映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
秋刀魚の味  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「秋刀魚の味」

監督/小津安二郎
出演/笠智衆、岩下志麻、佐田啓二、岸田今日子、東野英二郎、他。

あらすじ/
長男の幸一夫婦は共稼ぎながら団地に住んで無事に暮しているし、家には娘の路子と次男の和夫がいて、今のところ平山にはこれという不平も不満もない。細君と死別して以来、今が一番幸せな時だといえるかもしれない。わけても中学時代から仲のよかった河合や堀江と時折呑む酒の味は文字どおりに天の美禄だった。その席でも二十四になる路子を嫁にやれと急がされるが、平山としてはまだ手放す気になれなかった。中学時代のヒョータンこと佐久間老先生を迎えてのクラス会の席上、話は老先生の娘伴子のことに移っていったが、昔は可愛かったその人が早く母親を亡くしたために今以って独身で、先生の面倒を見ながら場末の中華ソバ屋をやっているという。平山はその店に行ってみたがまさか路子が伴子のようになろうとは思えなかったし、それよりも偶然連れていかれた酒場“かおる" のマダムが亡妻に似ていたことの方が心をひかれるのだった。馴染の小料理屋へ老先生を誘って呑んだ夜、先生の述懐を聞かされて帰った平山は路子に結婚の話を切り出した。路子は父が真剣だとわかると、妙に腹が立ってきた。今日まで放っといて急に言いだすなんて勝手すぎる--。しかし和夫の話だと路子は幸一の後輩の三浦を好きらしい。平山の相談を受けた幸一がそれとなく探ってみると、三浦はつい先頃婚約したばかりだという。口では強がりを言っていても、路子の心がどんなにみじめなものかは平山にも幸一にもよくわかった。秋も深まった日、路子は河合の細君がすすめる相手のところへ静かに嫁いでいった。やっとの思いで重荷をおろしはしたものの平山の心は何か寂しかった。酒も口に苦く路子のいない家はどこかにポッカリ穴があいたように虚しかった。(goo映画より抜粋)



い...いいのか....
わしみたいなのが小津安二郎の映画について書くなんて。

普段わしが観てる映画なんて、手が飛んだり首が飛んだりする切株とか、全くもって救いが無い凹み系とか、カンフー映画とか、ギャング映画とか、人が死にまくるアクション映画とか人が死にまくるパニック映画とか、とにかく闇雲に人が死んでいくのばっかりなんで。
そもそも何でまた急に「小津安二郎」.....
オズさんの映画を観ようと思ったのか。

それは、自分にもよく分りません。でも、なんだか無性に「観てみたい!」と思っちゃったんです。この秋刀魚の味とセットでレンタルしたのが「男はつらいよ」の1作目だったりしますし、なんかこう.....「むか〜しの邦画」を欲してる自分が居るのですよね。
これはどういう事なのかというと、自分自身の「老い」なのではないか、と思う所でありまして.....確実に趣向が変わってきているという自覚はありますね。


さて、セットで借りた「男はつらいよ」1作目とこの「秋刀魚の味」を観て思ったのは、古い映画ではあるけれども古くささを全く感じなかった、という事。

まずこの「秋刀魚の味」は昭和30年代の映画ということもあって、画面に映し出されるその頃の「東京」の街並は、アニメ「人狼」の実写版みたいで、ある意味ファンタジーの世界です。

戦後の高度成長の時代。

戦争を引きずっている人、そうでない人......ここではそうでない人が増え始めて、戦前・戦中の人々が次第に「時代に遅れをとりはじめている」のですね。

ちょっとビックリしたのが、もうこの時代に「夫婦共稼ぎ/子供もナシ」で、家事を分担したりする事を描いていたりする事でありまして。
家電三種の神器/テレビ・冷蔵庫・洗濯機......という時代。
冷蔵庫買うから5万円貸して、とか劇中で言ってるぐらいの頃でございますよ。
もう既にこの頃に、現在の「少子化」を予言しておったのです。

なんていうか.....この映画「普遍」だと思うのです。
わたしオズさんの映画これが初めてなので、こんな事言っちゃっていいのかどうか分らないのですけど.....

当たり前のことを当たり前に、誠実に描く事。

こういうのが、時代を越えて愛され、評価され続ける映画なのでしょう。

カメラは決して動かずしかもアングルは超低いオズさんの作り出す映像は、もうそれだけで一枚の「絵」になっているのですよ。
構図がバッチーーン!と決まってる絵は、全てを物語る。
その位置に人物が居て、その位置にテーブルがあって、その位置に椅子があって、その位置に時計があって、その位置に洋服がかけてあって......オズさんの作り出す「絵」は全て緻密な計算によるものであるのは一目瞭然でございます。

とかなんとか知ったふうなクチをきいてますが、まぁなんつうか理屈抜きで「美しい邦画」でございました。盛り上がりも盛り下がりもなく淡々と。それでも全く退屈ではない.....いや、退屈なのだけど心地よい退屈というのかな。登場人物たちの棒読み状態の台詞回しも気持ち良い。ヤバい中毒になりそうだ。

主役の笠智衆さんは、その存在自体が奇跡ですね。たまりません。萌えます♪
あと娘役の岩下志麻さん。

めちゃくちゃ可愛いっ!!

口から心臓が飛び出しそうな勢いでドキドキしちゃいます。
ええ〜なにこれ〜どういう事??
私が知ってる岩下志麻さんなんか「極妻」のイメージで、ちょっとでも口答えしようもんなら即八つ裂きにされそうなぐらいにオソロシイ女性、という感じなんですよ。ちょっと前だと「魔の刻」(だったかな?)とか.....
それがこんなに可愛らしい時期もあったのだと思うと、なんとも言えない切ない気持ち。

同じ様に、ちょい役で出ている岸田今日子さんもめっちゃくちゃ可愛い。

もう敢てキョンキョンと呼ばせて頂きたい。

キョンキョン版の「卍」とか観てみたくなった.....(樋口可南子版の卍と井口昇監督の卍はすでに観ている)。

あと中井貴一のお父さんである佐田啓二さんが、おそろしいほどに中井貴一に似てる。当たり前だけどな!

と、いうわけでこれから先は「懐かしの邦画」を優先的に選んで観ていこうと思ってます。オズさんの映画ももちろんですが、ドンピシャでツボにはまった「男はつらいよ」シリーズもジ順番どおりに全部制覇しよう!次は「続・男はつらいよ」借りてこよう。
そのうちクレイジーキャッツ関係にも手を出そうと計画中。

合間に切株・凹みも挟んで、自転車も漕がないとね。


忙しいわー!!



人気ブログランキングへ←おヒマならクリックとかして頂ければ幸いでございます♪
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ