2014/8/28

あれから1週間  

豪雨災害から1週間が過ぎました。あの日恐怖を感じるくらいの雷と凄まじい雨、そしてけたたましくサイレンを鳴り響かせ走り回るパトカーや消防車。何が起こったのか?朝を迎え窓の外に広がる土砂崩れの愕然とする光景。ヘリコプターが5〜6機飛び交いテレビに映し出されたものは昨日とは全く違った私が住んでいる町でした。我が家は単発的な停電と断水くらいで済みましたが被災された方々の事を思うと・・・言葉も詰まります。あの日以来毎日飛び回るヘリコプターの音で頭痛がし、雨の音に敏感になりまた雨が強くなるのでは?と、ある意味災害病でしょうか?私でさえこんな調子なのだから避難している方々のストレスは大変大きなものでしょう。1週間も過ぎると朝のワイドショーから「広島豪雨被害」の文字は消え去り通常の番組進行となった。しかし私の町はまだまだ通常には戻れない。緑豊かな八木が今は瓦礫と土砂で茶色い町と化してます。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ