんどん出世していくわけです。そうして栄光を手に入れますが、光があれば影もあるように、彼は沢山の人に囲まれているのに「孤独」だったのだなぁ.....とも。

そんな中、ジェームス・ブラウンさんの隣りに居続けたボビー・バードさんの存在。

ボビーさんが居なかったら、ジェームス・ブラウンさんはここまでの存在になれなかったでしょう。
色々あった末に二人は一度仲違いをしてしまうのですが
アホみたいな事件を起こして刑務所に入って、出所してからのジェームス・ブラウンさんがボビーの家を訪れて「ライブやっから来なよ」というシーンからね、もう泣きそうになってました、わたし。
そして最後のライブのシーンで唄った歌が、これがもうボビーへの求愛でしかなくて

ぎゃー!なにこれ!恋愛映画じゃねーの!!

と仰け反ってしまったという(笑)
そう、これはジェームス・ブラウンさんとボビー・バードさんの恋愛映画だ、という見方もできるのです。

昔ボビー・バードさんのソロ・アルバムを持ってた事があり、「TRY IT AGAIN」という曲がお気に入りだったこともあり、このラストシーンがむちゃくちゃ胸に沁みた次第なのでございます。

いやぁ、それにしてもめちゃくちゃな人生だけど
天才だからいいのである!!

同様にジャコ・パストリアスさんの人生もめちゃくちゃで死ぬのも早かったけど、天才だからね。
神様というお方は天才を早くに召される傾向があるようで
できればもうちょっと現世に留まらせて頂いて欲しいと願う今日この頃でございます。

(ジャコのドキュメンタリー映画、観ちゃったら多分、号泣するだろうな.....)


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ